種類による企画職の違い

種類による企画職の違い

一般的に企画職と聞くと、商品の開発や企画などを行う「商品企画」を思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし、ひと口に企画職と言っても、その種類はさまざまです。企業によってもそのくくりは異なり、仕事の内容や会社内での役割も異なります。

今回は、一般的な企画職の種類と仕事内容について、それぞれ解説していきます。

代表的な企画職の種類

宣伝企画職

宣伝企画職の仕事は市場の動向を調査、分析し、自社製品やサービスの販売、開発に活かすことです。

場合によってはモニター調査やアンケート調査、店頭での売れ筋商品のチェックなども必要です。

最近では、インターネットを活用したマーケティングも必要になってくるため、それらに関する知識も大切だと言えるでしょう。

広い視野で消費者のニーズを観察する必要がある仕事で、マーケティングの要素も強いためマーケティング職と同様の扱いになっている企業も存在します。

広報企画職

宣伝企画職と混同されることも多く、マーケティングに加えブランディングなど、広報に関する知識も重要になってくるのがこの広報企画職です。

自社商品やサービスの認知を広め、販売や開発に活かすことは宣伝企画職と同じですが、宣伝企画職が基本的に広告代理店などに宣伝業務を委託するのに対し、広報企画職では基本的に、社内のリソースを活用して商品やサービス、企業についての認知を広めていきます。

業務内容としては、自社サイト、各種メディアなどでのプレスリリースや宣伝のためのイベントなどがメインになっており、宣伝企画職に比べ予算を抑え、自分たちの力で広く商品認知を広める努力が必要になってくるでしょう。

商品企画職

市場の動きや消費者のニーズを踏まえ、新しい商品を作り出すのが商品企画職です。

主にメーカーが活躍の場になりますが、旅行会社、外食店舗、小売りを行う流通企業でも活躍しています。

製品や市場について十分な知識を持つことはもちろんですが、顧客や消費者に接した経験も重要視されます。

営業職や販売職を経て、商品企画職に配属されるケースも多く、その場合は消費者の声を近い距離で聞いた経験が生かされることになるでしょう。

メーカーの商品企画職は、大きく2つに分類されます。

1つは新市場開拓を目的とする新規事業開発、2つ目は既にある商品やブランドの新規商材を開発する既存事業開発です。この2つは同じ商品開発でも特性が異なります。

新規事業開発は「どこの市場を狙うべきか」から始める必要があるため、市場調査に多くの予算と人員が必要になります。

また、どんなターゲットを狙うか、消費者のどんなニーズに応えるか、商品のどのポイントを魅力とするか、などを一から設定しなければならないため、実際に商品化されて発売されるまで長い年月がかかる傾向にあります。

一方、主に既存の市場に向けて「どうしたらシェアを拡大できるか」を考える既存事業開発では、基本的なターゲットや商品設計は既存の商品に依存する傾向にあります。

ただ、既存サービスの売り上げ動向などのデータをもとに、商品機能の強化、コストダウンなど、サービスの改善に関する戦略が必要となります。

企画から商品化までの期間は新規事業開発に比べると短くなることも多く、短期間で結果を求めることもあるでしょう。

それぞれ内容は異なりますが、どちらもメーカーにとって中心となる重要な職種です。

営業企画職

営業部門が目標達成するための戦略や目標をしっかりと立て、その達成をバックアップするのが営業企画職の仕事です。そのため、その業務内容も多岐にわたります。

営業戦術の決定、営業戦略立案、目標設定、インセンティブに関わる企画、営業実績の把握と対策、販促ツールの制作、競合の情報収集、提案資料作成などが挙げられます。

目標達成のために、営業部の社員一人一人のモチベーションを保つとともに、売れる環境を作ることも求められます。

そのため、営業職で働いたことのある人は自らの経験を活かせる職種です。

商品企画職が求められる業界

それぞれ特徴を持つ企画職種のなかでも、その一般的な認知度の高さやクリエイティブな印象から転職、就活市場で人気の高い「商品企画」。

商品企画職は、「商品を生み出す」という特性上、ほかの企画職種に比べ働く業界や企業によってその仕事の進め方や内容が大きく異なる仕事でもあります。

サービス業界や小売業界、アパレル業界など、数多くの業界で求められています。ここからは、そのなかのいくつかを例に挙げその特徴をご紹介していきます。

アパレル商品企画

アパレルの商品企画職は、市場調査、最新のトレンド、消費者のニーズ、シーズンごとに違ってくるコンセプトなどを考えながら、新商品を企画、提案する仕事です。

一概に企画と言っても、どのようなコンセプトを打ち出しどんな生地を使うのか、どのように旬のデザインを取り入れるのか、どのくらいの生産量にし予算をかけるのかなど、考えなければいけないことは多岐にわたります。

また、実際に企画した商品をどのくらい売るのかといった販売計画も重要であり、価格設定を考えなければいけないケースもあります。

提案した企画が通ったら、生地やデザインを決定します。製造過程企画や生産管理を行うマーチャンダイザー(MD)やデザイナーなど他業種と調整を行います。

試行錯誤を重ねながら、自分の立てた企画が形になるまで携わり続けます。

アイデアが実際に商品になるまで一連の流れを担当するため、よりやりがいのある仕事とも言えるかもしれません。

化粧品企画

企画職は多くの業界で活躍していますが、そのなかでも女性が特に多く活躍しているのが「化粧品企画」の仕事です。

以前は化粧品業界で働こうと思うと、自社ブランドを持つ大手や化粧品会社に就職する必要がありました。募集している企業も少なく、入りにくい業界と感じていた方も多いのではないでしょうか。

しかし今では、エステサロンや美容室など、他業種の企業がオリジナルの化粧品を企画・販売するケースも増えています。

そのため、化粧品の企画や開発を進められる人材を求めている企業も多く存在するでしょう。

また現在では、化粧品の開発や販売などを請け負ってくれる企業も増えており、

「企画はしたいけど自分で開発する時間や予算がない」

「プライベートブランドを立ち上げたいけど相談に乗ってもらえる人がいない」

という人でも化粧品の企画がしやすくなっているとも言えます。

健康食品企画

健康食品の市場は、2017年度の出荷金額ベースで7,619億円と大きくなっています。機能性表示食品の注目や、若年層の健康・美容意識が高まってきているなど、市場環境も良いといえるでしょう。

参考:https://www.yano.co.jp/press/press.php/001804

そのなかで健康食品も自社ブランドを持つ企業だけでなく、OEMによる企画がふえています。いままでサプリメントなどの健康食品を扱っていない会社でも、新規参入することが可能です。

しかし薬事法など法律に関する知識や、病気などへの正しい知識が必要になります。

「企画職」という仕事

誰が、何を、どう作るか、を考え、道筋を作ることが企画職の仕事です。

また各制作過程で、やりたいことが実現されているかを確かめ、チーム内で出たアイデアをまとめ、その魅力や面白さを商品にします。

期間やコストなどの制限があるなかで、最大限の効果を出すために知恵を絞り、多くの人の力を引き出すことが企画職の役割です。

企画職はその種類も多く、仕事の内容もさまざまです。しばしば勘違いされますが、どのような企画職においても「ただ単にアイデアを出す」ということだけが仕事ではないのです。

商品の認知を広めるのも、新商品を開発するのも、アイデアを出すのも大切ですが、そのアイデアをどのように実現するのかという具体的な計画が必要であり、それが実現されるまでが仕事です。

世の中のトレンドにアンテナを張り、どんなニーズがあるかを見極め、そのニーズに合った商品を考えて制作し、その商品を効果的にアピールし、売り方までも考えて、それらを実行しなくてはなりません。

就活市場では、クリエイティブな印象の強い企画職はとても人気の高い職種です。

ただ「企画職としてかっこよく働きたい!」「ヒット商品を生み出したい!」と考えるのではなく、それぞれの企画職の役割や仕事内容などの違いを把握した上で、自分の仕事に求められているものは何かをしっかりと理解し、さらに活躍するための手がかりにしていきましょう。

企画職種がそれぞれ抱える苦労や裏側にある努力を知ることで、働いていく上でのやりがいを見つけることにもつながっていくのではないでしょうか。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

企画職の仕事カテゴリの最新記事