証券営業の種類

証券営業の種類

営業職は、業界によってもその働き方やつらさ、やりがいは異なり、収入も変わってきます。

証券営業と聞くと、「エリート集団」「堅苦しい」などのイメージを持つ人も多く、普通の営業とは少し違う印象を受ける人もいるかもしれません。

ただ、その仕事内容などについて、具体的に知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

営業職のなかでも、とくにノルマや成績への評価が厳しいとも言われている証券営業。その実態はどのようなものなのでしょうか。

今回は、証券営業の種類やその特徴についてご紹介していきます。

証券営業は大きく分けて2つある

証券営業の種類

証券営業においては、既存顧客に対する証券売買の受付対応や、新規顧客の開拓などがメインの仕事となります。

新規顧客の開拓ではアポ取りのための地道な電話営業や飛び込みでの訪問などを行い、また、新しい商材が出た際には既存顧客に紹介して、購入してもらえるように提案します。

営業職は売り上げを作ることが最も大きな目的のため、とにかく新規開拓と顧客へのアプローチを繰り返し行うことが業務の中心になるでしょう。

取り扱う商品の特性上、経済や証券市場についての情報に対して常にアンテナを張っていなければならないため、日々の情報収集は必須です。

このような大まかな業務内容やポイントは基本的にどんな証券会社でも共通しているものですが、証券営業は対象とする顧客によって大きく2種類に分けることができます。

リテール営業」と「ホールセール業務」です。

ここからは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

リテール営業

証券営業のなかでも、新人の営業が担当することが多い傾向にあるリテール営業。

リテール営業とは、大きな企業などではなく個人や中小企業を対象に行う営業のことです。

対象となる顧客は基本的に、これまでに顧客になったことがない、完全な新規であることも多いため、そもそも話を聞いてもらえない、という営業も多いのではないでしょうか。

そのため、リテール営業でくじけてしまう新人営業は多く、一人前の証券営業になるための試練のひとつとも言われています。

しかし、リテール営業で新規顧客へのアプローチ数を増やし、商談経験を積むことは、営業としての「地力」を育てることにつながるでしょう。

ホールセール業務

中小企業などを対象とするリテール営業に対して、大企業や機関投資家などの大口の案件を対象に行う営業を、ホールセール業務と言います。

ホールセール業務では、M&Aの仲介や資金調達のサポートなどを含めて行うこともあるため、取引の規模や金額も大きなものになる可能性が高いでしょう。

そのようなスケールの大きさを「証券営業らしい」と思い、就活生や新人営業のなかにはホールセール業務を目標にする人も多いと言われています。

証券会社にもよりますが、実際にはベテランの証券営業が任されることが多く、ホールセール業務を担当できるようになるまでの道のりは、決して楽なものではありません。

その分、経験を積んでホールセール業務を担当できるようになった時の喜びややりがいは、非常に大きなものになるでしょう。

証券営業の仕事のノルマ

証券営業の仕事では、企業により異なりますがノルマというよりは目標としての数値が設定されます。

また、商材ごとに、投資信託で○○万円、年金保険で○○万円というように設定されることもあるでしょう。

目標が達成できないと、評価に影響が出てボーナスの査定が低くなってしまうこともあります。

そのため証券会社の営業職は、常に目標達成のために上司にフォローをしてもらったり、情報収集などの努力が必要となったりします。

証券営業の仕事内容

はっきり言ってしまうと、楽な仕事ではありません。

日々変化する市場や新商品の情報に敏感に反応しなければいけませんし、新規開拓で何度もアポイントの電話をかけたり、飛び込み営業をしたりします。

市場や証券についての専門知識も必要なため、経験が浅いうちは思うように結果が出せず、それが精神的な負担になってしまうこともあるでしょう。

何日も続けてアポイントが取れないと気が滅入ってしまうこともあるかもしれません。

証券営業の退職理由上位にこの「新規開拓営業がつらくなった」というものが挙げられ、これは営業職のなかでも高いノルマや、専門性の高さも要因になっています。

また、お客さまの大事な資産を運用することになるため、精神的なプレッシャーが大きいのも大変な理由のひとつでしょう。

仕事のやりがいとは

証券営業の種類

つらいことも多い証券営業の仕事ですが、当然やりがいもあります。

そのなかでも大きなもののひとつに、ほかの業界に比べて取り扱う金額が大きいため、目標を達成した時の充実感が大きいということが挙げられます。

また、こつこつと営業してきたことが結果に結びついて新規開拓に成功したり、お客さまから感謝の言葉をもらったりすることも、モチベーションが上がる要因のひとつになります。

きつい仕事だからこそやりきった時や目標を達成した時のやりがいも大きいものになり、そして努力の結果、それが給与やボーナスに大きく反映されることになれば、それはさらなる喜びにつながるでしょう。

証券営業は、営業職のなかでもとくに厳しい職種だと言われています。

休みの日も時間を使って経済について勉強する必要があったり、成績が悪ければ休日もアポをとらなければならなかったりするかもしれません、

営業でまともに相手にされないと、自分を肯定できなくなるほど落ち込んでしまう時もあると思います。

しかし、一生懸命学んだ知識がお客さまの役に立った時や、これまで否定的だった相手から契約を取れた時の喜びや達成感は、何物にも代えがたいものになるでしょう。

そして、それがお客さまの喜びにつながれば、自分のしている仕事に対して誇りに思う瞬間にもなります。

楽な仕事がしたい、という人は証券営業には向いていないかもしれません。

しかし、今後もビジネスパーソンとしてより成長していきたい、という人にとっては、やりがいと高い給与を得られるいい環境になるでしょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

営業職の仕事カテゴリの最新記事