競合分析の方法【SWOT分析】

競合分析の方法【SWOT分析】

「SWOT分析(スウォット分析)という名前は知っているけれど、どのような時に使えばいいのかが分からない」

「見たことはあるけれど、どのように活用するのか分からない」

ビジネスにおける基礎的なフレームワークであるSWOTですが、しっかりとその概念や活用法を理解している人は、意外と少ないのではないでしょうか?

今回は、意外と知らないSWOT分析の考え方や具体的な方法について解説していきます。

SWOT分析とは?

SWOT分析は、1920年代にハーバード・ビジネス・スクールで開発された戦略開発の分析方法のひとつで、自社サービスや会社の状態を把握し、戦略を立案する際などに使われます。

SWOT分析の名前は、

Strength[強み]

Weakness[弱み]

Opportunity[機会]

Threat[脅威]

の4つの要素の頭文字でできています。

これらは「内部要因/外部要因」「ポジティブ要因/ネガティブ要因」にそれぞれ分けることができ、つまりSWOT分析では、外部要因や内部要因をプラス・マイナスの視点から分析していきます。

SWOT分析をする時に注意しなければいけないことは、この内部要因と外部要因や、ポジティブ要因・ネガティブ要因に関して混合しないことです。

例えば、強みに関して考えた場合に、内部要因と外部要因をどちらも書いてしまうことがあります。

そうすると、SWOT分析の表ができあがった際にどこに何が書いてあるかを整理しづらくなってしまったり、強みとして出た部分を深掘りしようと思った際にどこを修正すればいいのか分からなくなったりしてしまいます。

SWOT分析を適切な視点で行うことには、

  • 内部・外部に分けることで、人の割り当て・お金の割り当てなどを適切に配分できる
  • 差別化するための戦略、弱みを克服する戦略などを組み合わせごとに設定できる
  • 自社(サービス)の業界内での正しいポジションが分かる

などのメリットがあります。それでは実際の表を使いながら、SWOT分析を行っていきましょう。

SWOT分析を簡単に始めよう。テンプレートの活用

SWOT分析の表は、簡単なもののため手書きでも簡単に始められます。

しかしその結果を報告資料にまとめたり、目標達成のために張り出したりすることを考えるとデータとしてパソコンなどで作ることがおすすめです。

インターネット上では、SWOT分析に関するテンプレートをダウンロードできるサイトは多くあります。

そのなかに、ほかの競合分析に関するテンプレートなども用意されていますので使ってみるといいでしょう。

書き込む順を工夫することで正確な分析を

先ほどお伝えしたように、SWOT分析をする際に注意しなければいけないのは、内部要因と外部要因を混同しないこと、強みと弱みを一緒にしないことです。

それぞれが表裏一体であり、つながっているからこそ起きやすいミスです。

また、書き込む順番も工夫していきましょう。

通常、商品開発などの場合は、まずユーザーや顧客側のニーズを吸い出し、商品へと反映していきます。

しかしSWOT分析の場合は、客観的な視点から現状を分析するという目的もあるため、自社で操作できない「外部要因」から洗い出すようにしましょう。

外部要因である顧客側ニーズや環境というのは、主観が入りづらくなり、無理に自社にとっていい内容を書き込むようなことも少なくなることもメリットです。

 

では、実際に各項目に書き込む時には、具体的にどのような内容を書いていけばいいのでしょうか?

思いつく限りの内容を書き出してしまい、情報の整理ができなくなる、ということは避けなければいけません。

そういった時に活用していただきたいのが、4P4Cの視点です。

内部要因について洗い出す4Pの活用

内部要因については、強みや弱みなどの内部の状態を書いていきます。

内部の状態というと、

「社内が友好的なムードで働きやすい環境」

といった感覚的なものになりがちです。

しかしこれは、人によって感じ方も違うことであり、商品販売などの時に選ばれる理由にもなりません。

こういった書き込みが多くなると情報の整理ができなくなってしまったり、ポジティブな内容とネガティブな内容を混合したりしてしまいがちです。

そういった問題を回避するためにも、4Pを利用することがおすすめです。4Pとは、

Product[商品]

Price[価格]

Place[流通]

Promotion[広告宣伝]

の4つの要素からできる分析方法となります。

もともとは、会社・製品側の立場に立ち、見込み顧客に対してどのように各要素を提供し効率化していくか、という販売戦略を練るために作られたものです。

そのためSWOT分析において、現状の社内戦略などをしっかりと把握するためには適したフレームワークとも言えます。

外部要因について洗い出す4Cの活用

外部要因については、4Cの視点を使います。

4Cは、

Customer Value[顧客にとっての価値]

Customer Cost[顧客が費やすお金]

Convenience[顧客にとっての利便性]

Communication[顧客とのコミュニケーション]

の4つからできています。

この4つの項目をポジティブなポイント・ネガティブなポイントでそれぞれ書いていくことで、外部要因についての項目を埋めることができます。

また4Pと4Cについては提供者視点と消費者視点という違いがありますが、書き込む内容が同じものになってしまうこともあります。

そういった場合の多くは、消費者側の目線になり切れていないこともありますので注意が必要です。

現在、消費者のニーズの変化は目まぐるしいものがあります。

また、提供者側が先入観を持ってペルソナを作り上げれば簡単にターゲットは変わってしまいます。

外部要因について洗い出す際に4Cを活用する場合、統計情報など、数値化及び平均化されたデータを活用することが重要と言えるでしょう。

SWOT分析をしたあとに考えるべき戦略

表への書き込みが完了した後は、戦略を作っていきます。戦略は大きく分けて4つです。

  1. No1になるための戦略(積極戦略)・・・Strengths[強み]×Opportunities[機会]
  2. 内部改善のための戦略(弱点克服)・・・Weaknesses[弱み]×Opportunities[機会]
  3. 逆転するための戦略(差別化戦略)・・・Strengths[強み]×Threats[脅威]
  4. 守りのための戦略(防衛戦略)・・・Weaknesses[弱み]×Threats[脅威]

SWOT分析から得られた情報を、この掛け合わせで整理していきながら4つの戦略を作りましょう。

そしてどれが今選ぶべき戦略なのか、会社の体力や時間的猶予を考え、適切に資源の配分を行いましょう。

SWOT分析は、基本的なフレームワークでありながら、社内の状態から戦略策定まで役立つ有効なものです。

会社単位だけでなく、商品単位、そして個人まで活用できるものになるので積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

営業職の仕事カテゴリの最新記事