「宣伝企画・広告企画」の特徴やポイント

「宣伝企画・広告企画」の特徴やポイント

宣伝企画と広告企画はよく同じ職業として捉えられます。

原因としては、「商品を売る」という目的を、どちらも持っているからでしょう。

ただ、目的を果たすために行う仕事の内容や特徴には若干違いがあります。

これから宣伝企画または広告企画の仕事を始める人は、自分のする仕事が何なのかを知るために、あらかじめふたつの職種にある特徴の違いについて理解しておくことが必要でしょう。

そうすれば、最終的な目的だけではなく業務を行う過程のことも把握でき、いざ仕事が始まったときに良いスタートダッシュを切れるでしょう。

今回は、宣伝と広告の違いと、知っておいたほうがいい重要なポイントについて解説します。

宣伝と広告にある特徴の違いとは

宣伝企画,特徴,ポイント①

まず宣伝と広告には、

  • ターゲット
  • 伝える内容
  • 言葉の意味

といった三つの要素に主な違いがあります。これだけの違いがあれば、当然行う仕事の内容も異なってくるでしょう。

最終的なゴールは同じでも、それぞれ行う手順や方法が別になっています。

では、宣伝と広告にある特徴の違いとは何なのでしょうか。

ここでは、それぞれの項目に分けて違いを簡単に見ていきます。

ターゲット

宣伝は、既に商品を知っている人へ新しい情報を伝えていきます。

なので、宣伝企画では開発済みの商品やサービスへの理解を集め、購入をしてもらうところまで考慮して計画を練ることが重要です。

広告では、開発された商品やサービスの名前、存在をそもそも知らない人へ向けて情報を発信していきます。

そのため、広告の企画を立てる場合、まずは売ることをメインではなく、知名度を上げていくことを主な目的としなければなりません。

伝える内容

宣伝企画においてターゲットに伝えるべき内容は、商品・サービスの性能や新しい情報についてです。これを、多くの人たちに伝えていくことがメインの目的となります。

一方、広告企画では、商品・サービスの名前や存在を多くの人に伝えていきます。

広告などによって多くの人が、開発された商品やサービスについて認知していれば、宣伝の効果を多く得られるでしょう。(広告の目的)

ここで失敗すると、宣伝の効果も得られなくなるので、とても重要な過程となります。(広告の重要性)

宣伝企画職の特徴について

宣伝企画の特徴は、商品・サービスの魅力を伝え続けるということです。

もし、長期的な販売・提供が予定されているのであれば、消費者にずっと使ってもらえるような宣伝が大切です。

新しいバージョンの開発が行われた場合、その性能の具体的な変化をインターネットなどで伝えることなどが必要になるでしょう。

それに加え、商品・サービスの改善を行うたびにユーザーの理解を継続的に得ることが重要です。これらを考慮して宣伝の企画を立てなければなりません。

また、キャンペーンを行うことで利用者数の維持から増加までを促すことができます。このような企画も宣伝企画職にとっては重要な計画の一部となるでしょう。

メールマガジンなどで新情報を配信することによって、継続的な利用者の理解を得ることも可能です。

少しずつでも確実に利用者を増やしたいのであれば、サンプル商品の試用を考えてみても良いかもしれません。

広告企画職の特徴について

広告企画の特徴は、多くの人に商品・サービスの存在を認知してもらうということです。そのため、インターネットやメールマガジンの活用が必須になります。

ここからは、広告企画で用いられることの多い手法とそのポイントについて簡単にご説明していきます。

インターネット

インターネットを活用した認知の向上には、ネット上のさまざまな媒体に広告を掲載する方法や、自社サイトへのアクセスを増やすなどの方法が挙げられます。

今ではインターネットを活用した広告には多くの種類があり、SNSの活用や動画広告など、ターゲットや商品の特性を踏まえた上で自社に合った方法を選択する必要があります。

メールマガジン

ほかの商品に関する情報メールのなかに、新商品の情報を入れることで、名前と存在を知ってもらうことができます。

メールマガジンに興味を持って毎回読んでくれる人ばかりではないため、商品の情報だけでなく、「お役立ち情報」「豆知識」などユーザーが読みたくなるようなコンテンツを盛り込んでおく工夫も重要です。

メディア

たくさんの人の目に触れるメディアなどにつながりがあれば、イベントなどで商品・サービスの紹介をしてもらえます。

つてがない場合でも話題のサービスであれば、新聞、テレビ、雑誌、ネットニュースなど、取り上げたいと言ってくれる媒体も出てくるかもしれません。

最近では広告企画職が自社サイトの更新に注力することも多く、「メディアに取り上げられたい」と考えた場合、自社サイトに面白いコンテンツを増やしたり、時代にマッチしたコンテンツを用意したりすることで、メディア側の担当者が見つけてくれることもあるでしょう。

フリーペーパー

フリーペーパーを作成し、さまざまな店舗に置いたり、駅前で配布をしたりなどの方法も広告としては効果的です。

ただ、全国的に配布したいと考えた場合には、自社でフリーペーパーを作成する時に大きな予算がかかってしまうことも考えられます。

予算を抑えることを考えた場合には、地域や業界に特化したフリーペーパーに自社の情報を掲載する方法もあります。

宣伝企画、広告企画の重要なポイント

宣伝企画,特徴,ポイント②

商品企画でどれだけいい商品が開発されたとしても、消費者に開発された商品の存在や魅力を知ってもらわなければ意味がありません。

そこで、宣伝企画や広告企画の働きによって、商品の名前や特徴といった情報を多くの消費者に広めることが必要となります。

宣伝企画と広告企画では消費者に対して発信する商品の情報が異なるので、重要となる要素も変わります。

では、宣伝企画と広告企画における重要なポイントの違いについてそれぞれ解説していきます。

宣伝企画の重要なポイント

商品の売り上げを伸ばすには、商品の性能や魅力を消費者に伝え続ける必要があります。

食品などの商品であれば、念入りに宣伝をしなくても購入するお客様がいるでしょう。

ただ、家電や車といった大きな金額が動く商品の場合、数年に一度の買い物となるので、お客様も慎重に商品を選びます。

こういった値段の高い商品に関しては、

「どのような特徴があるのか」

「ほかの商品と比べるとどこが優れているか」

などの詳細情報を発信することが重要です。

冷蔵庫などの家電であれば、電気料金がほかの製品と比較して安いなどの特徴を伝えれば効果的でしょう。

一方、車であれば、燃費が安いことや乗り心地をわかりやすく伝えることで購入してくれるお客様が増えると思います。

広告企画の重要なポイント

商品の存在を消費者に知ってもらうためには、キャッチコピーなどによって商品の印象を消費者に深く残す必要があります。

商品の名前だけを表記した広告では、なかなか消費者に印象づけることができないでしょう。

例えば、お菓子の広告を作る場合、「食べるのがやめられない」といった商品に強く関係する言葉を使ってキャッチコピーを作るといいでしょう。

インターネットであれば、キャッチコピー以外にも方法があります。

例えば、存在を広めたい商品をテーマとしたWeb上で動作するゲームを作り、消費者がプレーするといった仕組みは面白いコンテンツのひとつとなるでしょう。

商品企画や宣伝企画・広告企画といった企画職は社内で連携を取ることによって、商品の売り上げを伸ばしていきます。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

企画職の仕事カテゴリの最新記事