ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEO

SEO対策にはさまざまな手法がありますが、主に「ホワイトハットSEO」と「ブラックハットSEO」と呼ばれる2つのSEOに分かれていることをご存知ですか?

ホワイトハットSEOとは、検索エンジンのガイドラインに沿ったものを言い、そうでないものをブラックハットSEOと呼びます。

もしも誤った情報を鵜呑みにし、ブラックハットSEOをやってしまった場合、Gooleよりペナルティを課されてしまう可能性があります。

この授業では、正しいSEO対策をしたい方のために、ホワイトハットSEOの概要とまた、ホワイトハットSEO対策が成功するポイントやテクニックについて解説します。

ホワイトハットSEOを身に着けることで、自然と上位表示させるページを作成することができるようになります。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

ホワイトハットSEOとは?

ホワイトハットSEO①「ホワイトハットSEO」この言葉は、しっかりとSearch Consoleヘルプにもベストプラクティスとして明記されています。

ベスト プラクティス: ホワイトハット SEO

この手法の目的は、掲載順位の引き上げではなくユーザーに重点を置いてサイトを改善することです。

適切なホワイトハットの手法の例としては、有益で質の高いコンテンツの作成、前のモジュールで取り上げたわかりやすい説明タグの追加などが挙げられます。

Google 検索に効果的に掲載されるために従う必要があるウェブマスター向けガイドラインに準拠しています。

つまり、Googleが出しているルールに基づいてページを作り上げることが大切なポイントになります。

ホワイトハットSEOについての施策を具体的に見ていこう!

ホワイトハットSEOにおいて基準になるのは、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」です。

ウェブマスター向けガイドラインは、大きく3つに分かれます。

  1.  一般的なガイドライン
  2. 品質に関するガイドライン
  3. 具体的なガイドライン

というもので構成されています。

それぞれの内容を具体的な対策手法でみていきましょう。

一般的なガイドラインに基づくホワイトハットSEO

「一般的なガイドライン」は、作成から認識させ、登録初期の順位を決めるのに大切なガイドラインになります。

先ほどお伝えしたWebマスター向けガイドラインのなかでも基本になる部分ですが、ガイドラインのページをみるとプルダウン方式で閉じられているので見逃さないよう注意が必要です。

一般的なガイドラインではGoogleにとってもユーザーにとっても利用しやすいページにするよう3つ基準を定めています。

1つ目の基準は、「ページをGoogleに認識させる必要がある」ということです。

具体的にどのようなページがGoogleに認識されやすいかについては以下の通りです。

  • 全てのページが他のサイトからリンクを辿ってアクセスが出来るか
  • リンクは誰でもわかるような関連したテキストもしくは画像で設置されているか
  • リンクの一覧(XML・HTLMと2つのサイトマップ)を設置して、見やすいサイトになっているか
  • 1ページ内に設置しているリンクの数は適量か
  • Google ChromeやInternet ExplorerなどのWEBブラウザを用いてページを見たときにキャッシュの取得が出来るようになっているか
  • Google Robotがアクセスをし、ページ内をクロールしたとき、常に最新の状態を保てるようクロールの割り当て管理がされるようになっているか

2つ目の基準は、「Googleが理解しやすいページになっているか」ということです。

具体的にGoogleが理解しやすいページとしては以下の通りです。

  • ページ内の情報が豊富でコンテンツが分かりやすくなっているか
  • ユーザーが検索をして探すキーワードが含まれているか
  • タイトルタグや画像は適切なものになっているか
  • ページのコンセプトに合ったデザインや階層になっているか

3つ目の基準は、「ユーザーが利用しやすいページであるか」ということです。

具体的にどのようなページが利用しやすいページかについては以下の通りです。

  • 重要な名前やコンテンツは画像ではなくテキストを用いているか
  • ページ内全てにアクセス出来るか。リンク切れがないか
  • ページを表示するまでのスピードは遅くないか
  • パソコン、スマートフォン、タブレットなど、それぞれの端末にあったページの表示はされるか
  • それぞれのWEBブラウザで表示はされるか
  • サイトへの接続保護として、HTTPSを用いられているか

品質に関するガイドラインに基づくホワイトハットSEO

ホワイトハットSEO②

「品質に関するガイドライン」は、不正行為を取締まることを目的とした大切なガイドラインになります。

  • 検索エンジンに対してではなく、ユーザーが利用しやすいようなページであること
  • ユーザーを騙すようなことはしないこと
  • 自然発生ではなく自らリンクの設置をするなど検索エンジンの上位表示することを目的とした不正行為を行わないこと
  • 他のページとの同じようなサイトにならないよう、独自性を持った価値のあるサイトにすること

具体的なガイドラインに基づくホワイトハットSEO

「具体的なガイドライン」は、Googleが公に禁止をしている手法としたガイドラインになります。

  • 自動で増殖するようなコンテンツを作らない。
  • リンクプログラム参加をしない。
  • 独自性のあるコンテンツがほとんど存在しない真似サイト。
  • クローキングを行わない。
  • 不正なリダイレクトを行わない。
  • 背景と文字を同色にして見えなくしたり、文字サイズを0にしたりするような隠しテキストや隠しリンクにしない。
  • 誘導ページにしない。
  • コンテンツの無断複製はしない。
  • 独自の記事やオリジナルコンテンツのない価値がないアフィリエイトサイト。
  • ページコンテンツに関係のないキーワードだらけのページ。
  • フィッシングやウイルス、マルウェアの悪意のある動作を行うサイト。
  • 悪意のあるページに合わないリッチスニペットの利用。

などが明記されています。

また、上記以外の行為でもGoogleやユーザーにとって有益でないページは「評価がされない」または「悪質なページ」として見られることがあります。

ホワイトハットSEOのルールに違反しペナルティを受けてしまったら

  • 以前粗悪な業者にSEO対策を依頼してしまいペナルティを受けてしまった
  • 故意にガイドラインの違反をした訳ではなくハッキングをされてしまった

などページに問題がありペナルティを受けた場合、Search Consoleよりガイドライン違反の通知が届くことがあります。

ガイドライン違反の通知が届いたら問題を修正後、Search Consoleからページの再審査リクエストを行う必要があります。

しかし、必ず全てのページ管理者にガイドライン違反の通知が届くという訳ではありません。

ガイドライン違反の通知が届いていていなく急激な検索順位の下落などがみられるようなことがあれば、アルゴリズムの変動が起こっていないか、手動ペナルティを受けていないかの判断は難しいですが、自身のページで問題な点がないかを一度チェックすると良いでしょう。

まとめ

ホワイトハットSEOは、ウェブマスター向けのガイドラインに沿ったSEO対策のことです。

Googleのルールに基づきながらSEO対策を行うことで「正しいSEO対策」、「上がるSEO対策」と理解をされています。

ホワイトハットSEOをやりたいということがありましたら、ウェブマスター向けのガイドラインを確認しながらSEO対策を行う必要があります。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

マーケティング職の仕事カテゴリの最新記事