誰でも簡単!アイデアを見つけるための思考術

誰でも簡単!アイデアを見つけるための思考術

アイデアや発想は特別な才能のある人が生み出すものとお考えの方は、案外多いのではないでしょうか。

それはアイデアや企画を考えることが難しいという先入観があるからです。

人は自分がよくわからないものを本能的に遠ざけようとするため、いったん「難しい内容だ」と思い込んでしまうと、思考はそこから先に進んでいきません。

それが多くの人がアイデア出しや企画考案を苦手と考えてしまう原因です。

しかし、きちんとしたプロセスを踏めば、アイデアは誰にでも簡単に思いつくことができます。

アイデアは「自分の中から生まれるもの」とイメージされている方が多いのですが、実は「すでにあるものを見つけ出す」といった感覚の方が近いのです。

例えば、大海原を目の前に「世にもめずらしい魚を捕まえてきてほしい」と言われたら、それは途方もなく大変な冒険ですが、「庭の池に隠れている、めずらしい魚を探してほしい」と言われたら、それは思ったほど難しくはありません。

アイデアの見つけ方も、これと同じようなことが言えます。

いきなり大海原で画期的なアイデアを探し回るのではなく、アイデアのありそうな場所を見定め、方向や場所を決めて探します。

そうすれば、やみくもに探し回るよりも、欲しいアイデアが見つかる可能性は格段に高くなります。

アイデアを導き出すための事前の準備をしっかりとおこない、きちんとしたプロセスを踏めば、誰でもアイデアを見つけることが可能になるのです。

今回は、アイデアを見つけ出すために意識すべきポイントを、実際のプロセスに沿ってご紹介していきます。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

プロセス1課題を明確にする

誰でも簡単!アイデアを見つけるための思考術

アイデアを見つけるには、まず課題を明確にします。

そのためには「問題は何か」をきちんと把握することが必要不可欠です。

プロセス1-1:どうしてアイデアが必要なのか、問題を把握する。

例えば、商品の開発部署なら新商品を開発するためのアイデアが必要となることがありますが、なぜ新商品が必要なのか?という問題を把握しておかなければ、的確なアイデアを導き出すことはできません。

それは、会社の企画力をアピールするために必要な新商品のアイデアなのか、毎月1つの新商品を発表し世間への認知度を上げるために必要なアイデアなのかなど、課題のもととなる問題は何かをきちんと知っておくことで、考える方向性や内容も変わってきます。

「次の会議までに面白い企画を考えておいてください」と言う上司がいますが、何のために必要な企画なのか、問題は何なのかをきちんと質問しておくことが大切です。

うっかり「わかりました」とだけ返事をしてしまったら、「面白い企画ってどういうものだろう?」と広い大海原を探し回らなければならなくなってしまいます。

プロセス1-2:課題が見えたら、次に現状を把握する。

問題が分かれば、課題も見つけやすくなります。

会社の企画力をアピールするために新商品が必要ということであれば、従来の商品にはなかったという驚きの要素が欠かせません。

“なるほど! そうきたか”と人に驚きを与える商品を開発することで、相手は「あの会社は、他とはひと味違った企画を考える」と認識してくれるようになるからです。

この場合の課題は「新商品開発のためのアイデアを考える」ではなく「これまでになかったインパクトのある、ひと味違った新商品を考える」ということに言い換えられます。

そうなれば、考える方向性が見えてきます。

この課題であれば、これから生み出す新商品はインパクトがあり業界初であることが望ましいため、まずは同業他社のすでに販売されている商品をリサーチすることから始めます。

すでにある商品では、インパクトがないため企画力をアピールできません。

最低限、他社の商品にはない新鮮さが必要とされます。

このように課題を発見したら、次はアイデア発想のためのできる限りの現状把握をおこないます。

例題1

突然ですが、ここで例題です。

あなたは清涼飲料水の商品開発部に所属しています。

夏場の売上に伸び悩んでいるという会社の状況もあり、部長から「何か新商品の企画を出してほしい」と言われました。

まず、何から始めますか?

解説とヒント

ここで注意が必要なのが、「新商品の企画を出す」ことが課題ではない、ということです。

そのまま考えを進めてしまうと、辛いコーヒー、苦い炭酸飲料、元気の出るオレンジジュースなど、誰でも簡単に出せる“思いつきレベルの発想”にとどまってしまいます。

まず、部長の要望を深く掘り下げてみましょう。

どうして新商品の企画が必要なのか

なぜ新商品の販売を検討する必要があるのか

など、“どうして”、“なぜ”を用いて言葉の背景を考え、必要ならば事前に調べて、疑問をクリアにしていくことで課題が見えてきます。

「どうして新商品の企画が必要なのか」を明らかにするためにできることは何でしょうか。

部長に直接聞くのもいいですが、まず自分の力で現状を知ることから始めると、企画を考えやすくなります。

可能であれば、社内のマーケティング部署に清涼飲料水の種類別「年間の売上」データを確認させてもらいます。

そうすれば、現在、会社が取り扱っている清涼飲料水の販売状況が分かるはずです。

例えば、一番売れることが見込まれる夏の時期に伸びていない商品があれば、そこに問題が隠されているというヒントを得られます。

マーケティング部署などのない会社であれば、自分でインターネットを使って調べることから始めるのもいいかもしれません。

夏に売れる清涼飲料水や、逆に売れない清涼飲料水を検索することで、解決するべき課題を発見できるかもしれません。

ここでは、清涼飲料水の需要がもっとも高くなる夏場に売上が伸びず悩んでいる会社で、新商品の企画を考えるという例題のため、「夏場に売上が上がる新商品の企画を考える」ということが課題になると考えられます。

例題1の答え

  • まずは、“どうして”、“なぜ”を用いて要望を掘り下げてみる。
  • 課題発見のために、疑問に感じたところを調べてクリアにする。

プロセス2 ターゲットを決める

アイデアや企画を考える際に、意識しておかなければならないのは対象となる人物の存在です。

商品の開発であれば誰を喜ばせる商品なのか、または誰に買ってもらう商品なのかを考えておかなければ、せっかく考えた商品の企画でも、この商品は結局、誰が買うの?といったことにもなりかねません。

ターゲットをきちんと設定することは、アイデアを見つける際の近道にもなります。

プロセス2-1:誰を動かすためのアイデアなのかを考える。

誰に対して商品を届ければ売上が望めるかというシンプルな思考で考えを進めます。

この“誰”の部分であるターゲットとなる人物像を設定することでアイデアへのアプローチ方法が変わってきます。

例えば、恋人に手紙を書く場合と、見ず知らずの人に手紙を書く場合では、内容の考え方も、メッセージの強さも違ってきます。

ターゲットをしっかりと絞りこむほど、強いメッセージを届けやすくなり、ターゲットが広くなりすぎると、メッセージもアイデアもぼんやりとしてきます。

プロセス2-2:メインとなるターゲット層を決定する。

ターゲットの考え方は、扱う商品によってある程度は自動的に絞り込まれます。

車のセールスの場合、ターゲットは免許保有者で18歳以上の社会人であるとか、化粧品なら女性であるとか、住宅の場合は年収400万円以上の共働き夫婦であるといったように、商品自体にターゲットを選定する特徴があるからです。

例題にある清涼飲料水のターゲットは、年齢、性別、生活レベルに関係なく、すべての世代の消費者がターゲットに当てはまります。

しかし、すべての世代、誰からも好かれる清涼飲料水を考えようとすると、冒頭で述べた通り、考える範囲がとてつもなく広がってしまい、途方もなく考えなくてはなりません。

まずは自分の仮説でかまいません。

お年寄りが買ってくれるのはどんな商品だろう、若者に売るにはどんな商品だろうと、ターゲットを思い浮かべて想像をふくらませてください。

ターゲットの選定によって、出てくるアイデアが大きく変わってきます。

例題2

「夏に売れる新清涼飲料水」のアイデアを考えるために、ターゲットを選定するには何をすればいいでしょうか?

解説とヒント

「売上に伸び悩む夏場に結果を出せる新商品の企画」という課題が明らかになったため、いよいよ次のステップへと進みます。

ターゲットを決めるために、必要な情報を集めます。

どのような清涼飲料水が、どの世代によく飲まれているかがわかるデータがあれば、各世代の趣向が見えてくるかもしれません。

ここでは仮に、夏場の売上を引っ張っているのは20代、30代のサラリーマンで、その次は60代、足を引っ張っているのは10代という結果が導き出されたとします。

ターゲットの絞り方として見えてくるのが、まず清涼飲料水を夏場によく買ってくれる20代、30代のサラリーマンに人気が出そうな商品企画ということが思い浮かびます。

比較的自由にお金が使えるので、まだまだ新商品を買ってくれる可能性は高いかもしれません。

その次に、10代の若者層。

おこづかいで生活しているとはいえ、購入数が低いというのはきっと原因があるはずです。

その原因をクリアできれば、伸びしろのあるターゲットであるのは間違いありません。

いろいろと悩むところではありますが、ターゲットの選定に参考になるのは自分の経験です。

「自分はどうだっただろう」と、自分の中に問いかけをおこなってください。

仮に10代の若者層をターゲットに決めた場合、自分の高校時代、学校の帰りにコンビニで飲んでいたもの、学校の自動販売機では何が売れていたか、部活のあとには何を飲んでいたかなどを思い返してみるのも一つの方法です。

身近にターゲットとなる存在がいなくても、自分の経験から気づけることがきっとあるはずです。

今回のケースでは、十分に売上のある世代をターゲットとするより、売上が伸び悩んでいる世代を回復させる商品の方が会社への貢献度が高いと考えられます。

そのことからターゲットを10代に絞って思考を進めます。

10代の若者が好きそうな飲料を考えるということで、当初より考える幅は狭まりましたが、10代の若者といっても、まだいろいろと分けることが可能です。

学生か、すでに働いている人か、運動部に所属する学生か部活動をしていない学生かなどと想像します。

自分の経験の中から兄弟や友人といった考えやすそうな身近なターゲットが思い浮かんだら「あの人だったらどんな飲料が好きだろう?」と考え始めてもかまいません。

ここでは、水分補給が必要となる“運動部の学生をターゲット”に決定し、商品のアイデアを考えていくことにしましょう。

例題2の答え

  • 商品を買ってくれるメインの客層となる世代を検討する。
  • 検討した世代を特徴で分類していき、ターゲットをより狭く絞っていく。

プロセス3 解決策を書き出す。

いよいよアイデアの発想段階に入ります。

最初に問題点を発見し、何を考えればいいかという課題を明確にしました。

そして次に、誰に購入してもらうのがベストかというターゲットを選定しました。

ここからは、自分がターゲットの気持ちになってください。

プロセス3-1:ターゲットの気持ちになって、紙に書き出す。

「暮らしが便利になる商品なら買う」、「使い方が面倒な商品はいらない」、「片手で操作できる商品があればよかった」など、さまざまな思いをめぐらせて、一つひとつを書き出していきます。

ここで大事なのは、きちんと書き出しておくことです。

アイデアは言葉で表されます。きちんと浮かんだイメージを言葉にして残せなければ人には伝えられません。

また、何気なくメモした内容が、あとからひらめきにつながることもあります。

紙1枚にできる限り、自分の考えを書き出していってください。

プロセス3-2:書き出した言葉をふくらませていく。

ターゲットの気持ちになって書き出したメモは、それが完成ではありません。

もう出ないと思うところまで書き出したら、今度はそれを眺めながら組み合わせを考えたり、ふくらませていったりとそこからさらに考えを巡らせていきます。

例えば、「スポーツドリンク」という言葉であれば、水分補給、栄養補給が主な機能ですが、飲みやすさを重視した「レモン味のスポーツ飲料」や、空腹感も満たせる「ゼリー状のドリンク」にするなど、連想ゲームのように言葉をつないだり、積み木のように言葉を組み合わせたりしながらイメージをふくらませていきます。

アイデアを考えることが難しいと思ってしまう人でも、「言葉遊びをしてください」というテーマならスムーズに取り掛かれるはずです。

課題を明確にし、ターゲットを絞るというプロセスは、すべて企画のもとになる言葉遊びをするための事前準備だと言い換えることもできます。

例題3

運動部に所属している学生が、夏場に買いたくなる清涼飲料水は、どのように導き出すとよいでしょうか。

解説とヒント

ここまでの内容をまとめると、「夏に運動部の学生が買いたくなる清涼飲料水の企画を考える」ということになります。

当初よりだいぶ考える幅が狭められてきました。そこで、ここからはターゲットにさらに目を向けていきます。

ターゲットは何を求めているのか、何に興味があるのかなど、自分がターゲットの気持ちになり、どうすればターゲットを動かせるかを書き出していきます。

まず、ターゲットに一番飲んでもらいやすい飲料としてスポーツ飲料があります。

市場を見回すと、スポーツ飲料は数え切れないほどの種類があることがわかります。

似たような商品が多く、水分・栄養の補給といった用途や成分にも大きな差がない分野だからこそ、大手メーカーは、スポーツ選手を起用した広告でイメージアップをおこない消費者に選ばれるよう策を講じています。

競争相手の多いところに入り込んでいくには、商品によほどの強みがなければ勝ち上がることはできません。

そこでターゲットはそのままで、スポーツ飲料以外で運動部の学生が飲みたくなるような清涼飲料水を考える方向で思考を進めます。

スポーツ飲料以外で学生に飲んでもらえる商品を考える際、飲んでもらうシーンを変えてみるのはどうでしょう。

スポーツ飲料は、部活動の練習中、休憩時間に飲まれるものです。

では、練習後はどうでしょう。

やっと練習が終わってホッとひと息つける時間、スポーツ飲料はさんざん飲んだので、違う飲み物が欲しいところ。

しかし、ターゲットは運動部に所属していることから、体への気遣いをしっかりおこなっていることが想像できます。

コーヒーや炭酸飲料より、体にやさしいものが好まれるでしょう。

そこで、くつろぎといえば紅茶、紅茶といえばリラックス効果というメモがあったとします。

練習後のひと息つきたいタイミングで飲むには悪くはありません。

さらに、疲れを緩和する効果があるといわれるクエン酸が豊富なレモンが含まれていると、ホッとできて、疲れも取れていいのではないでしょうか。

タンパク質の摂取が必要な運動選手には、豆乳もいいかもしれません。

これまでの内容を組み合わせてみると=「紅茶レモン豆乳」=【豆乳レモンティー】。

素晴らしい飲み物とまではいきませんが、運動後に体を気遣う学生が飲んでくれそうな気がしませんか。

これで、部長に提案できそうな新商品のアイデアが1つ見つかりました。

例題3の答え

  • ターゲットの気持ちになって、考えたことを書き出していく。
  • 書き出したことを、組み合わせ、ふくらませてアイデアを見つける。

プロセス4 繰り返し考える。

課題を発見し、ターゲットを選定し、最後に解決策を書き出す、という流れで思考していくプロセスがアイデアを見つけるための近道です。

しかし、それだけでは思いどおりにアイデアが見つけられない場合もあります。

プロセス4-1:思考のプロセスは変えず、考え続けることがアイデアの発見につながる。

そういったときは、最初に立ち戻り、考えを進める方向性を見直します。

そして、狙えそうなターゲットが他にないかを確認。

ターゲットを変えてみることで、導き出されるアウトプットも変わってきます。

そうしながら思考のプロセスをもう1周します。

見落としていた気づきがあるかもしれないし、最初に気づかなかった新たな発見が見つかるかもしれません。

アイデアは、誰もが見つけられるものですが、すぐに見つかる場合も、逆に時間がかかる場合もあります。

ぐるぐると何度も思考をめぐらせることで、さまざまなアイデアが生まれ、どれが最適かを選ぶことも可能になります。

たった1つの磨き上げたアイデアより、荒削りでもたくさんの選択肢の中から選ぶ方が結果的に、より精度が高いアイデアになることもよくあります。

いいアイデアに出会えることを信じて、アイデアを見つけることをあきらめず思考のプロセスに沿って考え続けてください。

例題の補足

例題では、部長に言われた「新商品の企画を出してほしい」というひと言からご説明しました。

企画を出すということは、導き出された「豆乳レモンティー」というアイデアだけを提出するわけではありません。

思考のプロセスはアイデアの発見に役立つだけでなく、企画書の作成にも効果を発揮します。

企画書の1ページ目には、発見した課題を記入しましょう。

そして2ページ目には、導き出したターゲットを記入。

3ページ目で、見つけたアイデアをしっかりと解説すれば、ただの思いつきではなく、論理的にアイデアの説明ができる説得力のある企画書になるはずです。

例題は新商品の企画でしたが、ぜひ皆さん自身の状況に合わせ、目の前の問題で思考のプロセスを実践してみてください。

きっと、これまでと違った提案が可能になるはずです。

プロセス1〜4のおさらい

最後に、誰でも簡単にアイデアを見つけられる思考術をおさらいします。

これまでにご説明したプロセス(1)〜(4)を繰り返しおこなうことで、素敵なアイデアが見つかる確率は、格段に高くなるはずです。

  • プロセス1 課題を明確にする

課題を明確にするには「どうしてその課題を考えなければならないのか?」という、問題を把握しなければならない。

問題を知ることで、取り組むべき課題が見えてくる。

課題が見えたらまずは現状がどうなっているかをリサーチ。

  • プロセス2 ターゲットを決める

見当違いのアイデアにならないために、誰に向けた商品なのかを細かく決めておく。

ターゲットを細かく絞りこむほど、アウトプットとなるアイデアの精度が高くなる。

  • プロセス3 解決策を書き出す

アイデアは言葉で表現される。

考えたこと、イメージしたことを1枚の紙に書き出していく。

書き出したことを組み合わせたり、ふくらませたり、言葉遊びをめいっぱい楽しむとアイデアの数が増える。

  • プロセス4 繰り返し考える

思考のプロセスを1周して、思いどおりのアイデアが見つからなければ、2周、3周と思考のプロセスを繰り返す。

磨き上げた1つのアイデアより、数ある中から選ぶアイデアのほうが良いこともある。

思考のプロセスは、例題のような商品企画のシーンだけでなく、恋人へのプレゼント選び、結婚式の二次会のパーティー企画など、身近な生活シーンでのアイデアの発想にも使えます。

思考のプロセスを身につけて、ぜひ実際に使いながら自分のスキルアップにご活用ください。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

ビジネススキルカテゴリの最新記事