不動産営業のやりがいと売れるコツ

不動産営業のやりがいと売れるコツ

不動産営業は住む場所を探す人々にとって重要な存在です。

「住む場所」というのは人が常に探し求めるものであるため、需要が尽きることはないでしょう。

しかし、営業職のなかでもとくにきついと言われる業界なので、転職を考えている方、もしくはこれから新卒として不動産の営業職として働こうと思っている方のなかには、不安を抱いている方もいるでしょう。

そこで今回は、

「それでもこの業界で頑張りたい」

「不動産営業でやりがいを感じつつ、稼ぎたい」

といった方々へ向けて、不動産業界のやりがいや売れるコツをご紹介していきます。

不動産営業のやりがいについて

不動産営業を続けている人たちは、どのようなやりがいを感じながら仕事を続けているのでしょうか?

いくつかの事例を挙げながら解説していきたいと思います。

歩合制によるモチベーションの向上

基本的に営業の仕事にはノルマが存在しており、達成できれば給与が増える仕組みになっています。

そのため、基本給は安めに設定されており、契約を取れずノルマを達成できなかった場合は給料が安くなってしまいます。

この歩合制という制度に抵抗を感じる人もいるかと思いますが、成果が上がれば給与の大幅なアップも見込めるため、モチベーションを保つ要因にもなるでしょう。

さまざまな顧客とのコミュニケーション

不動産営業においての「顧客」というのは性別や年齢層、職業等は一切関係なく、新しい住処を必要とするすべての人々が対象となります。

いろいろな人と触れ合うなかで、入学や入社、結婚などの新しい生活へ旅立っていくさまざまなストーリーが生まれます。

そのため、顧客の喜びを間近で感じることができ、こういったコミュニケーションを仕事への動力として活かすこともやりがいのひとつと言えるでしょう。

自分の世界が広がっていく

不動産の営業においてうまく仕事をするには、専門的な知識が必要になります。

営業だけでなく、不動産に関するほかの知識が身についていくにつれ、自分のなかの世界観が大きく広がると言っても過言ではありません。

さらに扱う商品が大きいので、動くお金の量が多く、契約が取れた時の達成感はほかの職業ではなかなか味わえないでしょう。

不動産の仕事によって得た知識は、自身のプライベートにおいても使えるものであることも多いため、そのような利点も大きいと言えます。

不動産営業がつらい時は

不動産営業は転職する人も多く、仕事内容がきついとよく言われています。

また、景気によっては仕事に大きく影響してしまうことがあるのも不動産業界の特徴のひとつと言えるでしょう。

では、そんな業界のつらさを克服するにはどうすればいいのかをお伝えしていきます。

ポジティブ思考

営業においては、理不尽なことで叱責を受けることもあるでしょう。

「ノルマが達成できなければ上司に嫌味を言われる」

「顧客の都合に合わせて休日に急な出勤をしなければいけなくなる」

とさまざまな出来事がつらさの原因となるでしょう。

しかし、そんななかでモチベーションを保つ方法はちゃんと存在します。

「つらさをバネに次の仕事に活かす」

これを実行できれば、仕事の効率を上げようと努力したりするでしょう。

そして、仕事の成績も上がり、上司の嫌味もなくなると思います。

さらに給与アップにもつながり一石二鳥です。

仕事で無理をしない

人間の体力と精神には必ず限界があります。

個人差はありますが、無理をしすぎると仕事や私生活にも影響が出てしまうでしょう。

「無理しないと成績が上げられない」

と思うかもしれませんが、適度に休憩を取り、休日は趣味に没頭するなどのストレス発散を行うといいでしょう。

不動産営業の売れるコツ

仕事の成果によって給与が大きく変わる営業職ですが、不動産の営業職は仕事に対する報酬が大きい代わりに、なかなか契約が取れず報酬を手に入れられないことも多いでしょう。

思うように結果を出せず、給与も少なくなってしまえば、多くの人は体力的にも精神的にも無理をしがちです。

しかし、無理は長くは続かないものです。長期的に見て多くの収入を得るためにも、売れるコツを知り、仕事の効率をアップさせていかなくてはなりません。

では、不動産営業で売れるコツとは何なのかを見ていきましょう。

信頼される営業をする

家を借りたり、買ったりすると大きなお金が動きます。

顧客にとっては、人生の大切な選択のひとつなのです。

例えば、家を買おうと考えているお客さまがいたとします。

ここで考えていただきたいのは、家を買うということは多くの方にとって一生に一度のことである、ということです。

そのお客さまは、土地のことに関する情報などをほとんど知らない場合もあります。

そこで不動産業界の営業職として専門的な知識を活かして、お客様の状況に最適な物件を紹介することが大事な要素のひとつと言えるでしょう。

初めての大きな買い物で緊張しているお客様の不安を取り除き、安心できる買い物を提供することも、営業職の仕事だと言えます。

これにより、お客様からの信頼を得ることができ、笑顔を見ることもできるでしょう。

そして、次の仕事への活力にすることができるはずです。

スケジュールの管理・予測をする

営業職だけでなく社会に生きる人たちはスケジュールをしっかり守ることが大切です。

もし大きなチャンスをつかみ、一回のスケジュール管理ミスですべてだめになってしまったら、その出来事はのちの自身の人生に多大な影響を与えるでしょう。

とくに営業職はこのスケジュール管理が他の職よりも大事だと言えます。

一度に動く金額が大きい不動産業界だからこそ、一回のミスは大きな損害を生むことになるでしょう。

そして、営業は常にスケジュールが変わる可能性があり、管理だけでなく予測もできなければなりません。

いつごろ用事が入るかをある程度イメージする必要があります。

お客さまの契約に関する内容などの大切な予定を逃したくなければ、実行することをおすすめします。

ぜひ参考にしてみてください。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

営業職の仕事カテゴリの最新記事