スーツを長持ちさせるメンテナンスと保管の方法、必須のお手入れ道具

スーツを長持ちさせるメンテナンスと保管の方法、必須のお手入れ道具

 

スーツのメンテナンスに必須のアイテム

幅広のハンガー

型崩れを防ぐように、肩のところがしっかりとしたハンガーが実はとても大事です。

クリーニング屋から戻ってきた薄いハンガーをそのまま使ったりはしていませんか?

薄いハンガーは肩の部分が型崩れしてしまいます。

スーツは普段みなさんの肩の上に乗っているわけですから、同じくらいの太さのハンガーにかけていただくことで、型崩れを防ぐことができます。

ですので、クリーニングからスーツが戻ってきたらまずやっていただきたいのが、ビニールカバーをとり、ハンガーをかけ替えることなんです。

型崩れしにくいハンガーはインターネットでも安く売っていますので、スーツの数と同じだけ揃えていただきたいと思います。

ほこりを取るブラシ

みなさんブラシはお持ちですか?

最近は種類もお値段もさまざまなブラシが販売されていますので、みなさんが買いやすいブラシを揃えると良いかと思います。

ブラシは、基本的にほこりをとるものですが、においもとってくれます。

スーツというのはウールでできていて、糸と糸が交差して作られています。

着ているときは糸と糸の交差が開いています。

脱いだ直後はまだ糸と糸が開いている状態にありますので、その状態のままでブラシをかけて、ほこりとにおいをとっておくことが重要です。

スーツを1日寝かしておくと糸と糸の交差がきゅっと縮まりますので、また新しい状態として着ることができます。

ブラシのかけ方

多くの方が、スーツの正面だけブラシをかけているのではないでしょうか。

スーツには汗の溜まりやすいポイントがあり、そこをブラシがけすることで、長持ちするようになります。

その汗の溜まりやすいポイントというのは

  • 首の後ろ
  • わきの下

の2カ所です。

スーツの全体にブラシをかけたあと、襟を立てた首の後ろの部分、そして脇の下にブラシをかけてください。

スーツの素材であるウールは人間の髪の毛と同じように生き物ですので、ブラシをかければかけるほどスーツにツヤも出てきます。

プレッサー

普段、アイロンでスラックスのプレスをしていませんか?

アイロンでプレスをかけるとウールの毛を寝かせてしまいます。

プレッサーはウールの毛を寝かせることがないので、持ちがよくなります。

普段アイロンをお使いの場合は、ぜひプレッサーを試してみてください。

しわを伸ばすスプレー

中に水を入れたスプレーです。ボトルは100円ショップなどで売られているもので構いません。

例えば、腕のつけ根やひじの内側など、常にしわになってしまっているところに、少し離れた距離から6回ほど水を吹きかけてください。

おすすめしないのが消臭スプレーです。

先ほどもご説明したとおり、生き物であるウールに薬品をかけることになりますので、スーツの劣化の原因となります。

焼肉に行った後など、においを消したくて消臭スプレーをかけたりするのは、実はウールによくないことですし、生地の中にシミが残ってしまうこともあるので逆効果です。

ブラシがけと水のスプレーだけで、十分ににおいは取れるのです。

スーツのメンテナンスのルール

クリーニングはシーズンに1回

頻繁にクリーニングに出す方もいらっしゃいますが、実はおすすめしません。

クリーニングは石油由来の洗剤で洗っています。

生き物であるウールを石油で洗うとダメージを与えてしまうのです。

ひどく汚れてしまった場合を除き、クリーニングはシーズンに1回で十分です。

また、冒頭でもご説明したとおり、クリーニングからスーツが返ってきたら、すぐにビニールを外し、

型崩れしにくいハンガーにかけ替えるのも忘れずに行いましょう。

1日着たら3日休ませる

1日着たら、3日程度休ませましょう。3日経つとスーツは完全に復活していると言われています。

また、1日着た後にすぐにクローゼットにしまっていませんか?

着た後のスーツは、まだ湿気やにおいを含んでいる状態です。そのままクローゼットにしまい込むとカビが発生する原因となります。

着た後のスーツはハンガーにかけ、1日部屋の中につるしておくと湿気がほぼ抜けますので、

そのあとにクローゼットにしまうようにしましょう。

靴のメンテナンスに必須のアイテム

  • シューキーパー
  • シューズブラシ
  • 靴クリーム

シューキーパーは木製のものをお勧めします。

プラスチック製ではできない、殺菌除湿の効果があるからです。

シューズブラシと靴クリームはご自分の手になじむ、使いやすいものを使っていただければ結構です。

靴のメンテナンスのポイント

  • 1日はいたら3日休ませる
  • シューキーパーをかならず使用する
  • 週に1回は磨く

靴に使われている革もやはり生き物ですので、1日履いたら3日休ませてください。

続けて履いてしまうと劣化が早まりやすくなります。

また、靴を磨くときに、つま先を自分と反対側に向けている人が多いかと思います。

しかし、打ち合わせの時などで相手に一番近いのはあなたの靴ですよね。

靴のつま先を自分側に向けて、相手からどう見えているかを確認しながら磨いてみるのも1つのポイントになります。

さらに詳しい内容はWAKE UPの動画で公開中!

『ビジネスパーソンのための「印象管理術」』

  • 第1回 印象管理を味方に付ける
  • 第2回 魅力を上げるパーソナルカラー
  • 第3回 スーツの知識と選び方
  • 第4回 スーツのメンテナンスとワードローブ
  • 第5回 印象管理を取り入れたビフォー&アフター

コース概要

人の第一印象は2秒で決まると言われています。また、万が一悪いイメージを与えた場合、そのイメージを挽回するためには非常に長い時間がかかります。

ビジネスシーンにおいて、第一印象は非常に重要です。あなたは第一印象で「デキそうな人」「頼りなさそうな人」どちらに思われているでしょうか。

この講座では「印象管理」という手法を使って第一印象のイメージを自分で演出する方法を学べます。

「他人にどう見られるか」ではなく、「自分をどう見てほしいか」という考え方で自分を演出することで、第一印象をよくするだけでなく、その後のビジネスの成功のきっかけを作ることができます。

また、良い印象を与えるには、きちんとスーツを着こなすことが必要です。

スーツの基本的なお手入れのしかたから、あまり知られていないメンテナンスのポイントまで、わかりやすく解説します。

 icon-pencil-square 著者プロフィール


長島佳美

東京女子大学と文化服装学院をダブルスクールで卒業後、(株)三越伊勢丹ホールディングスに入社。
19年間の在職中、10万人以上のファッションコンサルティングの実績を持つ。
数多くの経営者および富裕層から支持を得た実績から、国際イメージコンサルタントとして独立。
10万人の接客経験から、潜在的な魅力・能力を外に見える化し、「成功するため」「結果を出すため」「自在にコントロール可能」なイメージコンサルティングを実践。
議員、医者、経営者、士業など多岐にわたり多くの成功者を輩出している。また、団体・企業対象にも科学的、実践的なイメージコンサルティングとセミナーを実践。そしてハイレベルなイメージコンサルタントの後進の育成に尽力する。

・株式会社BEST GRADE 代表取締役
・AICI国際イメージコンサルタント協会認定 国際イメージコンサルタント
(Certified Image Professional 日本で3人目の資格取得)
 東京チャプター バイスプレジデント
・一般社団法人パフォーマンス教育協会公認
 エグゼクティブ・パフォーマンス・インストラクター

株式会社BEST GRADE

著書

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

キャリアアップカテゴリの最新記事