新入社員が自発的に働く方法

新入社員が自発的に働く方法

時間管理の専門家 石川和男のビジネスパーソンチャンネル。

今回も引き続き、
「新入社員が辞めない、辞めさせない方法は何かありますか?」
についてお答えしていきます。

前回の答えとしては、
「新入社員と自分の常識、非常識にはギャップがあります。でも、そのギャップがあることを認めながら、「社会人になったらこういう常識があるんだよ」ということを、少しづつコミュニケーションとってアドバイスをする」
というお話でした。

今回は、より具体的にお話しさせていただきます。
建設のセミナーを受けに行った時、「良いことを聞いたな」と思ったことがあります。
何かと言うと、「土日は3年間働かせない」という事です。

土日は3年間は出社させない。
なぜかと言うと、今まで小学校からずっと土日は休みでしたよね。土日休みだったのが、急に「土曜日出社して」「日曜日出社して」というのは、やはりリズムが崩れます。そして、彼らにとって何が1番嫌なのかというと、急に土曜日出社して、日曜日出社してと言うと、友達との約束を反故にする。「ごめん、仕事で土曜日出なきゃダメなんだ」という裏切り行為的なことをすることが、本当に気分的に辛いらしいのです。
確かにそうですよね、急に土曜日出社してと言われたら。

ではこちら側から見た場合です。
新入社員が「即戦力」として土日必要なのか?というと、だいたいその新入社員がいなくても土日回りますよね。今までもちろん居なかったことですし、何となく自分たちが出社しているから出社して というのは、その人にとっても新入社員にとってもあまりメリットがありません。

その後、偶然違う方にその話をしたら、その方が受けたセミナーは、土日休むのは当たり前で、3年間は残業もさせないって言ってる。つまり定時しか仕事させないということです。
「そんな過保護、低姿勢で新入社員を扱っていいの?」と、内心私は思ったのですが、その後、このように言っていました。
「でもね、3年間土日休む、残業もしないと言っても、本人がその仕事にのめり込んだり、自分が必要だ、この仕事に役立ちたいと思ったら、勝手に残業するし、勝手に土日出てるよ」と。

残業や土日休日出勤することはいい悪いは別にして、自分がその会社の一員になったと気付いた時点で、自分は会社に貢献しようとする気持ちになるよってことなのです。
別に焦らず3年間で期限を決めて、土日は自主的じゃなければ出社しなくても良いし、残業もしない。
何が一番不幸なのかというと前回も言ったように「3年で辞めてしまうこと」が1番の不幸ですよね。
だったら長く継続して育てていく上でも、長い目で見ていくのがいいのかなと思います。

第24回:新入社員が自発的に働く方法

■講師プロフィール

石川 和男 (いしかわ かずお)

平日は建設会社総務経理担当部長として勤務し、その他の時間を「大学講師」「時間管理コンサルタント」「セミナー講師」「税理士」と5つの仕事を掛け持ちするタイムマネジメントのスペシャリスト。

深夜残業ばかりしていた生産性の上がらない日々に嫌気がさし、一念発起してビジネス書やセミナー受講によりタイムマネジメントのノウハウを取得、実践することで生産性を下げず残業を減らす仕事術を確立した。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

ビジネススキルカテゴリの最新記事