マーケティングと売り上げの関係

マーケティングと売り上げの関係

マーケティングは本来、市場調査や広告などのごく一部だけを指すものではなく、企業が効率的に売り上げを伸ばすための活動全体を指します。

そのため、マーケティングを成功させるために必要なスキルや知識は幅広く、理解を深めることはなかなか難しいことでしょう。

今回は、売り上げを伸ばすために必要なマーケティングについての考え方や、マーケッターに必要なスキルについてお伝えしていきます。

マーケティングは、幅が広いからこそ単純化してひとつずつ考えていくことが大切です。

売り上げを伸ばすためのマーケティング戦略とは

マーケティングは、サービスや商品の売り上げに直結する可能性の高いものです。

間違ったマーケティング戦略を推し進めてしまうと、売り上げを伸ばすどころか、会社に大きなダメージを与えてしまう可能性もあります。

まず、しっかりと自社に合ったマーケティング戦略を選定することで、覚えるべき知識も絞ることができ、学習の優先順位も決めることができるのです。

マーケティング戦略を選ぶには、まず、自社の強みを考えましょう。

売り上げを伸ばすには、

  • 新規の顧客を獲得する
  • 顧客に継続してもらう(解約率を下げる)
  • 既存顧客に別の商品を売る

大きくこの3つが考えられます。

競合と比べて、あなたの会社の強みはどこにあるでしょうか?

例えば、1,新規の顧客を獲得する、3,既存顧客に別の商品を売る、ということが強みであれば、営業力がある会社かもしれません。

 

マーケティング戦略の選定において大事なのは、まずは強みを伸ばすことです。

そのような場合、戦略として、

  • 営業関連の人材強化
  • 既存顧客のニーズ分析
  • 既存商品との組み合わせ商品の開発

などが考えられます。

 

また、継続率が高い(解約率が低い)会社であれば、サポートが充実している可能性があります。

そのため、顧客との信頼関係を活用し、既存顧客とのコミュニケーションを図れるような戦略を練ります。

例えば、メールなどを利用して、サポートと一緒に顧客へ新規商品の案内をする、などです。

つまり、社内で働く人の能力やリソースと密接に関係しているのです。

強みに対してのマーケティングであれば、今いる人材をより強化したり、活用したりすることで対応できますが、弱みに対してのマーケティングは、新たな人材の獲得など、時間やコストがかかる傾向があります。

強みを伸ばすだけではないマーケティング

既存の人材や商品などの強みを伸ばすことは、マーケティングにおいて非常に大切なことです。

しかし、とくに競合が多い業界の場合、企業規模によっては強みを伸ばすことで差別化をするのが難しいことも考えられます。

そのような時こそ、マーケティング戦略をしっかりと構築し、企業としてどう成長していくかを考えなければいけません。

売り上げを伸ばすマーケティング戦略を練る上で大切なのは「冷静な分析」です。

マーケッターの場合は、最新の情報などをしっかりと収集していく必要があります。

新しくていいツールや考え方が登場すると、取り入れたいと考えるのは、マーケッターの性とも言えるかもしれません。

しかし、売り上げを伸ばすことができるマーケッターというのは、社内の労働力や資金面を考慮しながら企画・分析を行うことができる人です。

企業規模によるマーケッターの違い

大企業での経験を持つ有能なマーケッターが、違う会社に行ってうまくいかない、ということも多くあります。

それは、その会社の労働力や資金力によって、マーケッターが注力すべきスキルというのが異なるからです。

大企業におけるマーケッターの仕事とスキル

資金が豊富にある企業のマーケッターであれば、マーケティングを考える上で、かかる費用の総額よりも、「しっかりと効果が出るのか」というところを優先して考える必要があります。

もちろん予算内に収める必要はありますが、予算額自体が大きいため、「企業がどのようなポジションになりたいのか」や、「個別のロードマップを描く」ことなどが大切です。

また、大企業ではマーケティングの部門が数十人規模である場合もあり、動ける人材の数にも違いがあります。

このような場合に必要なマーケティングスキルは、専門性の高いものが多くなるでしょう。

企業分析において強みを持つ、インターネット広告に強みを持つ、など、個人が伸ばしたいスキルを、最新の情報と組み合わせて体系化していくことが重要です。

大企業になるほど、マーケティングの結果として売り上げや動く人の数は増えていく傾向があります。

人数が多い場合は、ひとりのマーケッターとしての成果ではなく、チームとしての結果として認識されることが多いのも特徴と言えるでしょう。

中小企業や零細企業のマーケッター

中小企業や零細企業においてのマーケッターは、動かせる人やお金というのが限られています。

そんななか、予算内だからと言って、新しいものを何でも取り入れてしまうと、全体を見渡した時にチグハグなマーケティングが出来上がります。

中小企業のマーケッターの場合は、ひとりですべての事業を管理する場合もあるため、全体的な分析方法ロードマップを最初に準備する必要があります。

大企業であれば部署単位で動くため、専門的な知識やスキルを求められました。しかし中小企業の場合は、マーケティングに関する総合的な知識が求められます

例えばマーケティングにおける広告分野だけでも、インターネットと雑誌などの紙媒体では必要な知識や分析方法も大きく異なります。

大企業ではそういった部分も細分化され担当がそれぞれにいることもありますが、会社の規模が小さくなってくると、ひとりで全体のマーケティングを行わなければならない可能性もあります。

このように同じマーケティング・マーケッターと言っても、企業規模によって、仕事内容、必要とされるスキルは大きく異なってくるのです。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

マーケティング職の仕事カテゴリの最新記事