社会人三年目営業の年収や身につけるべきスキル

社会人三年目営業の年収や身につけるべきスキル

新卒で入社してから3年が経ち、業務にも慣れ後輩もできて……、仕事をしっかりできている自信はあるけど、今の給与は自分の働きに見合ったものなのだろうか?

そんなビジネスパーソンも多いのではないでしょうか?

社会人3年目というのは仕事にも慣れ始め、次のキャリアを考え始めるなど、多くの人にとって節目の時期とも言えます。

3年目になると、転職して営業職から離れる人も増加する傾向にあります。

営業職が転職する原因には、やりがいの欠如や業務のつらさなど多くのものがありますが、そのなかのひとつに、現在の年収への不満が挙げられます。

やりがいを持って仕事を続けていくためにも、自分が働きに見合った給与をもらえているか、というのを知っておくことは重要です。

営業職として活躍している社会人3年目のビジネスパーソンは一般的に、どのくらいの年収を得ているのでしょうか。

今回は、営業職3年目の平均年収や、さらに年収を上げるために必要なスキルについて解説していきます。

社会人3年目営業の考え方

営業職において、「3年目」というのはまだまだ若手と呼ばれる立ち位置にあります。

入社して間もないころは先輩社員に同行してもらったり、マニュアルを見て営業トークを学んだりすることになりますが、3年目ともなると一人で多くの業績を出せるようにならなければなりません。

いよいよ会社からも周りの人々からも認められる営業になるわけですから、自身の気の緩みを許してはいけません。

もちろん営業3年目とはいえ、一人で結果を出す自信がない人も中にはいると思います。

ここからは、社会人3年目にさしかかった営業パーソンが持つべき考え方や注意すべきポイントについて解説していきます。

会社へ貢献するという意識を持つ

ほとんどの営業は会社の利益を上げることを一番の目的としています。

新卒のころは業務を覚えることを求められるためそこまで意識することはなかったかもしれません。

しかし3年目の営業職として活躍するのであれば、自分で利益を上げるという意識を新卒のときより強く持つことが重要でしょう。

自分の成績を見て、常に会社への貢献度を確認しましょう。会社に貢献する意識を持ち、自分がどの程度の貢献度なのかを確認すれば、数字意識を持てるようになります。

そうすることによって、より具体性と目標を持って営業スキルの向上などができるようになるでしょう。

自分の仕事がどの程度会社に影響を与えているかを把握しておくことはやりがいにもつながるため、自立したビジネスパーソンには必要なことのひとつと言えるでしょう。

営業におけるすべての業務内容を理解する

営業には商談だけでなく、商談前の準備や契約手続きなどのさまざまな要素が関係します。

サービスによっては、契約後のアフターフォローなどを行うものもあるでしょう。

営業も3年目になると、さらに多くの仕事を行う機会が出てくるはずです。

業務が分担されていて自分が商談メインの役割だったとしても、周辺業務を把握しておくことで、

急なトラブルなどの際にも自分で判断できる領域が広がっていく可能性があります。

社会人3年目営業の給与と年収

営業の仕事ではたくさんの契約を獲得すれば、インセンティブによってその分多くの給与を得られる可能性があります。

しかし、ノルマを達成できないことが続けば給与が下がってしまったり、基本給のみになってしまったりすることもあるため、一定の成績を維持しておくことは大切です。

新卒のうちは目の前の業務をこなすのに精一杯であるかもしれませんが、3年目にさしかかると、自分と周囲の年収の差などが気になってくるでしょう。

一般的な社会人3年目の営業職(25、26歳)の平均年収はいくらなのでしょうか。

全職種の平均とも比較して詳しく見ていきましょう。

25、26歳の平均年収

全体

男性

女性

25歳

342万円

357万円

321万円

26歳

360万円

376万円

338万円

平均年収ランキング2017(153職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならDODA(デューダ)

全職種における25歳~26歳の平均年収は約342~360万円となっています。

また、全年齢においての職種別平均年収については、全職種の平均が約418万円に対し、営業職は約443万円となっており、平均よりも若干高い数値です。

これを考えると、営業職における25歳~26歳の平均年収は全職種平均の342~360万円と同程度か若干高い数値であるとも考えられます。

それを踏まえた上で、自分の現在の年収と平均を比べてみましょう。

「自分の年収に満足できない」

「さらに年収を上げたい」

という人も多いことでしょう。

では、3年目の営業が年収をさらに上げるために必要なものとはなんでしょうか?

社会人3年目営業が身につけるべきスキル

社会人3年目は新卒のころよりも、仕事の質や会社への貢献意識というものが非常に重要になってきます。

基礎的なビジネススキルや業務内容を覚えることに追われた新卒のころとは違い、営業についてのスキルや、扱う商材についての専門的な知識も必要です。

働く会社や業界によっても必要なスキルは異なりますが、営業職3年目に共通する大切なスキルとはどんなものなのでしょう。

ここからは、年収アップのために社会人3年目の営業が身につけるべきスキルについてお伝えしていきます。

自分の営業スタイルを確立する

先輩社員の助けを借りず一人で営業をしていくとなると、いつまでもマニュアルや先輩に頼るわけにはいきません。自分なりの営業のやり方を確立する必要があります。

新卒のころに先輩や売れている営業のトークを聞き、コピーすることができているのであれば、そのトークをさらに自分なりに改善していきましょう。

そして改善した内容について同僚や先輩社員など、周囲の人にしっかりと共有し、客観的な指摘をもらうことがおすすめです。

現段階で売れているトークなどの情報が集められていない場合でも手遅れではありません。

今から先輩社員や売れている営業のトークをしっかりと落としこみ、自分のものにしていきましょう。

これまで商談をこなしてきたなかでの顧客の声や、他社の営業トークなども自分のスタイルを確立する上でいい情報になります。

自分の経験をフルに活用し、自分なりの営業スタイルを固めていきましょう。

スケジューリングやタスク管理による仕事の効率化

営業でより多くの成績を出すためには、営業トークを身につけるだけでなく、たくさんのアポイントを取ることも重要になるでしょう。

そのためには空き時間を増やさなければならないため、自身の一日の業務内容をきちんとスケジューリングして管理しておく必要があります。

1年目、2年目のころはまだ自分の裁量で業務を進めることは難しかったかもしれません。

3年目に入ると自分の裁量で業務を進めることもある程度可能になるため、自分なりの業務の進め方、というものを見つけることもできます。

業務を効率化し、それによって生まれた空き時間を営業の時間に回すことができれば、身につけた営業トークスキルを活かしてより売り上げを伸ばすことにつながるでしょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

営業職の仕事カテゴリの最新記事