30代のビジネスパーソンの身だしなみ~髪型編~

30代のビジネスパーソンの身だしなみ~髪型編~

30代になると、人によって大きな役職につく場合もあり部下や後輩を育てる立場になります。

そのため、身だしなみの面でも部下や後輩などから見られているという意識をもつことが必要です。

この人になら安心して仕事を任せられる、一緒に仕事をしたいと思ってもらえることが大切になってくるのです。

今回は、30代のビジネスパーソンに好感度の高い髪型を紹介していきます。プライベートも充実したい年齢でもあるため、アレンジがきくヘアスタイルを取り上げました。

休日など普段のカジュアルな服装にも合わせることができる髪型をさまざま取り上げていきます。

30代前半のビジネスパーソンにおすすめできる髪型

30代のビジネスパーソンにおすすめの髪型は、短髪です。

なぜなら長髪はしっかりとセットしていないと、印象を悪くしてしまう可能性があるのでヘアセットが苦手な方は短髪がおすすめになります。

ビジネスシーンで年配の方と仕事をする場合は特に、黒髪の短髪のほうが印象はよいでしょう。

ただ流行を取り入れるだけではなく、ビジネスシーンでの目的を忘れずにヘアスタイルを選ぶことが大切です。30代のビジネスパーソンの身だしなみ~髪型編~①(引用:ツーブロックを止めたい時の大人ビジネスショート:メンズ・ビジネス | ビューティーBOXヘアカタログ

サイドの刈り上げからトップに自然につなぐことで伸びても安定感のあるベリーショートです。

くせ毛の場合は、部分的にストレートパーマをかけると綺麗に仕上がります。

ツヤ感のあるワックスで髪を持ち上げるようにつけて、空気感と束感を出すようにスタイリングしてみましょう。30代のビジネスパーソンの身だしなみ~髪型編~②(引用:ヌーディービジネスアップバング:メンズ・ビジネス | ビューティーBOXヘアカタログ

流行のツーブロックを取り入れるのなら、耳上と襟足を軽く短くし、全体はチクチクとした束感を作りやすくしていきましょう。

全体にワンカールパーマをかけることで忙しい朝でも簡単にセットすることができます。(引用:「タフ×アップバング」束感ショート:メンズ・ビジネス | ビューティーBOXヘアカタログ

ツーブロックは伸びてくると、ヘアスタイルが決まらなくなってくるので、サイドはバリカンを使用せずにハサミで短くカットして、髪が伸びたときもナチュラルな印象になるようにすると安心です。30代のビジネスパーソンの身だしなみ~髪型編~④(引用:メンズビジネス「爽やか×セクシー」パーマ:メンズ・ビジネス | ビューティーBOXヘアカタログ

パーマをかけて仕上げたい場合は短めの長さで仕上げましょう。

好印象をもたれるためには清潔感が重要なので、耳にかからない長さであることが大切です。

前髪を作る場合は、七三分けにできる長さにするときちんとした印象になります。

30代のビジネスパーソンの髪型は、流行を取り入れるだけではなく、伸びたときの髪やセットの仕方を美容師と相談して決めていきましょう。

30代後半のビジネスパーソンに人気な髪型

30代後半になると白髪が目立ってきたり、薄毛が気になってきたりします。

しかし、ヘアスタイルは機能性だけでなくファッション性も大切です。

気なる白髪や薄毛をカバーしながら、清潔感のある髪型をご紹介します。

薄毛の方、髪のボリュームが減ってきた方でもかっこよく決まるヘアスタイルです。

白髪は自分ではなかなか気づかない場合があるので、美容師に相談し、目立つようなら白髪染めを行いましょう。30代のビジネスパーソンの身だしなみ~髪型編~⑤(引用:ショートクラウドマッシュ:メンズ・ビジネス | ビューティーBOXヘアカタログ30代のビジネスパーソンの身だしなみ~髪型編~⑥(引用:2ブロック×ビジネスショート:メンズ・ビジネス | ビューティーBOXヘアカタログ

長さを出す場合、直毛すぎる人はニュアンスパーマをかけてボリュームを出すと色気のある落ち着いた印象に仕上がります。

全体をショートレイヤーベースでカットし、サイドにツーブロックを施します。

最後は全体にピンパーマをかけて、動きを追加させましょう。

ジェルかジェルワックスで、右か左どちらかのサイドを八二分けぐらいで立ち上げるようにしてスタイリングしていきます。30代のビジネスパーソンの身だしなみ~髪型編~⑦(引用:30代40代向けメンズビジネスショート:メンズ・ビジネス | ビューティーBOXヘアカタログ

薄毛やボリュームのなくなった髪にもニュアンスパーマをかけると、若々しくボリューム感が出るようになります。

ツヤ感を出すようにジェルかジェルワックスでスタイリングしましょう。30代のビジネスパーソンの身だしなみ~髪型編~⑧(引用:大人ビジネスショート:メンズ・ビジネス | ビューティーBOXヘアカタログ

薄毛が気になるようになったら、短くカットしジェルでスタイリングしてみましょう。

サイドから襟足までハサミでスッキリと刈り上げることで、髪が伸びたときにナチュラルな仕上がりになります。

30代ビジネスパーソンが避けたい髪型

ここまで30代のビジネスパーソンにおすすめする髪型を紹介してきましたが、避けたい髪型もあるので注意しましょう。

髪型が無造作すぎる

毎朝の髪のセットは大変ですが、最低限、寝癖は直しましょう。無造作ヘアでの出勤が続くと、「身なりを気にしない人」という印象を周りに与えてしまいます。

場合によってはビジネスパーソンとしての信用を失いかねません。

白髪をそのまま放置している

白髪が目立ってきたら、へアサロンかセルフで白髪を染めましょう。清潔感が保てますし、印象も若くなります。

前髪が長すぎる

ビジネスパーソンは基本的に、前髪を短めに整えるのがよいでしょう。長く伸ばす場合は七三分けなどして、顔にかからないようにしましょう。

個性的すぎる奇抜なヘアスタイル

ほとんどの業種で重要視されることは「清潔感」です。30代のビジネスパーソンとしての自覚をもち、奇抜なヘアスタイルは避けましょう。

ホストのようなヘアスタイル

自分が意識していなくても、ビジネスシーンで相手にホストのようだという印象を与えてしまうとよくありません。

自分が相手に、どういったビジネスパーソンとして見られたいのかをしっかり考えましょう。

スポーツ刈り

名前の通り、スポーツ選手に多いスポーツ刈りですが、ビジネスシーンではあまり好まれません。

坊主

薄毛対策であれば清潔感が残るように美容師と相談しましょう。一般的にスキンヘッドはビジネスシーンではあまり好まれません。

30代は頭皮の状態もしっかりとチェックすることが重要

30代になるとホルモンバランスなどの関係で頭皮の状態も変化してきます。

頭皮が常に油っぽいという方は、スカルプシャンプーや、ノンシリコーンシャンプーなどを利用して頭皮環境を健やかに保つようにしましょう。

逆に頭皮が乾燥しすぎると、フケが発生することもあるので定期的にヘアサロンでケアすることをおすすめします。

髪型は初対面でもチェックされやすいポイントです。

仕事に慣れてきて髪型などをあまり気にしなくなってきているビジネスパーソンは要注意です。

30代こそ、ビジネスパーソンとしての立ち振る舞いや立場を意識して髪型などもしっかりとする必要があります。

流行や自分に合ったヘアスタイルを取り入れながらも、ビジネスシーンにも通用する髪型を目指しましょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

社会人の常識カテゴリの最新記事