ビジネスに役立つExcel(エクセル)ショートカット18選

ビジネスに役立つExcel(エクセル)ショートカット18選

事務作業の基本となる「Excel(エクセル)」。

多くの類似サービスが登場した今でも、その需要は根強いものがあります。

「毎日の業務を効率化して、もっと業務スピードを上げたい!」

そう思っている人も多いのではないでしょうか。

Excelでの作業効率を上げるためには、知っておきたいショートカットキーが数多くあります。

今回は、知っておけば得をする、ビジネスに役立つExcelのショートカットキーをご紹介したいと思います。

ショートカットを知って、作業を効率化する

ビジネスに役立つExcel(エクセル)ショートカット18選①

Excelでの業務効率を上げるためにはぜひ知っておきたい「ショートカット」。

基礎的なものだけでも知っておけば、かなりの作業時間短縮を見込めます。

Excelに限らず、PowerPointやWordなど、Office製品についてのテクニックはビジネスパーソンとして身につけておくべきスキルのひとつです。

ただ、Excelのショートカットは非常に多くの種類があり、初めからすべてを覚えるのは至難の業です。

まずは、押さえておきたい基本的なショートカットキーと、それを使う時のポイントを解説していきます。

Ctrlキーを使ったショートカットキー10選

ビジネスに役立つExcel(エクセル)ショートカット18選②

Excelにおいて、[Ctrl]キーを使ったショートカットには主に「コピー&ペースト」に関する便利なものが多く存在します。

[Ctrl]+[C]/[Ctrl]+[Ins]

選択したセルの内容をコピーします。複数のセルを選択することも可能です。

[Ctrl]+[V]

コピーしたセルの内容を選択したセルに貼りつけることができます。

[Ctrl]+[X]

選択したセルを切り取ります。

別の場所に移動させる時や間違えた時に便利です。複数のセルを選択することも可能です。

[Ctrl]+[Z]

直近の操作を取り消し、ひとつ前の状態に戻します。

間違えてセルを削除してしまった時などにも、削除前の状態に戻してくれます。

[Ctrl]+[Y]

[Ctrl]+[Z]で戻りすぎた時などに元に戻してくれます。[Ctrl]+[Z]が「ひとつ前に戻る」[Ctrl]+[Y]が「ひとつあとに戻る」という風に覚えるといいかもしれません。

[Ctrl]+[S]

上書き保存ができます。「ファイル」>「上書き保存」という手順が省けるため、こまめに保存しておきたいデータなどを編集する時に便利です。

「編集途中でデータが消えた!」なんてことをなくすためにも、こまめな上書き保存は大事です。

[Ctrl]+[D]

選択範囲内の一番上の行にあるセルの内容を、選択範囲内の一番下までコピーして貼りつけます。複数列を選択することも可能です。

[Ctrl]+[R]

選択範囲内の一番左の列にあるセルの内容を、選択範囲内の一番右までコピーして貼りつけます。複数行を選択することも可能です。

[Ctrl]+[A]

シート全体を選択します。シートの内容を一括でコピーしたい時、削除したい時などに便利です。

セルの書式設定に関するショートカットキー5選

Excelでは、書式に関するさまざまな設定が可能です。

金額を表すセルは「¥」表記、日付を表すセルは「○月○日」表記など、入力した値を自動的に指定した書式での表記に変更してくれます。

このような書式設定にも、便利なショートカットキーが存在します。

[Ctrl]+[1]

「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示するショートカットキーです。「ホーム」タブ以外のタブを表示している時にも使用可能です。

セルの書式設定画面を簡単に開くことができ、ここから設定したい書式を選ぶことができます。

[Ctrl]+[Shift]+[3]

選択しているセルの書式を「日付」に設定することができます。

[Ctrl]+[Shift]+[4]

選択しているセルの書式を「通貨」に設定することができます。

[Ctrl] +[Shift] +[5]

選択しているセルの書式を「パーセンテージ」に設定することができます。

[Ctrl]+[Shift]+[@]

シート内のすべてのセルを「標準」の書式設定で表示します。

その状態の時は新たに書式設定をしても反映されません。元の表示に戻す時はもう一度[Ctrl]+[Shift]+[@]を押してください。

番外編:[Alt]→[H]→[H]

セルに色をつけたい時には、リボン操作で[Alt]→[H]→[H]を押すと色選択画面の表示ができます。文字の色を変えるには[Alt]→[H]→[F]→[C]を押して文字の色を選んでください。

番外編:[Alt]→[H]→[A]→[L/C/R]

セル内データの左揃え/中央揃え/右揃えにする時にもリボン操作が便利です。

[Alt]→[H]→[A]を押したあと、左揃えにする場合は[L]、中央揃えにする場合は[C]、右揃えにする場合は[R]を押してください。

日付、時刻に関するショートカットキー2選

日付や時刻は、毎回すべて入力していると非常に手間がかかります。

これらの入力についてもショートカットキーを覚えておくと業務の効率化を図れるでしょう。

[Ctrl]+[+]

その日の日付を入力できます。

[Ctrl]+[*]

その時の時刻を入力できます。

SUM関数に関するショートカット

ビジネスに役立つExcel(エクセル)ショートカット18選③

Excelでのデータ管理を行う上でとても便利な「関数」。

そのなかでも、最も基本的で、頻繁に使うもののひとつが「SUM関数」です。

SUM関数指定のセルの合計値を求める関数であるSUM関数は、複数のセルの集計に非常に役立ちます。

ここからは、そんなSUM関数に関するショートカットキーをご紹介します。

[Alt]+[Shift]+[ =]

指定したセルに、SUM関数を割り当てられます。

「=SUM()」という関数が入力されたら、次に合計値を出したいセルの範囲を指定します。

Excelには「オートSUM」というボタンが存在し、それを利用すれば同じようにSUM関数を入力することができますが、「数式」タブを開いてオートSUMボタンをクリックするよりもショートカットキーは圧倒的に早くSUM関数を入力することができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ビジネスパーソンなら知っておきたい基本的なExcelショートカットキーを厳選して紹介しました。

Excelを始めとしたOffice製品は、現代のビジネスにおいて必要不可欠なツールです。最低限のショートカットキーを知っておかないと、ビジネスパーソンとしての基礎的な能力を疑われてしまうこともあります。

慣れるまでは逆に時間がかかってしまうこともあるでしょう。

しかし、覚えてしまえば業務の効率化のための大きな武器になってくれるはずです。

少しでも多くのショートカットキーを覚えておくことは、作業スピードを上げ、同僚や先輩社員に一歩差をつける助けにもなってくれるかもしれません。

基本的なExcelスキルをしっかりと身につけ、今よりもワンランク上のビジネスパーソンを目指していきましょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

ビジネススキルカテゴリの最新記事