ホームページ制作においてテンプレートを使うメリット・デメリット

ホームページ制作においてテンプレートを使うメリット・デメリット

ホームページ作成を外部に委託したいけど高いなと感じた時に、手軽に高品質なデザインのサイトを持つことができるのが「ホームページテンプレート」を使ったサイト制作です。

テンプレートを使えば、自分でコーディングをする必要もなく、安いコストで自分のホームページを持つことができます。

特に、WordPressを使用した場合は、フリーテンプレートがあるのでほとんどデザインで困るといったことはありません。

ところが、無料のホームページテンプレートを使ったときに誰もが陥いってしまう失敗があります。

このコースでは、ホームページ制作でテンプレートを使用する際の注意事項や、WordPressやHTMLを利用する際のメリット・デメリットについて解説します。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

ホームページ制作テンプレートとは?

ホームページ制作においてテンプレートを使うメリット・デメリット①

ホームページ制作のテンプレートは、様々な会社・個人から発売されている、ホームページのデザインやシステムの枠をさします。

こういったテンプレートを使うことで、手間をかけることなくホームページの形を手に入れることができ、あとは調整をしていけば理想的なホームページができてしまいます。

実際に高額な制作費を払って作るオリジナルのホームページと比較しても、孫色がないレベルのホームページが出来てしまうこともあります。

またこれからホームページを立ち上げよう、ホームページの制作スキルを手に入れようと考えている方にとっても、ホームページ制作テンプレートは有効なものです。

最初ホームページを作るのに、見本が必要です。

どのような構造にすればいいのか、そしてどのようなソースを書けばいいのかが分からなければ、何から進めていけばいいのかが分からなくなってしまうでしょう。

そしてそういったテンプレートを編集していくうちに、自身のソースへの理解や技術も上がっていきやすく、まずはテンプレートを利用して学習をしていくのが近道です。

WordPressのテンプレートを使うメリット・デメリット

WordPressにおけるテンプレートを使うメリットは、二つあります。

  1. PHPがわからなくても、高品質なデザインができる
  2. プラグインを使わなくてもいいような設計にできているものもある

まずWordpressを使う場合の障壁になり易いのが、PHPです。

HTMLやCSSまではわかるけどPHPになると極度に不安という方も多いのではないでしょうか。

そもそもHTMLはマークアップ言語であり、その構造などを示すものです。

その点、PHPはサーバーサイドスクリプトというプログラミング言語です。

プログラミング言語の場合はデータベースとの連携によっての演算などができることがポイントですが、わかりづらくもなってしまいます。

そのなかでWordpressのテンプレートを使えばHTML面の知識でカバーができるWordpressテンプレートの魅力は大きいものといえます。

そして次にあげられるのが、プラグインとの兼ね合いです。

WordPressの特徴としてこのプラグインが使えることは本当に素晴らしいことで、便利なことです。

しかし実際使っていく中で、サイト自体が重くなったり、プラグイン同士が競合してしまいうまく動かなくなったりなど、問題が起きてきます。

WordPressのテンプレートの中にはそういった提案のプラグインとして使われている部分を先にテンプレートで補ってくれているものもあります。

それは使い慣れた人からしても便利ですし、これから初めて使うという方も定番プラグインが入っているため、すぐにサイト運営をすることができるのです。

HTMLテンプレートのテンプレートを使うメリット・デメリット

ホームページ制作においてテンプレートを使うメリット・デメリット②

そしてホームページ制作の勉強をこれから始めたいという方におすすめなのが、「HTMLテンプレート」です。

制作面でもテンプレートを使うことで、ラフなどを作る手間も省けるといったこともあります。

しかしもっともおすすめしたいのは、学習として使うことです。

WordPressのテンプレートの場合は、Wordpressのインストールから外観、テーマの変更と簡単な流れですぐ使えてしまいます。

しかし先ほどお伝えした通りWordpressを構築しているものはサーバーサイドスクリプトであるPHPとサーバのデータベースであるMySQLによって作り上げられています。

そのため基本的にソースを変更しながら編集を行う場合は、インターネットの接続が必要になります。

その点、HTMLファイルは静的なファイルのため、パソコン上のみで表現することができます。

例えば自分の中でこういったデザインしたいなと考えたときに、Javascriptなどを使いたい場合などもあると思います。

そういったときもローカル上で作業をできることはメリットです。

もちろんWordpressでもローカル上で作業をすることは可能ですが、その場合はXAMPPなどをインストールし環境構築を行わなければいけません。

HTMLのテンプレートであれば、エディタを用意すればいいだけと考えると楽ですよね。

テンプレートを使用する際の注意点

ここまでは勉強としてWordpressテンプレート・HTMLテンプレートを使うメリット・デメリットをお伝えしてきました。

ここからは実際に仕事やプライベートなど、インターネット上に公開する際の注意点をお伝えしていきたいと思います。

まず覚えておくべきことは、「無料で配っていたからといって好きにしていいわけではない」ということです。

インターネット上では無料で配られているから、著作権も放棄しているものとして扱い問題になることがあります。

例えばホームページのテンプレートだとフッターの部分などにcopyrightなどが残っている場合があります。

そこを消していいのか、悪いのかなどもしっかりと読んでから行わなければいけません。

そして二次配布や利用などについても注意点が必要になります。

有料でテンプレートを購入したとしても、1クライアントに限るなどと書いてある場合があります。

その場合はそのテンプレートを使って知り合いの会社のサイトを作ってはいけないのです。

テンプレートは便利なものですが、それはそれぞれが作った個人の方の作品であり、会社の商品であることは間違いないのです。

個人としてテンプレートから学ぶことは自由ですが営利目的で利用する場合などは注意しましょう。

まとめ

今回はホームページ制作テンプレートについてまとめてきました。

世の中には本当に美しくて便利なテンプレートがあふれています。

実際に自分で手を動かし、ラフを書き、コードを書く作業を考えると大幅に短縮することができてしまいます。

実際にホームページ制作のなかで、運営やコンテンツなどの構築に興味がある方は、まずはテンプレートから入り、中身を作り上げていく中でカスタマイズなどを覚えていくのもおすすめです。

ホームページ制作はいわゆる箱の部分だけでなく、中身も含めてのホームページ制作です。

うまくテンプレートを活用して、自分が学びやすい方法を見つけていってみてはいかがでしょうか。

この記事の内容はWAKE UPの授業動画で公開中です

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

ビジネススキルカテゴリの最新記事