ビジネス英語の習得を加速させる勉強法とマインドセット

ビジネス英語の習得を加速させる勉強法とマインドセット

昔に比べ世界との距離が縮まった昨今、英語を使って仕事をする機会が増えています。今後もますます広がることが予想され、英語力のある人の企業ニーズは高まるばかりです。

学生時代に習って以来、英語から遠ざかってしまっている人。英語力をつけるために英検やTOEICなどのテストを受け頑張っている人。日常英会話ができるようにアプリや教材で毎日勉強している人など、人それぞれ英語との距離があるかと思います。

日本の高校や大学では、実はかなり高度な英語を学びます。

しかし残念なことに、その多くがマルかバツかで判断されるテスト英語の範囲内であり、英語のコミュニケーションに活かせるほどの言語習得には至っていない人が多いようです。

ビジネス英語というものは、ほとんどの人は学校の授業では学んでいません。決して難しい英語ではないのですが、ビジネスで成果を上げるための英語という条件がつくため、英語のスキルに加え、ビジネススキルや世界標準のマインドセットが必要になるなど、学校の授業での学習とはまた異なる視点が必要になります。

この記事では、学校では教わらないビジネス英語の効果的な学習法や、忙しい社会人の学習効率を上げるツールの紹介をしていきます。それに加えて、ビジネス英語を使って仕事をする際に欠かせない、ビジネスマインドについてもご説明していきます。

ぜひ、仕事にすぐに役立つ英語を効率的に身につけるためのポイントをつかんでください。仕事で使う言語が変わっても活躍できるビジネスパーソンを目指しましょう 。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

ステップ1 ビジネス英語とはどんな英語?

グローバル企業への就職や転職、企業の海外展開による海外赴任や出張があると、多くの人はビジネス英語を身につけなければと感じるのではないでしょうか。

このビジネス英語をどんな英語と捉えているかで、学習内容は変わり、その学習効率にも差が出てきます。ステップ1では日常英語との違いや、日本語のビジネスで使われる敬語や配慮の点の違いについてご説明します。

日常英語との違い

仕事は日常会話の中の一部ですから、ビジネス英語は日常英語の一部であるとも言えます。日本語で行う仕事でも日常的なやり取りを行うのと同様に、英語を使う仕事でも日常英会話は使われます。
それでは、ビジネス英語とはいったいどのようなものでしょうか。

ひとことで言うと「仕事を進め成果につなげるために使う英語」です。

ビジネス英語は社内外でのコミュニケーションの一端を担うツールの一つです。日常英会話をとても流暢で問題なく行える人でも、仕事を進めて目的を果たすことができなければ、ビジネス英語が使えていると言えない可能性があります。
そのため、純粋な英語力だけでなく、異なる文化背景や価値観を持つ人たちと円滑にコミュニケーションを取る能力も、ビジネス英語を身につける上で欠かせない要素だと言えるでしょう。

日本語とは異なる丁寧さの視点

日本語での仕事の場合、敬語などの丁寧な言葉で接することもビジネスマナーのひとつです。日本の場合、目上の人やお客様に対して相手を立て自分をへりくだる表現を使うことで相手に敬意を伝えるという意味合いを持たせることが多いです。

英語にも相手を敬う丁寧な表現はありますしその言い回しもバラエティ豊かです。しかし英語圏では丁寧な表現を使う目的は少々異なっています。一つは、年齢やポジションなど上下関係の意識は日本よりも薄く、子供からお年寄りまで誰に対しても丁寧な表現を使います。つまりビジネスシーンに限ったものではないということです。
加えて英語で丁寧な表現を使うのは相手のためというよりも、ビジネスパーソンとしての威厳と品位を伝えるという自己表現の一部としても捉えられているようです。

日本とは異なる配慮の視点

日本では対立を好まない文化や価値観が受け継がれてきました。それは和を重んじるための控えめで遠回しな表現を使うコミュニケーションスタイルと言えます。

日本人同士のコミュニケーションでは、ほとんど差異のない文化や習慣での共通認識が多いので、あえて言葉にしたり確認したりすることをしないである程度相手の気持ちを察して配慮することができます。「おもてなし」や「阿吽の呼吸」などは代表的なものと言えるでしょう。時代の流れで変化してきたとはいえ、世界各国に比べるとこのコミュニケーションスタイルは現代に生きる私たちにも深く根付いているようです。

英語のコミュニケーションにも配慮はもちろん存在します。相手の価値観や意見も尊重するという配慮です。日本は対立を恐れて議論を好まない傾向にありますが、英語圏では議論が対立のもとになるとは考えられていません。

昔から多種多様な文化が共存する国が多いので、価値観や意見が異なることは英語圏の人たちにとっては当たり前で自然なことなのです。異なる意見があれば主張はし、それが賛成や反対にかかわらず受け止められます。
ですから、言葉を使ったコミュニケーションの中では相手の意見やメンツをつぶさないよう配慮した表現が使われるのです。

ステップ2 ビジネス英語は絞り込みが基本!

ビジネス英語は日常の中でもビジネスシーンに必要なことに的を絞った学習が基本です。そうすることで、学んだ英語を仕事ですぐに生かすための効率学習にも繋がります。

ビジネス英語では英語のどんなことを学んでいくべきか、その絞り込みの項目を三つに分けてご紹介します。

基本的な英単語や文法

多くの研究で、基本的な英単語を2000語ほど理解できていれば、日常英会話の8~9割は十分に行うことができるという結果が出ています。中学の三年間で修得する英単語数が1500語ですので、言い換えると誰でも日常会話に必要な多くの英単語にすでに触れているということになります。
全部は覚えていないという人でも、決してゼロからの出発ではないはずです。

ビジネスシーンでは高度な英語より簡単な英単語を使った表現の方が好まれます。
ビジネス英語を使いこなすためとはいえ、膨大な量の英単語は必要ありません。基礎レベルの英単語を正しい使い方で、できるだけバリエーション豊かに使えるようになることを目指しましょう。また、中学レベルの基本的な文法をしっかり身につけておくことも大切です。文法項目を暗記するのではなく、文法を理解し、その文法を使った文章を使いこなせるようになることが重要です。自信のない人は1~2週間かけて復習する時間を取りましょう。

文法学習はやり続けるものではなく、基本をマスターしたら実践に移し、疑問が沸いた時にだけ確認するというスタンスで十分です。基礎文法を理解しておけばその後の英語の上達を促進するだけでなく、仕事のミスや誤解・停滞を防ぐことにもつながるでしょう。

専門用語や業界用語

どんな仕事にも専門用語や業界用語があるものです。
高度な研究職や医療分野でない限り一般的な仕事で使われる専門的な英単語数は200~300語程度と言われています。自分の仕事やこれから目指す仕事に関連した英単語を習得することは、仕事上でもピンチを乗り切るには必要不可欠となるでしょう。

いつ使うかわからない英単語を覚えることに時間を割くよりも、使用頻度が高い英単語を優先する方が効率的なのです。

ビジネスシーンでのフォーマルな英語

ビジネスシーンでは品格のある英語を使うことが求められる時があります。
ビジネス文書やメールなどでは、話し言葉よりもかしこまったビジネス的な表現を使うことが多くなるでしょう。フォーマルな表現がビジネスでの信頼性を左右する事にもなります。

例えば、数十億円の経費をかける案件の発注先を選ぶとき、日本で言う若者言葉やヤンキー言葉、もしくはブロークンなカタコト英語で説明する企業と、プロフェッショナルで品の良いスタンダードの英語で説明する企業があったらどちらの企業の信頼性が高いと思われますか。結果は言うまでもないことでしょう。
自分や自分の働く企業の品位を表すことにもつながるビジネス的な表現も使えるようになっておくべきです。また、相手を敬うべき時は丁寧な表現を使う必要があります。
学校や教科書では学んでいないことも含まれるので、新しい知識としてのビジネス的な表現を学んでいきましょう。

ステップ3 効果を上げる勉強法や学習ポイント

ビジネス英語を学びたい人の多くが、仕事と日常生活、お付き合いなどをやりくりしながら英語の勉強に取り組んでいかれることと思います。うまく時間を捻出し、効果的な学習内容に取り組んで、濃い学習時間にしたいものですよね。

ここではビジネス英語の学習効果を上げる勉強法や学習ポイントについて紹介します。

隙間時間の活用

英語は一朝一夕には身に付けることはできません。継続することは欠かせませんが、忙しい社会人にとって英語学習にまとまった時間を割くことは簡単なことではありませんよね。
しかし、毎日の隙間時間を上手に活用して、学習時間を積み重ねるという方法があります。1日の中で30分間は難しいけれど、5分間や10分間程度ならその時々で確保できる可能性は高いのではないでしょうか。

そんなに短い時間で身につくの?と疑問に思う人もいるかもしれません。しかし短い時間の方が2~3時間のまとまった時間で断続的に学習するよりも、学習効率は上がるようです。

例えば10分間の学習時間を設定したとしましょう。10分間であれば集中力を十分に保てる確率は高く濃い学習ができます。
10分間の中で学習できることは限られた少ない内容になるので記憶に残りやすくなります。さらに10分間程度なら1回の学習負担が少ないので取り掛かりやすくなり、継続がしやすいのです。
1日の中で数回組み込んだとしても、それほど億劫がらずに済むはずです。是非めいっぱい隙間時間を活用してください。

能動的な学習に切り替える

ビジネスシーンでは英語で「話す」「書く」というアウトプット能力を使うことが増えます。
テストのための学習に慣れている日本人には、アウトプットが苦手な人が多いと言われています。ビジネス英語を学習する時は話すことや書くことを積極的に取り入れて、その遅れを取り戻しましょう。
話すことや書くことがスムーズになるまで練習を繰り返すことです。
話すことであれば、音読、シャドーイング、リピーティング、ひとりごと、などができるでしょう。書くことなら、ディクテーション、英作文、日記を書くこともおすすめです。

学習する内容や材料についても既存のテキストや教材に沿って進めて行くよりも、自分の身近な内容について「こういう時はどんな英語表現が適しているか」「なぜここでこの英語表現なのか」「この言葉の後相手はどんな返答するか」などと疑問点を見つけ出し解決していくというプロセスが、吸収率や記憶力を上げます。
そして即仕事の現場で使っていくようにすると確かな力として定着していくでしょう。

イメージで記憶定着と実践

語学の学習では少なからず覚えることが必要になります。
英単語やフレーズを使うシチュエーションを思い浮かべながら覚えるようにしてみてください。文字や音声だけで記憶するよりも効率的に覚えられるでしょう。
英単語は簡単な図や絵で書き留めておくのもおすすめです。また必ず例文やフレーズの中で覚えるようにしましょう。
そのフレーズに続く文章や会話を考え、ストーリー仕立てにしておけば忘れにくくなるかもしれません。図や絵をイメージすると右脳を活発に使うため長期記憶として残りやすいと言われています。
実践の際にも思い出しやすくなるでしょう。

シチュエーション別に学ぶ

業種や職種によって違いはあるかもしれませんが、日常の業務によくあるシチュエーション別に分けて学ぶことも効果的です。

例えば電話応対、社内会議や上司や部下とのミーティング、プレゼンテーション、商品やサービスの説明、商談や交渉、ビジネス文書やビジネスメールの書き方などです。
ビジネス業務の進行パターンはある程度決まっているものなので、最低限必要な定番のフレーズをマスターしてしまいましょう。こんな時はこの英語と流れに沿って覚えておくのです。

ステップ4 ビジネス英語の習得を助けるツールと活用のコツ

現在はオンラインでパソコンやスマートフォンなどが使えるので、英語学習に役立つ学習ツールの選択肢も広がっています。
ここではビジネス英語を学習する際に助けになるツールや、その効果的な使い方についてご説明します。

ビジネス英語=高度と捉えない

ビジネス英語だからといって中学や高校のレベルのものより難しいものを選ぶ必要はありません。ビジネス英語は難しい英単語や表現を使う英語ではないからです。

実際、ビジネスシーンでの英語は中学レベルの英語で溢れているのです。どんなツールを使う際にも、内容のレベルを自分の英語力に合わせることをお勧めします。7割程度は理解が可能で、たまに知らない英単語や表現が出てくるくらいがちょうどいいでしょう。またそのツールの特徴や使い方が自分に合っていること、自分の学習時に使い勝手が良いことなどが選択のポイントになるでしょう。

全体的には英単語や例文の意味のチェックだけの単純な内容のものよりも、英単語や例文を使うシーンが把握しやすいということを選択の条件に加えてみてください。使うシーンの把握は、日本語の説明であっても構いません。自分でその状況をイメージできることを基準にしてみましょう。

アプリや音楽プレーヤーの活用

忙しい社会人の英語学習の強い味方がスマートフォンの活用です。いつでもどこでもスキマ時間にアプリや音楽プレーヤーを使っての学習が可能になります。
アプリや音楽プレイヤーにも色々な種類がありますよね。ニュースや記事形式のもの、問題やクイズになっているもの、トピックの題材も多岐にわたります。まずは自分の仕事に関連するものを選んで習得しましょう。

聞き流す、読み流す、問題を解くという受け身の学習ではなく、自分なりの課題を立てるなど攻めの学習がおすすめです。例えば聞こえてきたことを書き出す、長い文章の要点をまとめるとか音声を後追いしてシャドーイングする、異なる言い回しを探ってみる、などがあります。

一気に全てをやろうとすると隙間時間でこなすことは難しくなるので、リスニングの理解力を上げるのか言いたいことがすぐ口から出てくるスピーキングなのか、発音を整えたいのか、ライティング力をつけたいのかなど、一回一回目的を絞るといいでしょう。1日の中で一回目はリーディング、2回目はライティング、3回目はスピーキングなどと分けるのも一策ですね。何度も見聞きする事で記憶はより強固になっていくでしょう。
新しいことを学んだらいつも自分の仕事のシーンに当てはめるようにすると実践に繋がります。

オンライン動画の活用

オンライン動画や音声を活用することもおすすめです。ビジネス英語はテスト英語と異なり色々な種類の英語に触れることが可能なツールです。
YouTube 動画、TEDサイトのスピーチでは様々な国の人が話す英語を見聞きすることができます。上級者であればMOOC講座、CNN や BBC などの英語圏のニュース番組などもおすすめです。言語以外のコミュニケーション要素となる表情やボディランゲージや声のトーンなども参考になると思います。

またオンライン動画では似たような英単語のニュアンスの違いやフレーズを使うシーンなどがわかりやすく説明されているものも多いです。ありがちな間違いから学んだり、違いを比較しながら学んだりすると覚えやすいようです。

ステップ5 日本は特殊文化!世界の価値観との違いを理解する

日本語と英語の文章の語順が大きく異なることは皆さんもご存知ですよね。違いはそれだけではありません。英語という言語の背景を知ることで、ビジネスシーンでも役立つ英語が使えるようになります。ここでは英語でのビジネスコミュニケーションのポイントを押さえていきましょう。

違いを前提にしたコミュニケーション

人は文化や生活習慣の影響を受けて価値観を形成すると言われています。
その価値観が物事の考え方や捉え方も決めていくとも言えるでしょう。
英語でスムーズなコミュニケーションが取れないと、仕事を進めることが難しくなります。ただ文法や発音が完璧であっても、単に英単語を並べるだけでは成り立たないことが多いです。

なぜなら、コミュニケーションには常に双方の心情や価値観が伴っているからです。
日本人が強く意識しておくべきなのは全ての人の価値観や考え方が同じではないということです。当たり前に感じられますか?そんなことはよく分かっていると思いますか?そんな人こそ要注意だということを心に留めておいてください。

英語圏の文化の中では日本の常識が覆されることが頻繁に発生しますが、そこにショックや憤りを抱くことがあります。これは違いを当たり前と捉えきれていない証拠です。相手の行動や言葉には、文化や慣習がもとになっていることが多く、日本人の観点からは思いもよらないことに遭遇することは日常茶飯時です。

否定や反感なしに、「そうなんだ」「なぜそうなのかな」「それもありかもしれない」と柔軟に受け止める力が必須になります。相手のことを深く理解することにもつながるので、ビジネスコミュニケーションも円滑になっていくのです。
英語学習のテキストには載っていませんが、ビジネス英語の一部分として覚えておいて損はないでしょう。

英語で考えるとはどういうことか

日本語では前置きの内容が前で、最後に結論が来ることが多いです。
短い文章をとってみても「です」「ではありません」など最後の最後で伝えたいことの意味が伝わります。また日本語は断定を避けるための曖昧な言葉や表現が多く、それらを加えることで長文になりやすい言語です。

英語の文章では「 I can」「I can not」など比較的早い段階で結論や意思が伝わります。これは1文の構成だけでなくいくつかの文章が連なるときにも同じようなことが言えます。つまり常に結論を先に述べることが普通という言語の文化があるのです。
また多くの英単語を使うよりも、短く伝えることが好まれる傾向があります。なぜなら長い文章になると結論がぼやけどんどん要点からずれやすくなるからです。ビジネスシーンも例外ではありません。

さらに結論の後で必ず理由や具体的な説明を加える、という点も英語の特徴です。よく英語を使う際には、英語で考えましょうと言われますよね。これは日本語の構造や表現の習慣から抜け出して英語らしくを受け止め発信しましょうということなのです。
もともと言語構造が異なっているので、日本語からそのまま英語に訳すことは難しく、直訳の英語だと長くなりがちですし、意味も伝わりにくいのです。
英語の特徴に沿って考えると、直訳するよりも簡潔な英文が作り出せることに気づけるでしょう。

まとめ

ステップ1では、ビジネス英語は仕事おすすめ成果を上げていくためのコミュニケーションツールであることをお伝えしました。

ステップ2では、ビジネス英語は基本的な英単語や文法、専門用語や業界用語、ビジネス的な表現などに絞り込んだ学習が効果的ということをお伝えしました。

ステップ3では、効果的な勉強法として隙間時間の活用、能動的な学習、イメージで覚えて実践すること、シチュエーション別に学ぶことをお勧めしました

ステップ4では、ビジネス英語の習得を助けるツールとしてアプリやオンライン動画が効果的という点を説明しました。

最後のステップ5では、ビジネスシーンでは日本と世界の価値観の違いを意識したコミュニケーションをとり、英語構造に即した英語のアウトプットが必要という点をお伝えしました。

忙しい中でも学習時間を確保し、適切な学習内容を積み重ねることで、仕事の現場で即使える英語を身につけることができます。このサイクルをうまく使うと、仕事で英語を使いながらビジネス英語を上達させていくことも可能になります。
是非ビジネス英語の効率的な学習を行って世界で活躍できる人材を目指しましょう。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

キャリアアップカテゴリの最新記事