企画職は女性の満足度が高い?その理由とキャリアプランの立て方

企画職は女性の満足度が高い?その理由とキャリアプランの立て方

企画職は給与ややりがいにおいて女性の満足度が高い傾向にあり、多くの女性が企画職として活躍しています。

どんな仕事でも性別によって、キャリアプランの立て方ややりがいなど、さまざまな違いがあることはご存知の人も多いでしょう。

ただ、企画職における男女の違いについて具体的に把握している人は少ないかもしれません。

これから企画職として働いていく女性、さらに活躍していきたい企画職の女性にとって、ほかの人がどんなことを思い、感じながら働いているのかを知っておくことは、今後のやりがいや働き方を探す上でのきっかけになるはずです。

今回は、そういった人に向けて「女性企画職におけるキャリアプランの立て方」や「女性の満足度がなぜ高いのか」について解説していきます。

企画職の性別によって異なるキャリアプランの立て方

企画職は女性の満足度が高い?その理由とキャリアプランの立て方①

近年、晩婚化が進んでいるとはいえ、若くして結婚をする人も少なからずいます。

若い夫婦となると、男性の給料だけでは収入が足りないことも多いため、共働きをすることになります。

そして、子どもが産まれる場合、女性は産休を取らなければなりません。

もし、産休を取らないのであれば、会社を辞めないといけなくなることもあるでしょう。

大手企業でない限り、「産休制度」や「再雇用制度」といった女性に必要な福利厚生が充実していないことが多い傾向にあるので、まだ女性が生きやすい社会だとはいえません。

子どもが産まれた後も育児休暇を取らなければならないため、仕事に復帰するまでにどうしても時間がかかってしまいます。

実務による経験が重視されることが多い企画職、とくに女性にとっては、子どもが生まれることも含めて考えたキャリアプランを立てておくことが重要です。

男性であれば、ほぼ毎日働くことになるため、キャリアプランを立てていれば、確実にキャリアを積みながら社会で生きていくことができます。

しかし、女性は出産というイベントを抱えることが多い傾向があります。

少子化社会対策白書によると、2015年の時点で女性の平均初婚年齢は29.4歳 という結果がありますので、女性が企画職でキャリアプランを立てるなら30歳を目安に人生設計をするといいでしょう。

また、出産があっても仕事に復帰することができれば、再び企画職としてのキャリアを積むことができるので、福利厚生が充実した企業に就職することも得策といえます。

そのため、女性の場合、就職の際に前もって企業の下調べをしておくことで、スムーズにキャリアプランを立てることができるでしょう。

なぜ企画職で働いている女性が多く満足度が高いのか

企画職は女性の満足度が高い?その理由とキャリアプランの立て方②

企画職には新商品や新サービスを考える商品企画、会社の営業パーソンがより多くの売り上げを出すためのサポートをする営業企画など、さまざまな職種が存在します。

なかでも、企画職は事務・販売サービスなどの職業と並ぶほど多くの女性が活躍しています。また、女性企画職の満足度も高い傾向にあります。

では、なぜ企画職として働く女性が多く、満足度も高いのでしょうか。

ここからは、「企画の仕事に対する女性の満足度がなぜ高いのか」を詳しく解説していきます。

女性ならではのアイデアを出せるから

大手求人情報・転職サイトDODAの調査によると、商品企画における女性の比率は42%となっており、ほかの職業に比べて多い傾向にあります。

(参照元:DODA「商品企画/サービス企画の仕事内容とは?DODA職種図鑑」)

専業主婦として職を退いている場合は企画の仕事に活かせませんが、主婦となっても企画職として働いていれば、日常生活で欲しいと思ったものを、そのまま企画のアイデアとして提案することができます。

女性は掃除機や電子レンジなどの家電製品を使う機会が多い傾向にあるので、欲しいと思った機能を提案することで画期的な新家電製品が生まれるかもしれません。

例えば、女性はロングブーツなどの靴を履く機会が男性に比べて多いと思います。

そのため、ロングブーツなどの大きい靴を収納するためのスペースを設けたシューズボックスは多く存在するでしょう。

ただ、ウェスタンブーツやウェリントンブーツといったセミロングほどの靴もあり、全て一緒にピッタリと収納できるシューズボックスはなかなかないでしょう。

さまざまなブーツを履くことが多い女性であれば、シューズボックスを整理しているときに、収納に困ることが多い傾向があると思います。

そういった際に、「ブーツなどの靴も楽に収納できるシューズボックスを作ろう」と企画することも可能です。

シューズボックスの掃除や整理をする機会が多い傾向にある主婦であるからこそ、独特のアイデアを生み出せるため、商品企画の場において女性は幅広い活躍ができる可能性を秘めているといえます。

女性の企画力を求めている企業も多く存在するので、商品企画職は女性が実績を確実に積んでいける仕事です。

多くの給与を得られるから

営業企画は社内の営業パーソンが成績を上げられるような戦略を立て、提案する仕事になります。

そのため、営業企画の実績は提案した戦略で平均的な営業成績が上昇した場合に評価されることが多いでしょう。

企画職には商品企画や広告・宣伝企画、広報企画などのさまざまな職種がありますが、なかでも営業企画は平均年収が高い傾向にあります。

ただ、商品企画に比べると営業における女性の比率は31% と低くなっています。

原因としては、母親となって会社を辞めていく先輩の女性が多いために、ロールモデルがいなくなってしまうことなどが挙げられます。

それでも営業企画職として働く女性の比率は31%と高い傾向にあるので、給料面で満足できる点は営業企画の強みといえるでしょう。

(参照元:DODA「営業企画の仕事内容とは?」)

企画職で高所得化を目指したい女性は、営業企画での活躍を考えてみましょう。

これから女性の企画職として活躍する人へ

なかでも企画職は女性から圧倒的人気で、やりがい・給料・キャリアなどのさまざまな分野で高い満足度を得ています。

企画の仕事は、アイデアを出すコツであったり、企画のプロセスを効率よくこなすための方法などを理解するまで、業務が安定しにくい傾向にあります。

そのため、企画職は長く続けなければ、実績を出しづらく、出産・育児の予定を考えている女性は、しっかりサポートをしてもらえる会社を探しましょう。

また、企画職で大事なことのひとつとして、日常生活から社会の動向や考えを予想することが挙げられます。

例えば、主婦の場合は男性に比べて、洗濯機などの家電を触る機会が多いと思います。

個人差はありますが、触る機会が多いからこそ、機能面やデザイン面で思いつくアイデアはあるでしょう。

そして、アイデアが思いついたら、他の人が欲しがるかを考えることができます。

そうすることで、自分の思いついたアイデアを採用した商品が販売された際の、社会の動向や反応、考えの転換を予想することができるでしょう。

そのため、主婦となった女性は企画の仕事では大きな戦力となります。

これから企画職として働く女性は、多くの経験・キャリアを積み、大きな活躍を目指していきましょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

企画職の仕事カテゴリの最新記事