ホームページ制作の必需品!ライティングのコツとは

ホームページ制作の必需品!ライティングのコツとは

ホームページ制作にとって、ライティングはとても重要なものです。

なぜならライティングは、サイトにコンテンツを増やして、サイトの中身を充実させて行くうえで欠かせないスキルだからです。

ライティングは、ホームページ制作だけでなく、資料作りやプレゼンテーションなど様々な場面で活用することができます。

けれど、誰でもすぐにライティングができるとは限りません。ただし、コツさえ掴んでしまえば読み手の心を掴む文章を書くことができるようになりますよ。

この記事では、ホームページ制作に欠かせないライティングスキルを身に着けるための極意についてお話します。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

ホームページ制作とライティングの関係とは

ウェブ解析士を目指すために必要な勉強方法①

ホームページなどの制作時や、コンテンツを増やしていきたいなと思っているときに、文章を外注に依頼する方法があります。

それはいわゆるWebライターと呼ばれる仕事をしている方に頼むものです。

専門職があるほど、ホームページとライティングの結びつきは固いといえます。

そして実際に、Webライターはいくつかの法則やルールに乗っ取って文章を作っています。

そういったポイントを知っておくだけでも、下記のようなライティングによくある問題は解消されます。

  • なんだか文章がまとまらない
  • 反応が薄い
  • 読んでもらえてない

そして最近では、クラウドソーシングの普及により、これからWebライターとして働きたいという方も多いでしょう。

ただ何から始めればいいのだろうと思っている方も多いと思います。

そういった方も、これから説明することに気を付けるだけで、文章が劇的にうまくなることができるでしょう。

ホームページにおけるライティングの3つの大切な視点

ホームページ制作の必需品!ライティングのコツとは②

まず、ホームページ制作やコンテンツによって、ライターは書くものが変わってきます。

ただ不変なポイントというのもあるのです。それがライティング中に意識する視点についてです。

Webライターがコンテンツライティングをする場合に意識する視点は、全部で三つです。

  1. ライティングを依頼してくれた方が書いてほしいという視点
  2. コンテンツを読んでもらえる人の層に合わせた視点
  3. SEOの基準という視点

ライティングを依頼してくれた方が書いてほしいという視点

まず、文章を依頼してくれたクライアントがどういったものを求めているのかを知ります。

“どういった年代に向けて”なのか、“どういったサイトにしたい”のか、“コンテンツの最終的な目的”を知ることで文章の書き方が変わってきます。

年代への文章の合わせ方は次の「コンテンツを読んでもらえる方の層に合わせた提案」について書いていきます。

どういったサイトにするのかが分かれば、そこも意識して書いていきます。

例えば、競合他社が明確なホームページ制作のコンテンツ内で、競合他社の名前や金額を分かるように出して比較したりする文章は嫌がられますので、できるだけ避けたいところです。

そして、依頼してくれた方のコンテンツの最終的な目的は主に二つあります。

  1. 集客を目的としている
  2. サイトのアクセス数を増やしたい

この二つです。

問い合わせや集客のことを「コンバージョン」といい、最終的な目標をそこに持っているときはコンバージョンに合わせた文章を書くのが良いでしょう。

例えば商品を紹介するときにその商品を買いたくなる文章を書くと、集客という目標につながる可能性も出てきます。

サイトのアクセス数を増やしたいなら、淡々とその商品について成分や効果などを伝えていくなど情報サイトとしてのコンテンツにするのもよいでしょう。

その二つの違いで、ずいぶんと文章が変わってきます。

「そこでおすすめなのがこの商品です。」

と悩みに対して解決してあげる文章にすると買いたくなる方もいます。

「この商品はこの成分が〇%入っているので、体の中でこのように作用します。そのため○○に効果があるといわれています。」

このようにデータに基づいて書いて、ユーザーの悩みに寄り添い続けたコンテンツを書いていくと、前者のような問合せをしたいユーザーにしっかりと呼んでもらうことができ、コンバージョンする可能性があります。

まず集客したいのか、見てほしいサイトにしたいのかの確認と、そのために作るコンテンツはどのような方向性にしていくのかをクライアントと確かめていくのが大切です。

コンテンツを読んでもらえる人の層に合わせた提案とは

ホームページ制作の必需品!ライティングのコツとは

クライアントから求めていることを確認したら、次に大切なのはそのコンテンツを読んでくれるユーザーのことを考えていく必要があります。

ここが文章を書く上で何よりも重要なところになります。

まず、そのコンテンツを読んでくれている方たちの目線に立って文章を作っていきます。

テーマを決めてターゲットを絞っていきます。

例えば、「エステ 痩身」というキーワードだとすると、エステ痩身をネットで調べることが多い年代や性別をある程度絞りだします。

20代から30代の女性の検索が多いのであれば、20代から30代の女性を主にした文章を書きます。

基本的にWebライティングは、堅苦しい文章や言い回しをするより、簡単な言葉で、分かりやすい文章にすることが一番です。

そのために大切なことは、この三つです。

  1. ひらがなと漢字、カタカナのバランスをとる
  2. 語尾を、です。ます。調で揃える
  3. 簡単な単語や、分かりやすい単語を使う

「当店のエステでは、新陳代謝を高めて痩せるためのマッサージを専門に行っております。また、独自に開発した血行を良くするためのマッサージジェルを使って、気になる部分に合わせたマッサージで効果を高めます。」

「当店では同化作用を促し増強させて、痩身施術を専門に取り扱っております。当社で開発した血行促進美容液を使用し、部位毎に効果がある施術が売りでございます。」

上下の文章だと、上の方が読みやすくなっていると思います。

どちらも同じ意味なのですが、下の文章はかた苦しく感じますし、とても読みにくいですよね。

これは先ほどお伝えした、漢字とひらがなやカタカナのバランスが漢字に偏っていることが一番にあげられます。

漢字ばかり使うと、いちいち頭の中で変換しないといけないので読みにくいですし、ぱっと見て何が書いてあるのか分かりにくくなります。

また、ひらがなばかりの文章を読むのも、意味が分からなくなりやすく、読みにくくなってしまうので、バランスを見て文章にしていきましょう。

また、語尾を“です。”“ます。”調に統一することで読みやすさが出てきます。

しかし、ずっと同じ語尾が続いてしまうと読みにくい文章になってしまいます。

「マッサージをしています。気持ちいいと感じます。効果もあったので、また通おうと思っています。」

ずっと“ます。”で終わっているので、なんだか単調でつまらない文章になってしまっています。

「マッサージを受けてきました。気持ちよくて日頃の疲れも取れたように感じます。マッサージの効果があったので通おうと思っています。」

こちらの方が語尾のリズムがあるので、読みやすくなりましたね。

SEOの基準」を使って読みやすい文章を作ろう

ホームページ制作するうえで、ライティングとSEOは切っても切れない存在です。

いくら読みやすい文章を作っても、いくら見てくれる方のために作ったサイトでも、読んでくれる方がいなければ意味がありません。

読んでくれる方を増やす方法で一番効果が高いのが、SEOです。

SEOとは、「サーチエンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略で、関連するキーワードで検索したときに、そのサイトやコンテンツを上位表示する方法です。

その上位に表示させる方法はたくさんあるのですが、その中の一つにホームページサイト内のコンテンツの充実化があげられます。

しかし、困ったことに上位表示するサイトを決めるのは、Googleです。

評価を高めるためGoogleの独自の方法に基づいた文章を作る必要があるのです。

そこで重要になってくるのが、以下の5点です。

  1. 文章の長さは2000から3000文字以上
  2. キーワードは分かりやすくする
  3. 分かりやすい文章であるか
  4. 検索している人の欲しい情報が載っているか
  5. 画像などのコンテンツの充実

また、他のサイトのコピペや構成の仕方が同じだとGoogleは古い記事を優先して評価します。

参考にすることは大切ですが、自分でかみ砕いて、オリジナルの言葉でライティングをすることを意識していきましょう。

それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

文章の長さ

2,000文字以上は、文章はほしいところです。

昔は1,500から2,000文字でも十分とされてきましたが、今では2,500文字以上あるほうがGoogleから評価される可能性が高くなるため、おすすめです。

これは文字数の重要性に気づいた方たちが、長文タイプのページを大量に作っていることによって起きている現象ともいえます。

キーワードは分かりやすくする

キーワードを文章に入れていくときは、分かりやすいところに入れておくようにしましょう。

Webライティングでは、先に結論を伝え、その内容を詳しく見ていき、また最後に結論と内容を伝えていきます。

分かりやすさや、見やすさを重視したときに、Googleからしてみると結論が最後にあると「このサイトは分かりにくいな」と評価が下がってしまいます。

「エステ 痩身」のキーワードでコンテンツを作りたいときは、「エステ」と「痩身」のキーワードは初めの300文字以内に入れておきましょう。

例としては、

「当サイトでは、エステで痩身マッサージを受けたい方の為に作られた情報サイトです。エリアごとの人気のエステ店や、口コミなどをご紹介しております。」

というものです。

分かりやすい文章であるか

こちらは、先ほどお伝えしたユーザー視点に沿った文章の書き方や、分かりやすい文章の書き方の他に構成力も含まれます。

分かりやすい文章を書くのには、構成がとても大切です。

まず2,000文字なら3つか4つにサブタイトルを付けて区切っていきます。

書きたいこと、伝えたいことを3つか4つにまとめ、最初に題名とサブタイトルを決めておきましょう。

題名はキーワードを入れるようにすると効果的です。

サブタイトルはキーワードと題名に関連したサブタイトルにします。

最初に題名やサブタイトルを決めておくのは、内容がぶれないようにするためです。

何も決めずに書いてしまうと、文章が迷子になってしまうことがあります。

また題名やサブタイトルという指標を決めてあげることで、調べることが明確になるのでおすすめです。

また、分かりやすさでいうと、写真との兼ね合いも大切です。

ただ写真を多く使う文章だと、3,000文字は長く感じてしまうと思います。

なぜなら、文章全体の情報量が多くなりすぎて見苦しくなってしまうからです。

写真やデザインと合わせて、文章の長さを決めてその中にまとめる能力も必要になり、時には書いた文章を、思いきって消す必要もあるでしょう。

検索している方の欲しい情報が載っているか

見てくれる方が満足する結果にならなければ、ライティングの意味がありません。

いくらその文を読んでいても、結論にたどり着かなければ、飽きてしてしまいます。

そうなってしまっては、文章を読んでも満足できません。

検索して文章を読んでいる方は、何か悩みがあって解決したくて検索しているはずです。

解決策がないサイトはすぐに飽きられてしまいます。

コンテンツの充実

サイト内の情報量が充実していると、Googleからの評価が高くなります。

そのキーワードに関係する、様々な情報が載っているほうが高く評価されやすくなるのです。

それはホームページのサイトの充実度もそうですが、一つの文章に対しても言えることです。

しっかりと文章を作り上げ、一つ一つのコンテンツを作り上げていく地道な努力が、訪問したユーザーから支持をされ、Googleからも評価され、結果的にSEOに対しても効果が出やすくなるのです。

まとめ

実際にライティングですべてをしっかりと書こうとすると、すごく難しいことが分かります。

自分が知っていることだからあれもこれも書きたい、付け足したいとなってしまいがちです。

しかし、一度「見やすい文章か」「充実した内容か」「自然な流れか」といった視点で構成を点見直す必要があります。

人は文章をしっかり隅々まで読むというのは、過度な期待です。

逆に読まないからこそ、知りたいことに対して解決をする。

そういったどこに目線を合わせるのかが、ライティングには大切になってきます。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

ビジネススキルカテゴリの最新記事