ホームページソフトを使うメリットとデメリット

ホームページソフトを使うメリットとデメリット

無料のホームページ作成サービスを利用しているアフィリエイターや個人事業主の方で、

「もっとおしゃれなホームページを自分で作りたい!」

「他のホームページサイトと差をつけたい!」

とお考えになってソフトの購入を検討されていませんか?

ウェブ上のツールでホームページを作成するよりも、ソフトを使った方がより凝ったオリジナリティのあるホームページを作成できます。

ところが、多くの企業がさまざまなソフトを提供しており、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこでこの授業では、数あるホームページ作成ソフトからおすすめをピックアップしてその特徴や違いについて徹底的に解説します。

あなたのスキルや、作りたいホームページのジャンルによって、使うべきホームページ作成ソフトは変わってきます。

ぜひあなたにピッタリのホームページ作成ソフトを見つけて、思い通りの素敵なホームページを作成してみてください。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

ホームページ制作ソフトを使うメリット

ホームページソフトを使うメリットとデメリット①

まずはホームページ制作ソフトを使うメリットをまとめてみました。

ホームページ制作ソフトを使う最も大きなメリットは、「ソースを書かなくてもホームページ制作ができてしまう」ということです。

最近では少なくなりましたが最初の頃は、こういったホームページソフトを使うことはできるけれど、コーディングはできないといった制作会社もありました。

実際に今では、コーディングができなくても基本的なホームページであれば作ることができてしまいます。

それだけ簡単にホームページを作ることが出来るので、ホームページ制作初心者の方でもある程度見栄えのいいホームページを作ることが出来ます。

特にデザイナーで画像作成などを中心に行いたい方であれば、こういったソフトを利用してホームページ制作を始める事は間違いではありません。

また、ソフトを使うメリットとして、大半のものは買い切り型であるという所も挙げられます。

インターネット上のホームページ制作サービスは、無料プランもありますが、独自ドメインを使おうと考えた場合は月額または年額が発生する事がほとんどです。

ホームページは制作後に、長ければ数年~数十年は運営していくことになります。

その際に買い切り型であれば、初期費用は1万円前後とかさみますが、月800円前後のホームページ制作サービスを利用した場合、1年程度でほぼ変わらない金額になります。

その為数年間使い続けるのであれば、買い切り型のホームページ制作ソフトのほうが料金面ではお得といえます。

ホームページ制作ソフトを使うデメリット

それではホームページ制作ソフトを使うデメリットはどんな所にあるのでしょうか。

まずひとつに、「HTML・スクリプトへの拒否感」が生まれてしまう、という所が挙げられます。

というのも、しっかりとオリジナルのホームページを作ろうと考えた場合に、HTMLとCSSは最低限必要であり、動的な要素を含めたいのであればJavaScriptについても覚えておく必要があります。

しかし制作ソフトに頼れば感覚的にホームページを作り上げることができ、あえてHTMLなどを覚えなくてもサイトが作れる為、スクリプトやHTMLを書くという事が億劫に感じてしまいます。

実際に慣れるまではホームページ制作ソフトを使ったほうが圧倒的に早く制作が終わりますが、様々な要素を含んだサイトを構築したくなった際に、自由度が低い所が難点になってくるでしょう。

次にあるデメリットは、パソコンのOSに影響されやすいポイントになります。

特にwindowsユーザーの方がホームページ制作ソフトを使っていると、OSが変わった際にうまく動作しないという危険性が考えられます。

こうなってしまうとデータ移行が必要であったり、新たなソフトを購入しなければいけない場合になったりする可能性も出てきます。

そして制作側としてのデメリットとして、ソースを直接書いていないため、実は不必要なタグが気づかない内に大量発生してしまっていたり、head内は触れないようになっていたりするためうまくタグが設置できないといった状況が発生する点があります。

また自分でコーディングをしているわけではないので、何か不具合が起きたときに解決策が分かりづらいのも、初めて使う方にとっては大きなデメリットになってしまうでしょう。

有名なホームページ制作ソフトの紹介

ホームページソフトを使うメリットとデメリット②

それでは実際に、ホームページ制作ソフトを使っていこうと決めた方に向けて、どのようなソフトがあるのかをご紹介していきたいと思います。

まずホームページ制作ソフトを選ぶポイントとして、なるべくメジャーなツールである必要があります。

なぜならばホームページは先ほどもお伝えした通り長期で使うものであり、OSに依存しやすいものだからです。

あまり有名でないものや、始まったばかりのホームページ制作ソフトを使ってしまうと、そういったOSの影響に対応した新バージョンが出ない可能性もあります。

そこで、ホームページ制作ソフトとして有名なものを3つご紹介したいと思います。

  1. Sirius(シリウス)
  2. DreamWeaver(ドリームウェバー)
  3. ホームページビルダー

これらはどれも数年以上続くホームページ制作ソフトですが、それぞれに特徴があるので覚えておきましょう。

ホームページ制作ソフト「Sirius」とは?そのメリット・デメリット

Siriusは、株式会社ACES WEBという会社が発売しているホームページ作成ソフトです。この後ご紹介するDreamWeaverやホームページビルダーに比べると比較的新しいものになります。

このホームページ制作ソフトは、アフィリエイターといわれる、インターネット広告の収益を目的としたサイト運営をしている人々に高く評価されています。

実際にホームページ制作において、マネタイズ・稼ぐというところに特化した機能がデフォルトで入っています。

例えばランキングの機能や、口コミを書くための機能など、購入につなげる仕組みがタグを打つことなく設計できます。

値段も18,800円または上位版が24,800円と、手ごろに購入することが可能なのもメリットといえます。

デメリットとしては、アフィリエイト用のテンプレート要素が強いため、コーポレートサイトや公式ホームページには向かない点です。

また先ほどお伝えした通り、「売る」「申込」といった点に注力をしているソフトでもあるため、そういった機能を求めていない方にとっては使いづらいかも知れません。

Dreamweaver(ドリームウィバー)とは?そのメリット・デメリット

ドリームウィーバーは、Adobeが提供しているホームページ制作ソフトです。

Adobeのイメージとして、一般的なパソコンのユーザーであればPDF、デザイン系の方であればPhotoshopなどをイメージされる方が多いと思います。

PhotoshopもそうですがDreamweaverも、デザイン系に特化した比較的プロ向けの仕様になっています。

先程のホームページビルダーやSiriusといったホームページ制作ソフトは、初心者でも簡単にサイト制作が出来る仕様になっています。

そのためHTMLやCSSなどの知識がなくてもホームページ制作が可能です。

しかしドリームウィバーの場合は、全くそういった知識がない場合だと構築するのは難しくなります。

ただPhotoshopなどを手掛けているAdobeが提供している事もあり、画像との連携やチュートリアルなども多く用意されているので、しっかり勉強しようとお考えの方にはお勧めのソフトといえるでしょう。

デザインや構築などを本格的に行っていきたい場合は、Creative Cloudの1ツールとして利用することができるため、お得なツールといえます。

Dreamweaver単体での購入であれば月2,180円から可能なので、価格的に取り組みやすい事もメリットとなります。

ホームページビルダーとは?そのメリット・デメリット

ホームページビルダーは、ホームページ制作ソフトの中では非常にメジャーなツールです。

発売しているのは、株式会社ジャストシステムという東証一部に上場している会社です。

昔は古めかしいデザインのホームページしか作れないイメージもあったツールでしたが、現在では約4000種類以上のホームページをテンプレートから選択してサイトを作る事が可能です。

またネットショップに対応したテンプレートもあり、バナー素材なども豊富に入っているためほぼ画像作成の手間なく収益サイトの構築が可能です。

コーポレートサイトや公式サイトにも使われることが多いため、業界・業種ごとにテンプレートが用意されているのが特徴といえます。

値段は8,500円~27,108円と幅広くありますが、基本的な機能の利用であれば8,500円のものでも十分活用することが可能です。

このソフトのデメリットは、バージョンが頻繁に変わる点です。実際に使われている方の中には最新バージョンを使わなければいけないのだろうかと毎回購入していらっしゃる方もいるようです。

まとめ

今回はホームページ制作ソフトを使うメリットとおすすめの3つのホームページ制作ソフトをご紹介してきました。

もちろんどのツールにも長所と短所があります。ホームページ制作の初心者の方に向けて書いた記事でもお伝えしましたが、どのような理由でホームページ制作をしたいのか・どういったサイトを作りたいのかという事を踏まえて制作ソフトを選ぶことをおすすめします。

取り急ぎHTMLなどの知識が不要で、出来上がったサイトを活用して利益を生みたいという方であれば、Siriusやホームページビルダーがおすすめです。

その際は構築に対しての時間はあまりかけることなく、コンテンツの作成やデザインの編集を行うことができます。

そのなかでホームページ制作の基本的なHTMLやCSSを学んでいくことができるのです。

それに対してWebデザインやコーディングを学ぶことで、ホームページ制作自体でお金を仕事にしていきたい、もしくは学びたいという方はホームページビルダー、少し知識がある方はDreamweaverを使っていくことをおすすめします。

是非目的に合わせた適切なホームページ制作ソフトを選び、マスターしていきましょう。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

マーケティング職の仕事カテゴリの最新記事