企画職、開発職とは?キャリアプランと必要なスキル

企画職、開発職とは?キャリアプランと必要なスキル

最近では、エンジニアを中心とした開発職や、商品やサービスを生み出す企画職というのは、人気職種のひとつになっています。

学生時代からプログラミングに取り組んでいる方や、イベント企画などを行うことでスキルを磨いている方も増えており、そうして培った「企画力」や「開発力」を糧に、独立やキャリアアップを考えている方も多くいます。

人気のあるサービスを企画した人が、その経験や知識を武器に独立して新しいサービスを出し成功する、といったことが実際によくあるのが企画職、開発職です。

今回は、そんな企画職、開発職の魅力と、キャリアアップのために必要なスキルをご紹介していきます。

企画職・開発職の魅力と需要

企画職・開発職の魅力と需要

企画職や開発職のやりがいのひとつに「サービスを生み出せること」が挙げられます。

自分で企画したサービスがリリースされた瞬間や、開発したシステムが稼働し始めた瞬間というのは、非常に充実感を得られるものでしょう。

最近では、インターネット通販サービスなどに力を入れ、営業職の人員を削減しようとする企業があるなかで、サービス自体を生み出す企画職は大変需要が高い傾向にあります。

そして、プログラミングやシステム開発が必要となる機会が増えている現在のIT社会では、開発職に関しても、「エンジニア不足」と言われているほどに高い需要があります。

しかし、企画職、開発職の方のなかには、「ひとりではなかなか結果を出すことが難しい」という悩みを持つ方もいます。

企業に入社し「自分の企画を作るんだ!」と意気込んだものの、実際には、チーム全体での決定が採用されるばかりで、自分がやりたいことがやれない、という企画職の方が多いのです。

開発職においても、本来担当したい業務範囲ではない場合や、受託開発が多い場合などには同じ悩みを抱える可能性があります。

また、生み出したものが世に出た時に、結果が出ないことも多くあります。

そのような時は、仕事に対してネガティブになってしまうこともあるかもしれません。

企画職、開発職は、我慢が必要な状況下でも冷静に状況を把握し、「結果がなぜ出ないのか」「どうすれば結果を出せるのか」などを考えていく、粘り強さが必要な職種とも言えます。

企画職・開発職としてのキャリアプラン

 

企画職や開発職の方が考えられるキャリアプランには、どのようなものがあるのでしょうか。

企画職や開発職の場合は、

  • 企画職・開発職として、管理職を目指す
  • 企画職・開発職として、独立を目指す

一般的に、この2つの選択肢が考えられます。

なかには、違う職種の部門に異動したり、他の会社に転職をしたりする方もいます。

しかし、企画職や開発職においては、生み出したサービスに対しての反響や、それまでの開発経験などがキャリアプランのなかで大きな強みになるため、別職種に移ることが少ない傾向があります。

ひとつ目の「管理職を目指す」ということを意識するのであれば、まず、会社の体制などを理解しなければいけません。人材や予算の管理も必要になってきます。

企画職も開発職も、ひとりで進められる仕事は比較的少なく、ひとつのプロジェクトを成功させるためには、いろいろな人のサポートが必要です。

そのため、基本的にはチームで動く必要があり、そこでの結果は、チーム長である課長や係長が結果を出したものとして認識されることが多いのです。

企画職であれば「企画力」が最も大事だと思われる方もいるかもしれませんが、それ以前に、理論的にチームのメンバーに説明ができることや、チームで円滑にコミュニケーションを取り、業務を効率化できるような能力が求められます。

そうすることで「チームに貢献した人材」として判断され、チームを持つ立場である「課長」や「係長」といった役職に就くことができます。

そして、そのあとに求められるのが「マネジメント力」です。

個々がそれぞれ企画を進めてしまうと、個人の意見に偏ったサービスができてしまったり、常に全員の意見を取り入れてプロジェクトを進めようとすると、意見がまとまらなくなったりしてしまいます。

マネジメント力は、チームをまとめ、プロジェクトを成功させる上では必要不可欠なスキルなのです。資源(ヒト・モノ・カネ)を有効活用することは、企画職や開発職のようにチームで仕事をする職種にとって、重要なスキルと言えるでしょう。

次に、2つ目の「独立する」という選択肢についてです。

企画職や開発職の場合は、生み出したサービスが、形として残ります。そのサービスの評価は、一般的に企画をした人や開発した人の評価として認識されます。

最近では、スマホゲームなどで成功を収めた企画職の人が独立をする場合や、ほかの会社にCOO(最高執行責任者)として迎え入れられることも多くあります。

このように、企画職、開発職の場合は営業職などと比べて、仕事の評価が社内ではとどまらず、広い範囲で通用することが多いため、今までの実績を利用することでキャリアプランを作っていくことができるのです

企画職・開発職として活躍するスキル

企画職・開発職として活躍するスキル

企画職、開発職が求められるスキルには、どういったものがあるのでしょうか。

1,課題発見力・解決力

企画職や開発職にとって非常に大切であり、最初に身につけるべきスキルというのは「課題解決力」です。

サービスを企画する際は、そのサービスに対するニーズがあるかどうかを考えなければいけません。開発職においても特定の課題を見つけ、それを解決するものを商品として開発することが一般的です。

「課題を見つける力」と「それを解決する力」の両方が必要なのです。

2,分かりやすく伝える力

課題を解決する方法を見つけたとしても、それを人に伝えなければチームでサービスを完成させることはできません。そしてそれは「分かりやすく」伝える必要があるのです。

例えば、企画や開発をする際に、それまでの工程を全て伝える方法もありますが、それでは説明が長くなり、分かりづらくなってしまいます。

資料などにおいても同様ですが、プロセスを全て言語化すると複雑になるため、なるべく画像や絵で表現をしたり、一言で表したりといった工夫が必要になってきます。

3,チームをまとめる力

課題解決力や分かりやすく伝える力は、個人としての企画職、開発職に必要なスキルと言えます。しかし、より良いサービスを生み出していくには、チームをうまくまとめる必要があるのです。

それがマネジメントであり、事業戦略です。チームメンバーのスキルや、企画自体の将来性を判断し、事業計画を立て、適切に業務配分をしていくことが重要なスキルと言えるでしょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

企画職の仕事カテゴリの最新記事