マーケティング職と語学の関係

マーケティング職と語学の関係

最近では、日本の企業でも社内公用語を英語にしている会社などもあり、日常業務においても外国語は必要なスキルになっています。

外資系企業に就職を考えている人はもちろんのこと、国内企業で働くビジネスパーソンにおいても語学学習は非常に大切です。

それはマーケティングについても同様で、マーケティングに関する情報や論文などのなかにも、英語でまとめられているものは非常に多くあります。

また、外国語を習得するなかで海外の文化に触れておくことは、海外進出を考えている人にとって、商習慣やそこで獲得したい顧客の文化を先に学ぶことにもつながります。

今回はマーケティングにおいての語学学習の重要性をいくつかのポイントに分けて紹介していきます。

マーケティングにおける語学の重要性~情報収集~

rawpixel / Pixabay

マーケッターにとって、情報収集は欠かせないものです。

情報収集をしっかりと行っていくことで、社内での情報共有に役立ったり、実務に活かせたりすることも多くなるからです。

そして情報収集をするにあたって、外国語を身につけておくことは重要です。

マーケッターとして活躍している方にとって、一番悩む瞬間というのは「今まで経験したことのないもの」に関わる瞬間ではないでしょうか。

新たな市場に参入する場合、その市場への理解度は低くなりがちです。さらに海外需要も取り込むと考えると、しっかりとした情報収集が重要になるでしょう。

例えば、今まで海外からの顧客に特化してマーケティングを行っていないホテルが、海外顧客を取り込む戦略を練ったとします。

市場調査のため、海外顧客に人気のある国内のホテルを調査します。

ここまでは実際に訪問することで、日本語しか使えなかったとしても、ある程度分析するポイントというのは見えてくるでしょう。

しかしそれだけなら、日本国内のマーケッターは誰でもできてしまいます。

海外の情報誌やネット記事などを参照し、その国の文化や商品選択の優先度などまで調査することで、いま人気のホテルに足りていないものまで見えてくるようになるでしょう。

マーケッターにとって、情報を多く持っていることは大きな強みです。

語学を学ぶことでその情報をより広くから集めることができるようになります。

そして多言語の情報を収集し、日本語で正確にまとめ、精査できればほかのマーケッターの一歩先に行くことができます。

マーケティングにおける語学の重要性~分析~

マーケティングにおいて、環境分析や市場分析、そして競合分析などを行うときにも語学は重要になってきます。

分析の際に利用するフレームワークなどは日本語でも多くまとめられています。

そのため、分析と語学が直接関係することはないのでは、と思う方もいるかもしれません。

しかしマーケティング手法や分析方法というのは、環境が変わると変化していきます。

実際に3C分析から4C分析への移り変わりなど、時代に合わせてチェックするべき項目も変わってきています。

また、分析を行うためのツールや、最新情報などは海外から発信されることも多く、特にインターネットを活用したユーザー分析や、広告での効果分析をするツールには、海外のものが非常に多く存在しています。

外国語を習得すれば、日本のツールで分析をしているが満足できない、というマーケッターの方もベストなツールを見つけるきっかけになるかもしれません。

マーケティングの分析において語学は、実務の効率化に大きく役立つと言えるでしょう。

マーケティングから経営戦略へ

昨今、日本から海外進出を狙う企業が非常に増えています。

それには、人口減少や高齢化などの影響で市場自体が縮小傾向となっていたり、競合企業が増え飽和状態になってしまっていたりなど、さまざまな理由が挙げられます。

また、世界のなかで日本ブランドが一定の評価を得やすくなっているのも、海外進出が増えた理由のひとつと言えるでしょう。

海外に進出するか否か、ということは経営戦略にも関わってきます。

マーケッターとして活躍することを考えた場合は、ここまで踏み込んで考えることを望まない人もいるかもしれません。

しかし、限られた範囲でのマーケティングだけでなく、経営戦略を理解した上で「こういうことをやりましょう」と企業に提案することは、マーケッターとしても大きなやりがいにもつながります。

マーケッターが語学を学ぶことで、情報を多く集めることができ、そして業務も効率化できます。すると今まで時間がなく考えることができなかったこともできるようになります。

今回例に挙げた海外進出ということにも、多くの経営者は悩んでいます。

さまざまなところで、海外進出セミナーや、海外企業とのマッチングなどが開催されています。

そこには海外進出をしたいけれど情報がないと悩む経営者や、社内に頼れる人がいないと感じている事業責任者が多く参加しているのです。

そのような時に、マーケッターとして活躍しながら、海外などの情報を持っている人材は、高く評価を受けることになるでしょう。

マーケッターは、常にマーケティングの分析やプロモーションなど幅広い業務範囲を、冷静な数値分析と豊富な情報を整理して扱っています。

その業務から一歩進んで会社全体を変えるような動きまでできるようになればビジネスパーソンとして充実度が増し、新たな道が開ける可能性もあるのです。

マーケティングにおいて学ぶべき言語

このようにマーケティングにおいて、語学学習は大きな強みになるものです。

なかでも英語中国語は、おすすめできる言語と言えます。

情報収集には英語は重要です。

そして世界的に見ても使用している人口が多いため必須とも言える言語です。中国語も使用している人が多いためおすすめです。

そして中国は、日本との交流も多いため進出を狙っている企業も多く、独自の商習慣や文化をしっかりと学ぶ必要がある言語とも言えるでしょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

マーケティング職の仕事カテゴリの最新記事