人間関係が楽になる5つの真実

人間関係が楽になる5つの真実

職場での人間関係に何かしらの悩みを抱えていませんか?

「自分がいないところでうわさ話や悪口を言われていて辛い」

「上司や同僚からまるで自分がいないように無視されて職場に居場所がない」

「やたらプライベートな質問ばかりされて気持ち悪い」

やりたいことをするために会社に入ったはずなのに、人間関係にストレスを抱えていると仕事に集中できなくて、次第には会社を辞めたくなってしまいますよね。

転職すれば人間関係をリセットできますが、せっかく頑張って就職した会社になればなるほど、人間関係をきっかけにやめてしまうのも悔しいと思います。

どうにかして今の状況を改善しようにも、一度壊れてしまった仲を修復するのはなかなか難しいことでしょう。

そこで、職場の人間関係に悩まないでストレスフリーに働くための考え方について解説します。

考え方を変えて、気持ちを切り替えることで明日からストレスフリーに気持ちよく働くことができますよ。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

悩みの根源はすべて人間関係

人間関係が楽になる5つの真実①

心理学者のアルフレッド・アドラーは悩みについてこう総括します。

「人の悩みとは、人間関係に収束する」と。

どんな悩みでも、根っこには人間関係があるといいます。そもそも個人だけで解決する悩みは存在しないと述べています。

悩みというものは、相手がいて、はじめて発生します。それはなぜか? 

相手がいることで「劣等感」を感じるからです。この劣等感は相手と比べた時に出てきます。

人間は客観的な事実ではなく、主観的な解釈で物事を見るからです。そしてこの劣等感は価値判断によって構成されています。

価値判断とは「自分にはこの程度の価値しかないと自ら決めてしまう」ことです。

他者を見て、自分でこの程度だと思い込み、劣等感を感じ、その劣等感によって悩みをつくるのです。

これが悩みの正体です。つまり人間関係によって悩みが生まれたことになります。

この世は自分というフィルターを通して創られている

「どうしてもあの人とわかり合えない」。働いていれば1度や2度こんな言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? 

これは職場に限らず、男女間、夫婦間、家族間でもある話です。

なぜ同じ人間なのに、こんなにもわかり合えないのか? 

その答えは自分の中にありました。

今、目の前に広がっている世界は、世界が実在するから見えているのだと考えます。

しかし実際は「自分が世界を実在させている」のです。

それはどういうことかというと、目の前に広がっている世界は自分の目で認識し、自らの経験や知識によって自分の脳が判断し、自分なりの解釈をしたのが、今、目の前に広がっている世界なのです。

つまり、今見えているのは「自分というフィルターを通した世界」なのです。

相手も同じく自分なりのフィルターを通しているので、同じものを見ていても、違う解釈をするわけです。

また脳は自分の興味のある対象にしか、反応しない性質を持っているので、自分なりの解釈にさらに拍車をかけてしまいます。

世代、性別、生きてきた環境によって大きく解釈が変わるでしょう。

10人いれば、10通りの解釈が出てきます。人と人とはわかり合えないのが当たり前と考えることが重要なのです。

なぜ言うことを聞いてくれないのか?

人間関係が楽になる5つの真実②

正論を言っているはずなのに、言うことを聞いてくれないことがあります。

そこには1つの法則があるのです。その法則とは「まずは自分から」です。

初めて会った人に、まずは自分から名前を名乗るように、自分の要求を聞いてもらうには、まずは自分から相手の要求をのむ必要があります。

自分が先に心を開くことで、相手も自然と心を開いてくれます。

人間関係のパイオニア的存在であるデール・カーネギーは言います。

「人を動かすためには、ひたすら相手の理解に努める」と。

相手に自分の要求を聞いてもらうには、まずは理解し合えたというベースを構築する必要があるのです。

相手を受け入れることで、相手は安心します。

「自分の話を聞いてくれるから、この人の話も聞いてあげよう」という気になります。

相手を理解することで、はじめてこちらの言葉に耳を傾けてくれるのです。

「まずはこちらから」という心が相手に話を聞いてもらえる第一歩なのです。

自分を許すと人間関係が楽になる

悩みとは人間関係のことだと述べました。人間関係さえ良くなれば悩みは一瞬にして消えてしまいます。

では人間関係を良くするためにはどうすればいいのでしょうか? 

それは「相手を許す」ことです。相手を許すとは、「自分の価値観を押し付けない」ということです。

相手を許せないという人は、無意識に自分の価値観を相手に押し付けています。

自分の価値観とそぐわない行動を取ると、反発心が出てくるのです。では相手を許すためには、何をすればよいのか? 

それが「自分を許す」です。自分を許すとは、具体的にいうと「相手を許せない自分を許す」ということです。

人間は完璧な生き物ではありません。不完全であいまいで、アナログな生き物。自分もそうなのだから、相手も同じです。

不完全な自分を許すことで、自然と相手を許すことができます。たったこれだけのことで人間関係は楽になるのです。

傷つけられたのではなく、勝手に自分で傷ついた

人間関係が楽になる5つの真実③

「上司の言い方に傷ついた」「夫の言葉で傷ついた」など。人は相手の言葉によって深く傷ついてしまいます。

体の傷は癒えても、心の傷というものは、すぐに癒えるものではありません。

しかし、ここに大きな落とし穴がありました。本当は他人から傷つけられたのではなく、「自分で自分を傷つけた」という真実です。

そもそも傷つく原因は何でしょうか? 

それは「自分の反応」によるものです。外部の刺激があり、それに自分が反応する。外部の刺激がどうあれ、最終的に傷つくと決めたのは他でもない自分なのです。

同じ言葉を言われても、Aさんは傷ついたけど、Bさんは傷つかなかった。それはAさんの反応の仕方とBさんの反応の仕方が異なるからです。

Aさんは自分を傷つけると決めた。Bさんはただ受け流した。それだけなのです。

もう1つの例をあげると「本日より他人から暴言を吐かれたら、1万円差し上げます」という奇妙な法律ができたら「今日は5回言われたから5万円だ!」と傷つくどころか、飛び跳ねて喜ぶはずです。

このことから、その言葉がどうあれ「自分の反応が自分の心を決めていた」ということになります。

言われた言葉に過剰反応していただけで、すべては自作自演のドラマだということになります。

まとめ

人間関係を悩ませる真因は、自分自身にありました。

人は誰しも客観的な世界にいるのではなく、「自分自身が意味づけした世界」にいます。

誰かと比べて自分自身で悩みをつくり、自分の色眼鏡でこの世界を見て、外部の刺激を利用して、自分の「思い方」を決めて自分を傷つけるのです。

1~10まで自分で脚色し、自分で反応していると気づかされます。問題を創り出したのも自分で、悩んだのも自分、傷ついたのも自分。

そう考えると自分が変われば、世界が変わるということです。自分の反応を変えれば、この世界は一瞬にして楽になるのです。

「上司の小言がうるさい」を「上司は自分のできていない部分を指摘してくれている」に変えると仕事はグッと楽になるはずです。

この世はいたってシンプル。人間関係もいたってシンプルです。

自分自身を知ることで、自分を客観視でき、自分の反応を変えていくことができます。

すべては「知ること」からはじまるのです。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

ビジネススキルカテゴリの最新記事