Google Search Console(サーチコンソール)とは?登録方法と使い方

Google Search Console(サーチコンソール)とは?登録方法と使い方

『Google Search Console』について、今回は登録から使い方、そして実際のWEBマーケティング・SEOへの活かし方について解説していきます。

WEBマーケティングに携わっている方の中には、
「Google Analyticsはわかるけど、Google Search Consoleって何?」
「Search Consoleって何のためにあるのかが分からない」
というWEB担当者の方もいるようです。

数年前までは、WEBマスターツールという名前で提供されていたため、いまだに名前を間違って読んでしまう人さえいるようです。

Google AnalyticsはWEBマーケティング全般に関するデータを分析・解析をできるのに対して、Google Search Consoleは検索結果でのアクセス状況を中心としたデータを表示するSEO範囲になります。

「Google Analyticsを使って分析ができるから、Google Search Consoleは使わなくていいのか?」

その答えはNoです。
Search Consoleの重要性は年々上がってきています。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

Google Search Consoleの重要性が高まっている2つの理由

Search Consoleで確認できる範囲は、SEO・Googleの自然検索結果のデータ範囲が中心とお伝えしました。

これがサーチコンソールの重要性が高まっている2つの理由に関わってきます。

SEOにおける順位決定ルールが難しくなっているなか、判断基準として有用だから

WEBマーケティングに関わる人にとってSEOは、年々対策が難しくなってきていると言われています。

それはGoogle自体が検索結果の質を高めようとし、よりユーザーにとって役に立つコンテンツを表示させようとアルゴリズムを改善している影響で、小手先のテクニックでは通用しなくなってきているためです。

その状況下でSearch Consoleは、検索結果でのパフォーマンスを改善するため、Google自らが無料で公開しているツールなのです。

つまりSEOに関わるヒントや、チェックするべきポイントが詰め込まれていると言えます。

Google AnalyticsでSEO流入ワードを把握するのが難しくなったため

これはSEO業界で最も注目されたことであり、WEBマーケティングの悩みになったポイントです。

SEM(Search Engine Marketing)を行うにあたって、ユーザーの検索キーワードを正確に把握し、そのキーワードに対してコンテンツの最適化を行うことは重要なことでした。

しかし近年、サイトのセキュリティを高めるために、通信を暗号化する技術『SSL』を導入するサイトが増えています。

Yahoo!やGoogleも当然対応しており、その結果GoogleやYahoo!検索からの流入キーワードを把握するのが難しくなったのです。

そういったなかでGoogle Search Consoleだけが、Googleからの自然検索からの流入について確認することができるツールとなりました。

つまりキーワード単位での効果測定や改善などをする場合に、Google Search Consoleは必須ということです。

Google Search Consoleの登録方法は簡単!最短10秒

Search Consoleの導入は、ネットやhtmlに関する詳しい知識がなくてもすぐにできるほど、とても簡単です。

Googleのアカウントさえあれば、誰でもGoogle Search Consoleのアカウントを開設することができます。

 

 1. Google Search Consoleにアクセスする

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

2. 画面中央にあるボックスに登録したいURLを記入し、『プロパティを追加』をクリックします。

※注意:すでにGoogleの検索結果で表示されているサイトの場合は、httpsなのかhttpなのかをしっかりと確認してから記入しましょう。一番簡単なのは追加したいURLを開いて、アドレスバーからコピーアンドペーストをする方法です。

3. 所有権を確認する方法を選びます。

これで、Search Consoleへの登録方法は完了です。

もしAnalyticsをすでに使っていて、Search Consoleだけ登録していなかったという方は、『別の方法』というタブを開くと、『Google アナリティクスアカウントを使用します』というチェックボタンがありますので、こちらから登録するのが簡単でしょう。

登録ができたら、まず覚えておきたい3つの使い方

Search Consoleの使いかたはとても簡単です。

そのなかでも今回はSEO・WEBマーケティングにもっとも関連する3つの重要な機能をご説明します。

  • 分析・情報収集に役立つ「検索アナリティクス」
  • SEOの改善に役立つ「HTMLの改善」
  • コンテンツをすぐに伝える「Fetch as Google」

この3つを理解できるようになれば、Search Consoleの初歩的なポイントを押さえることができます。

それではそれぞれの機能について見ていきましょう。

分析・情報収集に役立つ『検索アナリティクス』の使い方

右側のサイドバーから『検索トラフィック』をクリックし、『検索アナリティクス』をクリックします。

検索アナリティクスでは、Googleの自然検索結果からのアクセス状況という、サーチコンソールからわかる情報の中でも特に重要なポイントがわかります。

まずこれからどのようなことについて知りたいかという内容を決め、表示情報を選びます。

  • Googleの検索結果が、何回クリックされたかがわかる『クリック数』
  • Googleの検索結果で、何回表示されたかがわかる『表示回数』
  • 表示回数からどれだけクリックされたかを知る『CTR』
  • 実際にそのワードで何位にでているかを知る『掲載順位』

この4つが上部のグラフに表示されます。これらを組み合わせることで様々なことが分かり、WEBサイトを改善するポイントを把握することができます。

例えば、『掲載順位』を見ながら『CTR』を表示させます。

その後、上位表示されているキーワードと、Googleの検索結果順位別の平均クリック率とを比較してみます。

Googleの検索結果順位別の平均クリック率は下記のようになっています。

1位 :21.12%
2位 :10.65%
3位 : 7.57%
4位 : 4.66%
5位 : 3.42%
6位 : 2.56%
7位 : 2.69%
8位 : 1.74%
9位 : 1.74%
10位: 1.64%

※数値は2017年のものです。(出典:Internet Marketing Ninjas)

このクリック率よりも、あなたのWEBサイトのCTRが大きく下回る場合は、キーワードとタイトルがマッチしていない可能性があります。

せっかくSEOがうまく行き、上位表示されているのに「自分の探しているものとは違う」とユーザーに思われ、クリックしてもらえないのはもったいないですよね。

そういったワードを見つけたときは、すぐにタイトルの改善などを行ないましょう。

SEOの改善に役立つ『HTMLの改善』の使い方

『HTMLの改善』では、HTMLの基本的な修正指示をGoogleから受けることができます。

『検索での見え方』をクリックし、『HTMLの改善』をクリックすると表示されます。

HTMLの改善において表示される項目は、

  • タイトルタグの問題: 
    ページのタイトルがない、重複しているなど、ページのタイトルタグに関する潜在的な問題です。
  • メタ ディスクリプションの問題: 
    存在しない、重複しているなど、メタ ディスクリプションに関する潜在的な問題です。
  • インデックス不可コンテンツの問題: 
    一部のリッチメディア ファイル、動画、画像など、インデックスに登録できないコンテンツを含むページです。

となります。

HTMLやコーディングに詳しい方からすると、このレベルのことしか表示されないのかと思うかもしれません。

以前はHTMLという静的なページを1ページずつ作っていれば、ページごとのタイトルや、ディスクリプションをひとつずつ意識することができました。

しかし最近は多くの方がWordpressなどのCMSを活用してサイト制作をしています。

すると自動で作成されるページもあるため、いつのまにかタイトルが全く一緒のページが出来上がってしまう、という可能性があるのです。

このようなうっかりミスをしっかりと指摘してくれるのも、Search Consoleを使うメリットと言えるでしょう。

コンテンツをすぐに伝える『Fetch as Google』の使い方

Fetch As Googleは、「ホワイトハットSEOを行いたい」「なんとかコンテンツだけでSEOを成功させたい」とお考えの方にはぜひ覚えていただきたい機能です。

『クロール』から『Fetch As Google』をクリックすることで表示されます。

Fetch As Googleは、作ったコンテンツをGoogleにいち早く伝えることが可能になります。

サイトマップと同様、作ったコンテンツはしっかりとGoogleに認識してもらい、検索結果に反映されなければ意味がありません。

特にホワイトハットSEOという観点で、記事やコンテンツを作るところだけにフォーカスすると、Googleのロボットはそのサイトを見つけづらくなる場合があります。

なぜなら、Google自身も発表していますが、Googleのスパイダーといわれるロボットは基本的にリンクをたどりながら新しいページやサイトを探しています。

ホワイトハットという意味をとらえ間違え、外部リンクを排除したSEOを行っていると、Googleのロボットはせっかく作ったコンテンツを見つけられなくなってしまうのです。

そういったときに便利なのが、このFetch as Googleです。

もともとFetch as Googleはコンテンツを正しく認識し、表現できるかを試すレンダリング、正しくロボットが回ってくるかを試すクロールのためにGoogleが公開したツールでしたが、多くの方は新しいコンテンツをGoogleに認識してもらうためのインデックス促進ツールとして使っています。

しかし、これは同じページで何回も実行しても効果があるものではありません。

大きくページの内容を変えたり、新しくページを作ったりした際に有効な機能のため、それ以外で実行してもSEO的な効果はないと考えられます。

Search Console(サーチコンソール)とは?登録方法と使い方のまとめ

今回はSearch Consoleを初めて利用される方に向けて、登録方法や、SEO、WEBマーケティングにおいて大切な内容のみをお伝えしてきました。

ですが、実はまだまだSearch Consoleから得られる情報は、たくさんあります。

そしてその情報を見て、どのような判断をして修正をかけていくのか、がGoogleにおけるSEOそしてWEBマーケティング全般にも影響してきます。

ぜひSearch Consoleを少しずつ使いながら、WEBサイトの改善、修正を行っていけるようにしていきましょう。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

マーケティング職の仕事カテゴリの最新記事