組織形態の種類と特徴について

組織形態の種類と特徴について

どのような組織でも、責任や権限を明確にするための形態というものがあります。

それは、一般企業でも同様です。

今回は、組織形態のなかでも代表的な「3つの形態」についてお伝えしていきます。

ピラミッド型のライン組織

ピラミッド型のライン組織

ライン組織とは、最上位層(社長)から最下位層(社員)への命令系統によって成立している組織であり、業務が拡大するにつれ機能や部門が分かれていくため、ピラミッド型の編成になっていきます。

職務範囲が明確なことから、指示・命令が出しやすく、また、ピラミッド型ということもあり、各部門の立場や権限が非常に明確で、秩序を保ちやすいのもライン組織の特徴のひとつです。

ライン組織は開業時など、少数の場合にはメリットが大きいですが、事業が拡大するにつれ、デメリットが増えていきます。

まず、事業が拡大していくと、部門ごとの仕事内容が細かく分化されていくため、上位層の負担が増加し、管理が難しくなってしまいます。

また、下位層は権限が小さいため、従業員のモチベーション維持などマネジメント面での工夫が必要です。

さらに、ライン組織の場合、経営する組織が大きくなればなるほど、コミュニケーションがとりづらくなり、結果として情報共有のスピードや意思決定が遅くなってしまいがちです。

昔は、製造業を中心にライン組織で構成された会社が多かったのですが、昨今のビジネスでは、市場の変化に対応するため、多くのものにスピードが求められます。

意思決定に時間がかかるライン組織は、迅速な対応が必要な現代社会には、あまり向いていない組織形態とも言われています。

専門性に特化したファンクショナル組織

ファンクショナル組織とは、責任や権限を職能別にし、それぞれの担当(経理・財務・総務・販売・人事・製造・製品開発など)に対して特定の管理者(専門家)を配置することで、専門性に特化した組織形態です。

職能ごとに管理者がいるため、ライン組織と違い上位層の負担が大きくなりづらいのがファンクショナル組織の大きなメリットのひとつです。

また、専門性に特化した形態のため、分野ごとに専門とする人材の育成がしやすいことや、生産性が高い点などもポイントです。

デメリットとしては、組織が複雑なため、責任の所在を明らかにするのが難しいこと。

そして、複数の管理者から同時に命令を受けることがあるため、状況によっては、命令を受ける側の人が混乱する場合がある、ということもデメリットとして挙げられます。

ラインアンドスタッフ組織

ラインアンドスタッフ組織とは、ライン組織とファンクショナル組織が融合した組織形態です。

ライン組織のようなピラミッド型の構造なのですが、そのなかにスタッフ組織(専門家)も存在しています。

ラインアンドスタッフ組織は、ライン組織とファンクショナル組織のそれぞれのデメリットを克服するのが目的で作られており、軍隊における「参謀部」の制度を参考にして生まれた組織形態と言われています。

ライン組織では、専門性が乏しいことがデメリットとして挙げられますが、スタッフ組織が助言や提案することで、高い専門性を維持することができます。

また、上位層の負担もスタッフ組織が介入することで軽減が可能です。

スタッフ組織では、指示・命令が複雑になることがありましたが、ライン組織が介入することで、指示・命令の統一性を保つことができます。

しかし、メリットばかりのように思えるラインアンドスタッフ組織にも、デメリットも存在します。
まず、ライン組織とスタッフ組織とで組織が分かれているため、活動していく上で、2つの組織のバランスを維持するのが難しく、最悪の場合、対立が起こってしまう可能性があります。

対立が起こらないように調整するとなると、そのために必要な費用(人件費・設備費など)が発生する可能性があるのもラインアンドスタッフ組織のデメリットと言えるでしょう。

組織形態を把握してデメリットに対処することが大切

rawpixel / Pixabay

ビジネスパーソンとして、自社がどのような組織形態なのか、というのは把握しておくべきでしょう。

なぜなら、業務上のトラブルや不満は、組織形態におけるデメリットが原因となっていることも考えられるからです。

組織形態のメリットやデメリットを理解していないと、それが原因で問題が起きた際「どうしていつもうまくいかないんだろう?」と不思議に思うだけで、改善に結びつかないのです。
企業の戦略とマッチしていない組織形態を採用してしまうと、プロジェクトやチームを運営する妨げになってしまいます。

もしも、組織形態が原因で社内の連携や秩序が保たれていないのであれば、抜本的に組織形態を見直す必要があります。

また、ライン組織のように、時代の変化によって会社にマッチしなくなる組織形態もあるため、一定期間ごとに「自社の組織形態が適正なのかどうか」を考える必要があるでしょう。

組織形態については、上位層(社長・部長など)にしか関係のないことで、下位層である自分は組織形態を勉強しても意味がない、と思っている人もいるかもしれません。

しかし、組織形態を把握しておくことは、下位層の従業員にとっても重要なことなのです。

そもそも、一般的に組織形態というものは、そう簡単に変わるものではありません。

頻繁に組織形態が変わってしまえば、社員は混乱してしまい、仕事にも支障をきたすリスクがあるからです。

日本は伝統を重んじる傾向が強いため、数十年間も組織形態が変わらないまま、といった企業も珍しくありません。

自分がいる組織の形態には、どういうデメリットや課題があるのかを知っておくことで、その環境のなかで課題にどう対処していくか、良くするためにはどんな方法があるのか、を考えることが可能になるのです。

もちろん、原因が組織形態にあると分かった上で「組織形態が悪いから仕方ない」とあきらめてしまうのもよくありません。

組織のなかで、どのように自分が動けば問題が改善するのか、自分の役割はどういったものなのか、ということをひとりひとりが考え、行動していくべきなのです。

 

先程お伝えした通り、どんな組織形態においてもデメリットは必ず存在します。

大切なのは、その組織の仕組みを理解し、社員ひとりひとりが意思を持って、会社を良い方向に進めようとすることなのです。

売り上げなどの目標を達成する、日々がむしゃらに頑張る、というのもいいですが、いま一度「自分には何ができるのか?」ということを問いかける必要があるのではないでしょうか。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

就活・転職カテゴリの最新記事