ウェブ解析士になるメリットとは

ウェブ解析士になるメリットとは

近年、ウェブマーケティング業界で「ウェブ解析士」という言葉を見聞きするようになりましたが、その存在について具体的にご存知でしょうか?

名前は聞いたことはあるけれど、具体的なその実態については全く知らないという方が多いかと思います。

ウェブ解析士とは、一般財団法人ウェブ解析士協会が認定する資格で、ウェブ解析ツールやレポートを使って正しい判断ができる人材であることを証明する資格です。

ただ数字を解析するだけでなく、「ウェブサイトをいかに良くするのか」「ウェブを使って会社の売上をどうやってあげるのか」などという課題を解決するために、幅広い知識やスキルを要求されます。

この授業では、ウェブ解析士とは何か、そして資格取得の方法とそのメリットについて解説します。

ウェブ解析士の取得を悩まれている方はぜひ参考にしてください。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

ウェブ解析士とは?

ウェブ解析士になるメリットとは①

ウェブマーケティングには、GoogleアナリティスクなどWEBアクセス解析ツールを利用したウェブ解析の知識が必要となります。

しかし、ウェブ解析について学びたくても2010年以前は、体系的な解析理論、まとまった書籍や授業がありませんでした。

そんな状況の中、一般社団法人ウェブ解析士協会は、ウェブマーケティング業界の著名人にウェブ解析について体系的に学習できる書籍執筆の依頼を開始しました。

最初は、バインダーで閉じたような簡素なものでしたが、現在では改訂版が毎年登場するほどの書籍として世にでています。

ウェブ解析士の指名は、クライアントの事業成果を、ウェブを通じて最大化することです。

そのため、ウェブ解析士として仕事に関わるなら、必ずクライアントの事業を把握することから始めなければいけません。

ウェブ解析士がクライアントの事業分析から計画立案まで手掛ける際、事業で成果を出すために必ず心がけることがあります。

それは「分析・調査」や「ビジネスモデルの策定」にとどまらず、「改善施策の実施」につなげられる施策提案を行うことです。

事業の把握から分析調査、続いて改善提案、クライアントの改善施策採択ならびに実施という一連のサイクルを回すためにウェブ解析士は存在します。

ウェブ解析士として成果を約束するために受託にあたるという使命を片時も忘れてはいけません。

ウェブ解析士協会の資格制度について

ウェブ解析士とは、一体どういったものなのか少し分かっていただけたでしょうか? 

ここからは、ウェブ解析士協会の資格制度についてご紹介します。

ウェブ解析士認定資格には、「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」の3つがあります。

試験の主催は、会社や団体などが実施する認定試験に合格し、協会の認定を受けることで資格認定者として業務にあたることができます。

ウェブ解析士

ウェブ解析士は、解析ツールから出力したデータやレポートから正しい判断が下せる人物であることを証明するための資格です。

様々なデータをもとにして現状のウェブマーケティングやウェブサイトの特徴や課題を分析し、改善のアドバイスができます。

上級ウェブ解析士

上級ウェブ解析士は、実務の分析にもとづいて事業コンサルが実行できる人材であることを証明する資格です。

ウェブマーケティング計画の立案やコンサルティングを実行する上で必要な手法を習得することで、プロのコンサルタントとして業務にあたることができます。

上級ウェブ解析士として働くためには、Googleアナリティクスなどの解析ツールを利用し、自分でレポートを設計し、企画提案まで行えるようにならなければいけません。

ウェブ解析士マスター

ウェブ解析士業界の中でも最高ランクとされるウェブ解析士マスターは、ウェブ解析士を指導・教育できる人材であることを証明するための資格です。

事業の成果に繋がる高度な企画立案能力とレポート構成力が求められ、実務を遂行する上で一流であることに加えて、自ら講座を開いてウェブ解析士や上級ウェブ解析士を指導・教育できます。

ウェブ解析士として認定されると、どんなメリットがあるの?

ウェブ解析士になるメリットとは②

ウェブ解析士協会の資格制度について、おおまかにご理解いただけたかと思います。

それでは、ウェブ解析士になるメリットについて説明します。

ウェブマーケティングの体系的な知識が習得できる

ウェブ解析士認定試験に合格すると、ウェブ解析士になることができます。

試験に合格するためには、300ページにもおよぶウェブマーケティングの書籍を読み込み、マーケティングに関するフレームワークやアクセス解析で利用する指標の意味、広告の種類、コンテンツ解析、レポート作成方法など、体系的な知識を網羅していく必要があります。

そのため、試験に合格できたのなら、ウェブマーケティングに関して基礎的な知識が習得できていると言えます。

他企業への資格証明として利用できる

ウェブ解析士協会認定のウェブ解析士として承認されると認定証が与えられます。

法人営業の際に、有資格者として名刺に記載できるためウェブマーケティングの専門家として認知されやすくなります。

Googleアナリティクスを利用したレポート作成ができる

書籍だけで勉強したのでは、アクセス解析からレポートを作成する技術を習得できないのではないかと疑問に思っている方もいるでしょう。

ウェブ解析士としてウェブ解析士協会に認定してもらうためには、認定試験に合格してから1ヶ月以内に認定レポートを提出する必要があります。

ウェブ解析士協会「公式サイト」にあるアクセス解析データを正しく取得し、改善案を記入するレポートで、1つずつ手を動かしながら数字を確認する必要があります。

そのため、レポート作成が終わるころには、Googleアナリティクスの基本構造を理解し、レポート作成ができるようになります。

勉強会を通じて、新たな人脈が広がる

ウェブ解析士協会は、定期的な勉強会を実施してくれます。

勉強会では、毎回、テーマが決められており、そのテーマに基づいて上級ウェブ解析士やウェブ解析士マスターの方が講師として現場で発生する疑問点について解説してくれます。

勉強会に参加すれば、その会場に集まったウェブマーケティングを積極的に勉強したいという意欲的な方と意見を交わすことができます。

このような勉強会を通じて、人脈が広がり仕事に繋がるということも十分にありえますので、参加するメリットは大きいと言えるでしょう。

まとめ

ウェブマーケティングのプロフェッショナルとして仕事にあたるウェブ解析士は、あらゆるマーケティングデータを扱います。

資格を取得しただけでは、現場の第一線で働くことは難しいでしょう。あくまでも資格取得は、現場に立つ上でのスタートラインです。

現場で必要とされる人材になるためには、自ら積極的にデータ解析に従事し、データ解析マーケティングに関する経験を積んでいく必要があります。

最初は無料でも構いませんので、自らデータ解析を行い、改善提案をしていくことで実績をつくっていきましょう。

できるだけ多くのアクセス解析データに触れることが肝心です。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

マーケティング職の仕事カテゴリの最新記事