朝が変わる習慣

朝が変わる習慣

時間管理の専門家 石川和男のビジネスパーソンチャンネル

目覚まし時計で起きない

「目覚めが悪い」
「朝、早起き出来ない」
「2度寝してしまう」

という質問に対し、お答えしたいと思います。

夢を皆さん見ると思うのですが、
夢は7割、悪い夢と言われています。

確かに希望や願望など、良い夢もありますが、
心配事、ストレス、不安、恐怖、緊張とか
怒り、恨み、後悔などに支配されていると言われています。
結果、目覚めが悪くなってしまう。

夢の原因が解れば良いのですが、
「あー、夢だった」ということになるのですが、
それがよく解からないけれども、
悪い夢を見たということがあります。

そのとき、どうするのかというと、
「夢を見た」事の記憶を消すことは出来ません。
けれど、塗り替えることはできます。

ではどうやって塗り替えるかというと、
目覚まし時計の「ジリリ・・・」という音で起きるのではなくて、
明るく元気になる曲をスマートフォンに入れて
その明るく元気な曲で起き上がる
それによって、大分気分が変わってきます。

ぜひ、目覚まし時計の音で起きるのではなくて、
明るく元気な曲で起き上がってください

さらに、もう1ランク上げる話で、
行動習慣ナビゲーターの佐藤伝さんから聞いた話だと、
まずカーテンを開けて、陽の光で起きます、
そして、スマホに川のせせらぎとか、小鳥のさえずりなどの
環境音楽、自然の音で起きて、
それでも起きられなかった場合の保険として
目覚ましの用意をしておく という3段階です。

・カーテンを空ける
・太陽の光で起きる
・自然環境の音で目を覚まし
そして万が一のため、安心するために
・目覚ましもセットしておく

私もやってみたら、結構、いい感じです。
ぜひ、好きな方で起きてみてください。

朝はテレビを見ない

補足的に、「起きた後、どうするのか」ということについて説明します。
せっかく明るく元気な曲で起き上がって
リビングに行ったら、
何気なく付けてしまうテレビ。
もしくは、家族に既に付けられているテレビがあります。

テレビ自体がすべて悪いわけではないのですが、
朝のテレビの報道番組というのは、ついネガティブなんですよね。
殺人、自殺、いじめ、離婚、薬など
いろんなネガティブ情報で溢れています。

それを朝せっかく明るく起き上がったのに見てしまうと、
またネガティブな気持ちになってしまいます。

ネガティブな気持ちは生産性を30%落として
ミスが10~20に上がってしまうというデータもあります。

つまり、ネガティブになるというだけで
仕事の生産性も下がってしまうんですね。

では、どうするのかと言うと、
自分の現在と未来に影響を及ぼすことを、毎日やり続ける時間にする

つまり何をするのかと言うと、
テレビを消して、CDを聞いたり、DVDを観たりする。

例えば、
英語、フランス語、中国語などの語学を勉強をしているなら
そのような語学のCDを聴く、
経済や自己啓発、財政について知りたいなと思ったら
稲森和夫さんや松下幸之助さんなどのDVDを観たりして過ごす。
税やファイナンシャルプランナーの勉強をしているなら、
そのようなDVDを観て過ごす

というように、テレビというネガティブな情報から
シャワーを浴びるのではなくて、
自分が高みへ行くようなCDやDVDを観て過ごして、
ワンランクアップをして頂きたいと思います。

朝は絶対怒らないというルールを決める

朝ネガティブになってしまうという方のために
もう1つ、アイデアをお伝えします。

朝は絶対に怒らないというルールを決めるということです。

ついつい家族だから、と怒ってしまう、
他人だったら絶対に怒らないような事でも
家族だから馴れ合いの中で起こってしまうとか、
昼や夜に聞いた話なら怒るような話でもないのに
朝、目覚めが悪く起きてしまったり
寝不足で起きてしまい、
つい、家族に当たってしまう。
朝だから、家族だからということで
つい朝怒ってしまうことがあります。

そのような時は、朝は絶対に怒らないというルールを家族間で決めておく事です。
「今怒っているな」と意識する、
意識するだけでも、「こんな事で怒らないのに」という風に
自分のことを戒めることができます。

朝怒って、家族でお互いに喧嘩して、
自分は会社に行って、子供は学校に行く
お互い嫌な気持ちで日中過ごさなければなりませんよね。

あとは、
「今日は永遠ではない」
大げさかもしれませんが、
人は何時、どのような状況で他界するのか分かりませんよね。
もしも、喧嘩したままの状況で家族と一生会えないという状況になったら
本当に一生後悔します。

だからこそ、朝は明るく元気に起き上がったら
絶対に怒らないというルールを家族で決めて、
明るく会社に行く、学校に行くという状況を作り出すことが
1日を元気に過ごすヒントになると思います。

第1回
目覚ましで起きない

第2回
朝はテレビを見ない

第3回
朝は絶対怒らないというルールを決める

■講師プロフィール
石川 和男 (いしかわ かずお)

平日は建設会社総務経理担当部長として勤務し、その他の時間を「大学講師」「時間管理コンサルタント」「セミナー講師」「税理士」と5つの仕事を掛け持ちするタイムマネジメントのスペシャリスト。

深夜残業ばかりしていた生産性の上がらない日々に嫌気がさし、一念発起してビジネス書やセミナー受講によりタイムマネジメントのノウハウを取得、実践することで生産性を下げず残業を減らす仕事術を確立した。

自ら習得した「時間管理術」をベースに、建設会社ではプレイングマネジャー、コンサルでは時間管理をアドバイスし、税理士業務では多くの経営者と仕事をし、セミナーでは「生産性向上」や「残業ゼロ」の講師をすることで、残業しないための研究を日々続けている。

「時間管理」や「勉強法」に関する書籍も多数執筆しており、誰もが働きやすくなるノウハウを分かりやすい言葉で伝える著書は、全国のビジネスパーソンに好評で発売数日で重版となっている。サラリーマンのノート術や朝の活用法についての出版も控え、ますます時間管理術を駆使する日々を送っている。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

ビジネススキルカテゴリの最新記事