リーダーシップ

MBAでは教えてくれない、本当に大切な「リーダーシップ」とは

ビジネススクールで教えるMBA(Master of Business Administration)とは、経営学修士と呼ばれ、経営学の大学院修士課程を修了すると与えられる栄誉ある称号です。 欧米では、大手企業CEOの約4割がMBA取得者と言われており、ビジネスパーソンにとって必要な思考やスキルを身につけるために有効な学問であり、資格です。 日本でも一時期、多くのビジネスパーソンがMBAの取得に挑戦 […]

リーダーはぶれるほうがいい!?これからのリーダーに求められる能力とは

普段の言動や行動がぶれがちなリーダーは部下の反感を買いやすいもの。 ですが、ビジネスを取り巻く環境がめまぐるしく変わり続ける現代において困難な選択を迫られたとき、果たしてリーダーは頑なにぶれずにいるべきなのでしょうか?   このテーマを取り上げたのは、ハーバードビジネスレビューに掲載された「リーダーは二者択一の発想を捨てよ」という論文(2017年5月)がきっかけでした。 今回はこの論文の […]

結果を出すチームづくりのために不可欠な「チーミング」という次世代スキル

組織目標を達成するためには、組織を構成するメンバー一人ひとりが各々の持つ力を最大限に発揮し、信頼関係を築きながら活動することが大切です。 このチームワークの重要性について疑問を持つリーダーはいないはずです。 今回は、近い言葉で「チームワーク」ではなく、「チーミング」という考え方についてまとめました。   世の中は常に変化しています。 近年、テクノロジーの進化を始めとして社会環境の変化はさ […]

Googleが証明した「生産性の高いチーム」のつくりかた

米国のGoogle社は生産性の高いチームと低いチームの違いは何なのかを解明するため、2012年にアリストテレスというプロジェクトを発足しました。 この調査を率いることになったのは、Googleのピープル・アナリティクス部門です。 最高のチームをつくるためにはどのようなスキル、バックグラウンド、特性を持ったメンバーを集めればいいのかを見つけるため、統計学者、組織心理学者、社会学者、エンジニア、科学者 […]

世の中の流れをつかむ。これからのリーダーシップの課題

一般的に、「リーダーシップを発揮している優れたリーダー」というと、大会社や政治、スポーツなどの世界で大きな成果を残している人、というイメージがあります。 このようなリーダーは人々を率いて組織を牽引している強いリーダーシップスタイルの人、という印象でしょう。 私の仕事は、リーダーという立場の人と直に接する機会が沢山あります。 中には、大企業で沢山の人々を率いるため、強い信念を持ち、常に危機感を持って […]

高いモチベーションを維持するリーダーの役割

なぜ部下のモチベーションが下がるのか キャリアプランの多様化が進む中、組織内でチームメンバーのモチベーションを維持するためにできることがあります。 それは部下の強みに注目することです。部下を指導する方法には2つあります。 部下が抱える課題を解決する方法 できていることや得意なこと=「強み」にフォーカスする指導 です。 私たちが子どものときから受けている教育は、基本的に課題解決型です。 できないから […]

部下を伸ばすリーダーの「言葉がけ」3つのステップ

コミュニケーションの接点を増やすことが重要 日ごろから小さなコミュニケーションを増やしていくと、チームとして協力体制の基盤ができます。 「部下が何を考えているのかわからない・・・」 わからなくて当然なのです。 世代が違い、価値観も違うからこそ、上位職の方から言葉がけをして距離を縮めていくことが必要です。 そのためにできることを具体的にあげていきましょう。 ①あいさつの「質」を上げる すぐにできるこ […]

女性部下から高感度が高いリーダーに欠かせない5つの条件

「部下の女性にどのように接したら良いのかわからない」 「コミュニケーションの取り方が男性と違うので気を遣う」 ……そんなお話をリーダー職の方からよく伺います。   私は長年、客室乗務員として女性中心の職場で仕事をしてきました。 そして、チームリーダーとしてサービス品質を高め、安全性を維持し、時間管理を行う3つのミッションを達成できるチームづくりに取り組んできました。 どうすればチームとし […]

組織文化をつくる人材マネジメント方法

会社組織は一人ひとりの集合体です。 組織全体の風土づくりをするためには、チームメンバーの一人ひとりが自分の力を発揮しているという自覚を持てること、目標を全員が理解し、チームに貢献したいと思えることが重要です。 そのために、リーダーがどうマネジメントすべきなのか、3つのポイントをお話しします。 チームを育てるマネジメント 3つのポイント ①目標を共有すること 会社には企業理念やビジョンがあります。 […]

人材マネジメント術 ~JALのフライトで実践したこと~

日本人は控えめで主張しないことを美徳とする国民です。 JALの客室乗務員としてフライトをしていたころ、特に国内線ではあいさつをしてくださる方は非常に少なく、数えるほどでした。 私自身、海外のお客様と接しながら、またフライトチームを率いる中で、日本人の「コミュニケーション力」について考える日々でもありました。 今、真のグローバル人材が強く求められています。社交性を発揮し、相手の価値観を受け入れ、独自 […]