「商品企画」の特徴やポイント

「商品企画」の特徴やポイント

数ある企画のなかでも、新たな商品を生み出し、世に出せる「商品企画職」という仕事はクリエイティブな仕事として人気の高い職種のひとつです。

いつかは自分の生み出した商品が大ヒットし、多くの人に利用されることを夢見る商品企画職の人も多いのではないでしょうか。

商品企画という仕事は一般的にも認知が高く「商品を生み出す仕事」だということを知っている人は多いでしょう。

ただ、その具体的な仕事内容については知らない人が多いのではないでしょうか?

企画職には、「商品企画」「営業企画」「宣伝企画」「広報企画」などの種類があり、それぞれ仕事の内容や特徴に違いがあります。

「あこがれの商品企画職になれたけど、思い描いていた理想と違っていてつらい……」

そんな悩みを抱えている企画職の人もいるでしょう。

今回は、そんな人に向けて、商品企画の仕事内容や特徴、成功するためのポイントなどについて解説していきます。

商品企画は大きく2つに分かれる

「商品企画」の特徴やポイント①

商品企画の仕事は大きく分けて

  • 商品開発
  • マーケティング

の2つがあります。

社会のニーズにマッチした商品を開発するためには、市場の把握や競合企業の動向などさまざまな作業が必要です。それらを全てこなさないと、ヒット商品は生まれません。

企業によっては商品企画だけでなく、開発からマーケティングまで一貫して行う場合もあります。

そういった場合は、自社の開発においての技術力を把握しておくことやマーケティングについての知識まで備えておく必要があるでしょう。

このことを踏まえると、商品企画の仕事は数ある企画職種のなかでもとくに業務の幅が広く、それは商品企画の持つ大きな特徴のひとつと言えるでしょう。

また、商品企画には「商品開発士」「商品開発コーディネーター」など、取っておくと便利な資格がいくつかあります。

商品企画の仕事を始める前に取得しておくといい資格については後半にご紹介しますので参考にしてみてください。

商品企画に必要なスキル

「商品企画」の特徴やポイント②

商品企画の仕事はアイデアを出すことだけではありません。

企画職として活躍していくためには発想力だけではなくさまざまなスキルが必要です。

ここからは、商品企画に必要なスキルについてそれぞれ解説していきます。

アイデアを形にする思考

商品企画では、アイデアを出すだけでなく、そのアイデアを限られたリソースで実現するための思考力が求められます。

また、商品企画は基本的にひとりではなくチームで行うことが多いため、必ずしも自分のアイデアが採用されるわけではありません。

そのような場合は、ほかの人が出したアイデアを実現させるために、計画を練っていく必要があります。

  • その企画が市場のニーズとマッチしているか
  • ターゲットと商品の内容は合っているか
  • 品質を維持し開発予算を削減することはできるか

など、話し合いを通じてさまざまな角度から商品化へのイメージを固め、自社や消費者にとってより良い商品にしていく必要があります。

また、そのアイデアが自分たちの技術力や資金で実現可能かどうかを見定める能力も身につけておかないといけません。

このようにひとつの商品を開発するためには、さまざまな作業があります。画期的な商品を生み出すには、こういったコミュニケーションを取りながら、アイデアの実現に向かってチーム一丸となって企画を進めていく必要があるのです。

自分のスキルを周囲に示すための資格

できるだけ早く会社の戦力となるには、資格をあらかじめ取っておいて、知識を蓄えておくといいでしょう。

資格を取得することは、自らのスキルや知識を向上させること以外にも、自分の能力を周囲に分かりやすくアピールするためにも役立ちます。

商品企画において取っておくと便利な資格に「商品開発士」や「商品開発コーディネーター」が挙げられます。

商品開発士の試験を受けるためには「商品プランナー」の資格を持っておく、もしくは、商品プランナーと併願して試験を受ける、という条件があります。

この資格を取っておくと、新商品の企画力以外に、開発や改良能力、販売促進の知識を得ることもでき、周囲からの信頼を得やすいでしょう。

また、商品開発コーディネーターは、企画している商品が消費者のニーズに合っているかどうかを調査するための知識があることを証明する資格です。

自社が進出している市場が、現在どれだけ成長しているのか、今後どれだけ成長するのかも理解できるため、会社や事業の今後や、販売戦略を考える際にも役立つ資格と言えます。

これらの資格は商品企画の仕事をするうえで必須になるわけではありませんが、取っておくとより市場のニーズにマッチした商品を企画できるようになり、プレゼンなどの際にも企画に説得力を持たせる助けになるため、企画職として成功する確率は飛躍的に上昇するでしょう。

商品企画で行うマーケティングで必要なスキル

商品企画では、商品の売り上げを知るためにマーケティングを行うことがあります。

マーケティング活動を行うのは商品を開発してからではなく、前もってリサーチを行い、企画した商品の売り上げ予測、購買層など、ある程度の目処を立てておくことが一般的です。

企業によってはマーケティング職を用意し、共同で作業をするという流れになる場合もありますが、商品企画が一括して行ってしまう例も少なくはありません。

商品企画に必要なマーケティングスキルは、商品を広めるための知識です。

例えば、メディアを使って大きく広告を出したり、インターネットを用いて集客をしたりして、商品を知ってもらう方法があります。

まず、商品を知ってもらうためには興味や関心を持ってもらわないといけません。

手っ取り早く知名度を上げるには、商品のターゲットを的確に決めることや効率的な販売経路の確保が重要になります。

さらに、商品の性能や仕様からどのように魅力を伝えるかまで考慮する必要があります。

こういった企画に必要なマーケティングについての広い知識を身につけたり、企画の売り上げ予測などに説得力を持たせたりすることにも資格が役立ちます。

商品企画で行われるマーケティングで取っておくといい資格は、「マーケティング検定」です。

2017年に誕生したこの検定は、マーケティングの基礎を一から学べる資格となっています。

マーケティングの知識を専門的に学んでいると証明できる資格のため、これから商品企画職として働く人にとっては、自分の企画に根拠を持たせ、信頼度を上げることにもつながる資格です。。

マーケティングの知識は「商品を生み出す」ということだけでなく、「いかにしてその商品をヒットさせるか」を考えるうえでの武器になるため、ヒット商品を生み出したいのであれば身につけておくべきスキルのひとつと言えるでしょう。

商品企画職として成功するためのポイント

  • 商品企画という仕事は一般的なイメージの通り、「商品を生み出す」という仕事です。しかしそれは「ただ斬新なアイデアを出せばいい」というわけではなく、本当に消費者に必要とされるものなのか
  • 自社のリソースで実現が可能なのか

など、開発や販売に関わるさまざまなことを考慮したうえでアイデアを出していく必要があります。

「クリエイティブな仕事がしたい!」

「自分の企画した商品を売り出したい!」

そう考え、あこがれの企画職に就いた人も多いでしょう。

ただ、ヒット商品が生み出された裏側にある地道なマーケティング調査や、企画を実現するためのリソースの確保など、多くの苦労と努力があることを知っておかないと、「非現実的な企画ばかり出す」企画職になってしまう可能性もあるのです。

これから企画職としてさらに活躍していきたいのであれば、商品企画に関わるマーケティングの知識や資格をできる限り身につけ、企画に説得力を持たせることで、「ヒット商品になる」という確証を周囲に持ってもらう必要があります。

それにより自分の企画が採用されヒット商品を生み出せるようになれば、社内での評価や給与アップにもつながっていくのです。

現実と理想のギャップに悩んでいるのであれば、まずは自分が理想に近づけるようさまざまなスキルを身につけ、いい企画を出し続けられる商品企画職を目指していきましょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

企画職の仕事カテゴリの最新記事