女性営業のスキルアップ・キャリアアップ

女性営業のスキルアップ・キャリアアップ

営業というと男性のイメージが強いですが、たくさんの女性営業パーソンも活躍している時代です。

女性特有の会話力や気配り、共感力、勤勉性、母性などを活かし、さらなるスキルアップやキャリアアップを目指している人も多いことでしょう。

営業職は男性比率が高いため、女性営業パーソンの場合はロールモデルが見つからず、どのようにステップアップしていいか悩んでいる人も多くいます。

今回は、

「女性営業パーソンのスキルアップ・キャリアアップのポイント」

「女性営業パーソンのキャリアアップにおける選択肢」

「キャリアアップに成功し、さらに輝いていくために」

の3つに分け、それぞれ解説していきます。

女性営業のスキルアップ・キャリアアップのポイント

女性営業のスキルアップ・キャリアアップ①

時間の使い方を見直す

1週間の時間の使い方を見つめ直してみてください。

女性の場合、身だしなみにかける時間や勤務時間外での人間関係など、仕事以外に時間を使うことも多いかと思います。

当たり前のことですが、時間は誰にでも平等です。

そのなかの「無駄な時間」を削っていきましょう。

通勤時間中にSNSをチェックしていませんか?

家に帰ってからただぼーっとテレビをつけてだらだらしていませんか?

本気でスキルアップを願うならば、現状何を優先すべきかを第一に考え、少しでも仕事に対する自己投資をする時間を増やしましょう。

週ごとにスキルアップのための時間を確保する

1週間の時間の使い方をある程度把握できると、スキルアップに使える時間を見つけることができます。

その時間をリマインダーに設定するなど、通知が来るようにしましょう。

自分のなかで空き時間を把握しているだけでは日々の習慣にするのは難しく、外部からの通知などの「思い出せる状況」を作っておくことで、それが徐々に体に染みついていきます。

無料オンライン動画を活用する

営業としての成長を考えるのであれば、セミナーに通うのもいいかもしれません。

しかし、日々の仕事で忙しいビジネスパーソンにとっては、開催日時が決まっているセミナーやスクールに通うのは大変なことでしょう。

インターネット上にはオンラインで学習できるサービスが多く存在し、移動中や、家での空き時間を動画学習に充てることが可能です。

隙間時間を有効活用することで、効率的にビジネスに必要なスキルやノウハウを学ぶことができます。

キャリアプランについて周囲に相談する

今、日本では女性の社会進出に非常に注目が集まっています。

そんな現在でも、女性がキャリアプランを考える上での選択肢は男性に比べたら少ないかもしれません。

そのため、「自分が何を目指すか」ということをよりしっかりと考える必要が出てきます。

本当に必要なスキルが明確ではないまま、がむしゃらにスキルアップを図るだけではキャリアアップは難しいでしょう。

ひとりで悩んでいるだけでは解決しないこともあるため、できればキャリアについて相談できるメンターをひとりでも見つけるようにしましょう。

社内の先輩や上司、キャリアカウンセラーなど、その選択肢は多くあります。

しっかりと今後のキャリアや自分の理想像を描き、その上でスキルアップを目指していきましょう。

責任が増えることの「デメリット」を理解する

スキルを磨きキャリアアップしていく、ということは、それに比例して立場や給与が上がり、責任も大きくなっていく可能性があります。

女性の場合、仕事を続けていくなかで出産などのライフイベントを迎える可能性もあり、

それを乗り越えて活躍していきたいと考えた場合、私生活と仕事の両立を早い段階から意識しておく必要があります。

キャリアアップして待遇が良くなることは大きなメリットとなりますが、それにともなうリスクやデメリットも考えた上で、自分の目指すべき方向性を考えることが大切です。

女性営業のキャリアアップにおける選択肢

女性営業のスキルアップ・キャリアアップ②

女性で営業を経験した人が考えられるキャリアアップには、どんな選択肢があるのでしょうか。

管理職(マネジメント)の道

「現場」の実態を肌で感じているからこそ、マネジメントへとステップアップした時に役立つことは多くあります。

「自己の経験を活かして、部下にノウハウを伝え、育てる」

現場を経験していたからこそ業務を把握でき、メンバーの気持ちも分かるはずです。

人事の道

長く現場で働いていると、たくさんの人と関わることになります。

その上で、業務の改善点なども多く目にしてきたことでしょう。

新たな職場でどう動けばいいか、何が改善点なのかも見えてくると思います。

その経験を人事に活かす女性は非常に多くいます。

現場の経験で人を見る目も養われているので、人事は営業経験のある女性に適したキャリアアップの選択肢かもしれません。

広報PRの道

現場で鍛え上げたトーク力や、魅力を最大限に伝えられる提案力があれば、広報PRへの道も大いに考えられます。

伝える力」というのは、営業にも広報にも通じるものがあります。

キャリアアップに成功し、さらに輝いていくために

営業を経験している女性というのは一般的に、ガッツがあり、頭が切れて明るく社交的なイメージを持たれることも多いでしょう。

多少のブランクがあっても、キャリアアップやキャリアチェンジ、また営業職に戻るなど、さまざまな選択肢があります。

また、女性の場合は昇格や昇進よりもキャリアの幅が横に広がっていく傾向もあり、現場での経験がそのまま実績として評価され、転職などの際に有利になっていくことも考えられます。

しかし、必ず忘れてはいけないのが

「自分の理想像を明確に描く」

ということ。

女性は一般的に、男性よりもライフイベントが仕事に与える影響が大きい傾向があります。

その時の思いつきだけで磨くべきスキルやキャリアプランを選択してしまい、出産などのタイミングが重なり新たなキャリアアップが思うようにできない……、ということも考えられます。

自分が何を目指し、どう生きていきたいのか。

それをしっかりと考え、その目標に向けて行動していくことが、キャリアアップを成功させる秘訣のひとつでもあるのです。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

営業職の仕事カテゴリの最新記事