世界のトップビジネス界で注目を集める実践心理学「NLP」を使ったコミュニケーションスキル

世界のトップビジネス界で注目を集める実践心理学「NLP」を使ったコミュニケーションスキル

ビジネスのあらゆる場面で必要とされるスキルの一つに、コミュニケーションスキルがあります。

上司や同僚とのちょっとした会話、会議でのプレゼンテーション、飲み会の席での立ち居振る舞いなど、どんな場面においてもコミュニケーションは欠かせません。

ちょっとした行動や発言ひとつで立場や関係が良くなったり、悪くなったりもします。

そんな時に、「NLP」という心理学を用いることでコミュニケーションが円滑に進むようになります。

このコースでは、NLPという言葉をはじめて聞いた方のために、NLPとは何か、NLPを使ったコミュニケーションのすべてについてお話します。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

NLPとはどのような心理学?

世界のトップビジネス界で注目を集める実践心理学「NLP」を使ったコミュニケーションスキル①

まず、「NLP」とはどんな心理学なのでしょうか?

NLPとは、神経言語プログラミング(Neuro-Linguistic Programming)の略です。

催眠療法、家族療法、ゲシュタルト療法を基にして、言語学者のジョン・グリンダーと心理学者のリチャード・バンドラーが誰でも使えるようにした心理学です。

NLPの前提として「すべてのコミュニケーションの意味は、相手の反応にある」としています。

全てのビジネスおいて、人間関係がとても深くかかわっています。

お客様への対応や連絡・相談をする時などあらゆる場面でのコミュニケーションを円滑に、そして自分の思った通りに相手が反応してくれたり、苦手な人を意識せずに出来るようになりたいものです。

ビジネスシーンで最も効果的に使えるスキル

自分の望む方向へと相手を導きたい時に、行動を促すため力ずくでぐいぐいと引っ張っていくというよりは、合気道のように一瞬で相手と阿吽の呼吸になるようなコミュニケーションをとれるようにしていきたくありませんか?

NLPの重要なスキルに、「リーディング」と「ペーシング」があります。

リーディングとは、相手をリードしていく影響力。

ペーシングとは、コミュニケーションをとる相手とのペースを合わせるということです。

相手を自分の思う方向に導くリーディングを行う前には、必ずペーシングを使い、相手との距離を縮めてておくことが必要です。

目の前の人があくびをしたら、自然と自分もあくびをしてしまった。

エレベーターに乗っていて、自分の降りたい階ではないのに、扉が開いて他の人が降りていったら自分もつられそうになった。

など、本人が気づいていないところで無意識にまわりの人と同じ行動をとってしまうことがありますよね。

また、恋人や夫婦は、生まれや親は全く違うのに顔つきや行動がだんだんと似てくることがあります。

これらの行動すべてが、相手とのペースを合わせているということです。すなわち「ペーシング」です。

人間は自分と同じような行動をとってしまう人に対して、無意識に敵対心は持ちません。むしろ味方と思う傾向があります。

例えば、映画の中でも、初めて喫茶店で会った男女が、たまたま同じ時に肘をつく、同時に自分のコーヒーカップを持つ、同じタイミングで立ち上がるなどの行動をとっていると、徐々に気になって、惹かれていく、という場面があります。

このようなシーンは、相手との距離の接近を無意識にお互いに意識させていくことを表現しています。

私たちも、自然とやっているはずです。

あるにぎやかなグループの中では、少し早口でしゃべっていたり、年齢層が高いグループの中では、比較的ゆっくりと話しかけたりしています。

ビジネスにおいても初めて会った相手に対し、意識的に呼吸や話し方などのペースを合わせていくことで、相手の人は無意識に私のことを味方だと思い、好印象を持ってくれます。

ペーシング」で自分と他人との距離を詰めることで、自分の思っている方向に相手を導いてあげることを「リーディング」と言います。

他人に対して、仕事を頼みたい、行動してもらいたい、商品を買ってもらいたい、と思っていることを行動してもらうためには、十分にペーシングを行った後で、相手を尊重しつつ、自分の望む方向へと導いていきます。

そこには、信頼関係が必ずあります。

相手を自分の虜にしていくスキル

世界のトップビジネス界で注目を集める実践心理学「NLP」を使ったコミュニケーションスキル②

人間関係において大切なものの一つとして、信頼関係がありますね。

NLPではこの信頼関係のことを「ラポール」と言います。

コーチングの用語としても使いますが、ラポール、つまり信頼関係を築くことがとても重要です。

学生の時にある一定の時間を一緒に過ごしたり、同じ目標に向かって時間を過ごしている人たちがいます。

お互いに仲間となり、目標のために全員一体となっているはずです。

同じ時間を共有しているうちにだんだんと信頼関係が出来ていきます。

初対面で嫌だなと思っていた人とだんだんと仲良くなっていき、今ではかけがえのない友人の一人になっていることも珍しくありません。

心理学を基にしたテクニックを使えば、そこまで長い時間をかけなくても、近しい関係になっていけます。

ペーシングで相手の呼吸に合わせたり、同じような言葉使いをすることによって相手との距離を近づけていくと、相手があなたを近しい人だと感じてくれます。

相手との距離を縮めていくものの一つに、昔からの友人だと思ってもらうというテクニックがあります。

それは、相手に昔の話、特に相手の人が良かったと思っている思い出話を聞いてあげることです。

ある営業の体験談として、仕事上で苦手だなと思っていたお客様がいました。

そのお客様は訪問するのも嫌な人だったのですが、ある訪問時に偶然、お客様の学生時代や、故郷の話題が出ました。

そのお話を聞いているうちに、徐々にお客様の表情が和らいでいき、優しい顔になっていくのが分かりました。

ずいぶんと長く話し込んで、いつもだったらそのお客様の訪問時間は2分程度だったのに、話し終わった時には1時間くらい経っていて、さらに話が止まらずにそのままお客様が「飲みに行こう」と誘ってくるまでになりました。

そのあとからは、商品の購入はもちろんのこと、別のお客様を紹介してもらったりと、とても良好な関係で長く付き合えるようになりました。

その時に営業の人は相手のペースに合わせて、ただ相づち相槌を打って話を聞いているだけでした。

お客様の「私の話を聞いてくれた」、という思いが相手との距離をぐっと近づけて、その営業担当のことを好きになっていたのです。

このように相手の間や呼吸に合わせることによって、相手を自分の虜にしていくことが出来るのです。

まとめ

NLPを使ったコミュニケーションとは、まず相手との距離を縮める「ラポール」を築くために「ペーシング」を、そのあとに「リーディング」を行うことです。

それには、相手と呼吸や話のスピードを合わせ、身体の動きやしぐさも合わせていくことによって、自分と相手の信頼関係を築き、自分の望む方向に導いてあげることが出来ます。

普段のコミュニケーションでも一つ一つを大切にすることによって、夫婦関係や親子関係、または友人関係が自分にとってよりよい方向、関係性になってくるでしょう。

ビジネスにおいても少しでも気にして使っていくことで、だんだんと使えるようになっていきます。ぜひ実践してみてください。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

ビジネススキルカテゴリの最新記事