自宅で喫茶店の味が出せる!サイフォンコーヒーのススメ

自宅で喫茶店の味が出せる!サイフォンコーヒーのススメ

意外と簡単?サイフォンコーヒーの淹れ方やコツ、豆知識を解説します

自宅で喫茶店の味が出せる!サイフォンコーヒーのススメ

サイフォンコーヒーとは、理科の実験に使うようなガラス製の器具で淹れたコーヒーのことです。

フラスコに入ったお湯が、上のロートに向かってすうっと登っていく不思議な様子を喫茶店で見たことがある方もいらっしゃることでしょう。

筆者は過去に喫茶店で働いていたのですが、よく「サイフォンって難しいですか?」と訊かれたものです。

しかし、意外と簡単に使うことができ、味がブレにくいのがサイフォンの特長。

また道具を揃えるのにお金もかからず、ちょっとした趣味としてもおすすめできます。

今回のコラムでは、そんなサイフォンコーヒーについて、器具の説明や淹れ方のコツなどをご紹介していきます。

サイフォンコーヒーをはじめるには、何を用意したらいいの?

サイフォンコーヒーを淹れるときに必要な器具は、それほど多くありません。

ざっと挙げてみますと

  • 本体
  • アルコールランプ
  • 布フィルター
  • ろ過器
  • 計量スプーン
  • 竹べら

などを用意すればすぐにはじめることができます。

布フィルターとアルコールランプのオイルは消耗品ですので、購入時に一緒にストックぶんを買っておくと後々面倒がありません。

本体に計量スプーンやアルコールランプ、ろ過器が付属しているものもありますので、はじめての方はセットになっている商品を選ぶとよいでしょう。

メーカーとしては、「HARIO」のテクニカシリーズあたりがおすすめです。

ちなみに竹べらは計量スプーンを逆にして使えるタイプもありますし、スプーンなどでも代用可能です。

サイフォンコーヒーで美味しいコーヒーを淹れる方法

サイフォンコーヒーの淹れ方はとても単純です。

以下に手順を書いていきますが、筆者の淹れ方ですので、あくまで参考程度にとらえていただければ幸いです。

サイフォンは人それぞれ、好みの淹れ方で楽しむのがいちばんです。

  1. まずフラスコに沸騰させたお湯を入れます。このとき、アルコールランプも同時につけるとよいでしょう。フラスコには杯数ぶんの目安が記載されていますが、その線より多めにお湯を入れるのがコツです。
  2. ロートにフィルターをセットし、粉を入れます。粉の量は1杯ぶんであれば、計量カップ1杯ほどです。少しだけ多めに入れるのがおすすめです。粉を入れたらロートを斜めに差し込んで、お湯が沸騰するのを待ちます。
  3. 沸騰したらロートをフラスコに対して真っ直ぐに差し込みます。するとお湯が上がってきて粉と一緒になりますので、竹べらで軽く混ぜてください。好みにもよりますが、数周程度でよいでしょう。このとき、ロートの形状に沿って回すと粉がしっかりと回ります。
  4. 混ぜ終わったならそのまま20秒〜60秒ほど加熱します。加熱時間はお好みで。何度か試すうちに、自分の好みが見つかるはずです。また沸騰させすぎないように注意してください。火を中央から外すなどして温度を調整しましょう。
  5. 火を外すのと同時に、再度竹べらで混ぜます。このときは前回より時間をかけましょう。するとコーヒーがフラスコに戻っていきますので、落ちきれば完成です。

文章だと難しそうに思えてしまうかもしれませんが、実際に気を使う時間はロート内でお湯と粉をかき混ぜるときと、加熱して火を外すまでの数分です。

慣れてくれば、お湯が湧いてからコーヒーを淹れるまで5分もかかりません。

毎回少しずつ時間を変えたり、混ぜる回数や速度を変えたりすることで味も変化しますので、ぜひいろいろとチャレンジしてみてくださいね。

片付けの手間もそこまでかからない。サイフォンのメンテナンスは意外とカンタン

t_watanabe / Pixabay

サイフォンはドリップ式に比べて多くの器具を使いますが、片付けの手間やメンテナンスはそこまでかかりません。

後片付けはフラスコとロート、フィルターを洗うだけです。

ロートに溜まったコーヒーかすは、上部をポンポンと叩けば簡単に捨てることが可能。

あとはフィルターを外してコーヒーかすをしっかりと取り除いたあと、流水で洗いましょう。

洗い終わったフィルターは水に浸した状態で冷蔵庫に入れて保管するのが基本ですが、乾燥させて保管してもとくに問題ありません。

フラスコとロートは、コップなどと同じように洗うだけです。

洗い物以外の保管については、アルコールランプのみ少しだけ注意してください。

キャップを閉めておいてもアルコールは蒸発します。

次に使うときに蒸発しきっていると、芯が焦げてしまいますので、使用前には必ずアルコールの残量を確認しましょう。

ちなみにコーヒー豆や粉を保存するときは、遮光された密閉容器に入れて、冷暗所や冷蔵庫、または冷凍庫で保管してください。

サイフォンコーヒーはホットだけじゃない。美味しいアイスコーヒーの作り方

サイフォンを手に入れたら、ぜひチャレンジして欲しいのがアイスコーヒーです。

作り方は簡単で、濃いめに淹れたコーヒーを氷をたっぷり詰めた耐熱容器に入れて手早くかき混ぜるだけ。

これだけで喫茶店で飲むようなアイスコーヒーを作ることができます。

コツとしては、氷はなるべく硬いものを使うこと。製氷機の氷を使ってしまうと雑味が入って不味くなってしまいます。

コンビニで売っているかちわり氷や、できれば板氷を使うことで美味しく仕上げることができます。

ちなみに板氷はアイスピックを使わずとも、包丁でトントンと叩くことで簡単に割ることができます。その際、氷が溶けていると割りにくいので注意してください。

かき混ぜるときは、できればバースプーンのようなもので一気にステアし、冷やしてください。無ければ菜箸などで代用しても構いません。コツはとにかく高速で、一気に冷やすことです。

温度の目安としては、容器の底を持ってみて、冷たく感じれば完成です。

サイフォンがあれば、美味しいコーヒーカクテルを飲むこともできる

ここからは、ちょっとしたオマケとして、コーヒーを使ったカクテルや、いわゆる「チョイ足し」的なアイデアをいくつか紹介していきます。

コーヒー焼酎

焼酎にアイスコーヒーを入れるだけのカクテルですが、おどろくほど飲みやすく、コーヒーの香りも損なわれないおすすめの飲み方です。

ベースの焼酎はできるだけクセのないもので。キンミヤ焼酎あたりがおすすめです。

アイリッシュコーヒー

アイリッシュコーヒーは、アイリッシュウイスキーを使ったカクテルです。

レシピは

  • コーヒー/1杯
  • アイリッシュ・ウイスキー/30ml
  • 砂糖/適量
  • 生クリーム/少々

作り方はグラスに注いだホットコーヒーに砂糖を入れ、ウイスキーを注いで混ぜます。最後に生クリームを浮かべて完成です。

甘くて身体が温まりますので、寒い季節にぜひ試してみてください。

ブランデーやラムなど、ベースを変えるだけでいろいろと楽しめる

アイリッシュコーヒーはやや手間がかかりますが、単純にウイスキーやブランデー、ラムなどを数滴垂らしてみるだけでも表情は大きく変わりますし、さまざまなカクテルを作ることができます。

またハチミツやバターを加えてみるのもよいでしょう。

お酒だけでなく、バニラアイスにコーヒーをかけてアフォガードを作ってみるのもおすすめです。

コーヒーで氷を作ってみるのもおすすめ

ちょっとした裏技として、淹れたコーヒーで氷を作るのもおすすめです。

アイスコーヒーに入れれば味を薄めずに冷やすことができます。

またお酒を飲むときにロックアイスの代わりとして使うのもよいでしょう。とくに甘めのラムはよく合います。

その際は、100均などで売っている丸氷が作れる型を用意しておけば、ホームパーティーでも大活躍です。

まとめ

今回のコラムでは、サイフォンコーヒーの淹れ方やコツ、コーヒーを使ったカクテルなどのバリエーションをご紹介しました。

美味しいコーヒーを淹れてみたい方や、コーヒーメーカーを探している方は、ぜひともサイフォンも選択肢のひとつにいれてみてくださいね。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

ライフスタイルカテゴリの最新記事