マーケティングを企画に反映する方法

マーケティングを企画に反映する方法

企業活動において、マーケティングと企画は非常に強く結びついています。

マーケティングは広義では企業の経営活動全般を指しますが、一般的にはものを売るための仕組みや戦略作りを意味します。

商品を企画する際、ほとんどの場合において「売れるもの」を大前提に考えるため、売る方法や市場のニーズを調査するマーケティングとは切っても切れない関係があります。

今回は、そんなマーケティングと企画の関係性や、マーケティングで得たデータを企画に反映するためのポイントについて解説していきたいと思います。

マーケティングと企画の関係

マーケティングを企画に反映する方法

先ほどお伝えした通り、マーケティングと企画はとても強く結びついています。

企画という観点で考えると、そのゴールは「商品化」ということになりますが、開発する商品やサービスは原則として、売れるものでなければいけません。

商品を企画する際には、消費者のニーズや市場の動向、競合商品の特性などのデータはとても重要で、これらのデータを分析せずに商品開発を行ってしまうと、消費者のニーズとかけ離れたものが出来上がってしまう可能性もあります。

市場調査やデータ分析などを行うことは企画をする上で非常に重要で、そのため現在、企業によってはマーケティングと企画を合わせ「企画マーケティング」としての部門を設けているところもあります。

マーケティングの権威であるフィリップ・コトラーは、マーケティングを

「新しい顧客を見つけること」

「商品の魅力や性能を改善すること」

「既存の顧客を逃さないようにすること」

「商品の売り上げ結果を検討すること」

と解釈しており、これは商品の企画設計を行う上でもとても重要な視点です。

また、企画においてもマーケティングにおいても、非常に大切な要素として「消費者のニーズを予測する」ということが挙げられます。

共通して重視する要素が多いため、企画とマーケティングを切り離して考えることは難しいと言えるでしょう。

企画とマーケティングの違い

企画においてもマーケティングにおいても、市場を把握し、消費者のニーズを明確にするための調査を徹底的に行います。

しかし、同じ消費者のニーズを調べる上で、企画とマーケティングでは微妙な違いも存在します。

企画においては、メインの業務は新商品の開発に関することです。

企業によって期間に違いはありますが、企画をしてから実際に新商品がリリースされるまでには、ある程度の時間がかかるでしょう。

この場合、すでに発売されている商品に関する重要なのは企画当時の市場動向ではなく、商品がリリースされた時、もしくはそれ以降の市場動向です。

そう考えると、商品企画においては消費者の未来のニーズを予測するための力が不可欠とも言えるでしょう。

一方、マーケティングにおいては、未来の予測だけではなく現状の分析も非常に大切です。

もちろん、企画においても自社の現状分析は大切です。しかし、最重要なのはリリースした時の消費者の動きでしょう。

マーケティングでは、既存の自社商品が「現在どのような結果を生んでいるか」「どのように改善するべきか」も考えなくてはならないため、重要なのは「現状を客観的に分析すること」です。

このように、企画とマーケティングでは、その考え方に微妙な違いが存在します。

しかしどちらも「商品を売るためにはどうしたらいいか」ということを考えることは共通しているため、マーケティングにおいて蓄積されたデータは、そのまま企画に役立てることが可能です。

企画とマーケティングの循環

一般的に、企業において新商品が開発される際は、ほとんどの場合既存の商品の売り上げ状況や顧客のレビューなどのデータが活用されます。

新商品がリリースされたあとは、その商品の売り上げを伸ばすためにさまざまなマーケティングが行われます。

その際の調査から導き出される内容には、4C分析を活用した顧客視点から見た「商品のポジション」や、3C分析を活用して得た「商品の課題」、SWOT分析を活用して練った「商品の販売戦略」など、数多くのものがあるでしょう。

これらのデータは、次の商品開発の際に非常に役立つものになります。

基本的に消費者が商品を購入する際は何らかの「課題解決」を目的としていることが多く、ニーズを把握することは、この課題を把握することにも似ています。

マーケティングにおいて得られるデータには、これらの消費者の課題を把握するためのヒントが数多く隠されているのです。

マーケティングで得た商品や顧客に関するデータを、次回作の企画に反映し、そこに未来の消費者のニーズをかけ合わせることで、しっかりとした理論を元にした商品企画が可能になるのです。

企画された商品をマーケティングによって拡販し、そこで得たデータを企画に反映する。

この繰り返しを行っていくことで、より精度の高いニーズの把握が可能になります。

マーケティングデータを企画に反映する

マーケティングで得たデータを企画にうまく反映するためには、いくつかのポイントがあります。

データだけを見て商品企画を行ってしまうと、理論的には売れるはずなのに、ありきたりで退屈な商品が出来上がってしまったり、企画側の斬新なアイデアを無視することにつながってしまったり、という可能性も考えられます。

ここからは、うまくマーケティングと関連づけ、企画を行っていくためのポイントを解説していきます。

市場調査のポイント

企画をする上で欠かせない「市場調査」。

マーケティングにおいても重要視されるものですが、マーケティングの際の市場調査の結果をそのまま企画に反映するだけでは、魅力的な商品を開発することは難しいかもしれません。

マーケティングにおいて吸い出される市場の動向は、リサーチを行った当時のものです。

現在では世の中に多くの情報や商品があふれており、消費者がサービスに飽きてしまうスパンも短くなっていることが考えられます。

企画をする際には、マーケティングで得た市場に関してのデータを客観的にとらえ、そこに現在の競合サービスの動向、今後の予測を加え、「未来の市場」を予測することが大切です。

ペルソナ設定のポイント

商品企画の際のペルソナ設定には、既存商品のマーケティングで得たデータが非常に役に立ちます。

既存の商品がない時のペルソナ設定では、公的機関など、社外の情報を元にして予測される傾向を顧客像として設定します。

しかしそれだけでなく、性別、年齢、職業など、既存の自社サービスや商品の顧客層の傾向をデータとして用意できれば、しっかりとした根拠を持つ、より精度の高いペルソナ設定が可能になります。

商品企画をする際は、つい発想だけで「こんな層に売れそう」「こんな層に売りたい」と考えてしまいがちですが、マーケティングデータをしっかりと分析し、ペルソナを設定することは非常に有効な方法と言えるでしょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

マーケティング職の仕事カテゴリの最新記事