お金の知識があれば人生が変わる!お金とは何か?

お金の知識があれば人生が変わる!お金とは何か?
お金の知識があれば「人生が変わる」 !お金とは何か?
nattanan23 / Pixabay

誰でも「お金」が“ない”より“ある”方がいいに決まっています。

お金があれば欲しいモノが買える、おいしい料理が食べられる。たまには旅行にも行きたい!でも、みんなお金がないのです。

あなたがお金持ちだと思っている知り合いがいるとします。

その人に尋ねてみてください。「お金はない」と答えるでしょう。

子供の教育費・老後のため、または生活のためにせっせと貯金しています。通帳の残高が増えても、ちっともお金持ちになった気がしないのはなぜでしょうか?

この記事では、お金に対する「考え方」を学ぶ事によって、本当の意味での「お金持ち」になる事を目指します。

「簡単! お金持ちになるには!」という内容ではありません。

簡単な事はありませんし、やっぱりお金がたまらない!と失敗する事もあるでしょう。しかし、決して無理な事ではありません。一流大学卒、一流企業勤めのエリートでなければ到底達成できない内容ではありません。

「あなた」次第でお金に不自由しない状態を作りあげる事ができるのです。老後に1億円あったらいいと思いませんか?

具体的な例として、投資信託で「1億円をためる方法」について記載します。

「お金に対する考え方」を学べば、仕事に対する姿勢にも変化が表れます。

毎日会社に通勤し、その対価として給与を受け取っています。

月収30万円だったとして、そのお金は本当にあなたが稼ぎ出したお金と言えますか?

正社員で会社に所属している場合、極論すれば何も成果を出さなくても給与は振り込まれます。

仕事の中では命を削る思いで仕事をしても成果が出ない場合もありますから、完全成果主義で給与を払う事は難しいのです。

ここで言いたい事は給与の30万円の内訳は不安定なお金であるという事です。

会社は組織・チームで仕事をします。組織がうまく運営されれば、あなたが無能でも給与が上がる事もあるのです。

しかも法律的に正社員は守られているので、よほどの事をしない限り会社側から首にする事はできません。

30万円の内、本当にあなたが稼ぎ出した金額は一体いくらなのでしょうか? これを考えない事には月収50万になったとしても喜べないのです。

お金と仕事、そして自分の価値を客観的に見る必要があります。

お金に対する考え方

お金について真剣に考えたことがありますか?

どうして自分にはお金がなくてお金持ちはお金を持っているのか。

お金を稼ぐには時間がかかります。現在の給与分の賃金をもらうのに数年はかかっているはずです。はじめから今の給与が稼げた訳ではありません。

時間、つまり人生を削ってお金を得ているのです。あなたの時間は刻々と減っています。お金で不幸にならないための取り組み方について提案します。

お金持ちとそうでない人の違いはお金に対する考え方の違いです。より具体的・計画的にそして実践している人がお金を得て幸せな人生を送っているのです。

そのためには、ライフプランすなわち目標を立てる事。もう1つは自分の価値を上げる事です。

すぐに儲かる話ではありませんが、目的は幸せな人生を送る事。そのためにお金を持ちましょう。

お金持ちとはなんなのか?

お金持ちについて考えて始めると「稼ぐ」「増やす」「節約すなわち貯める」方向に考えを巡らせると思います。

でも、一番大切なのは「続ける」事です。世界のお金持ちの中で何かを継続しないでお金持ちになった人は一人もいません。

成功している人は、必ずその分野・仕事において一生懸命考えて苦しんでつかみ取った結果なのです。3年や5年で諦めていたら、その人はお金持ちにはなれなかったでしょう。

ドナルド・トランプ氏のすごい所は4度の破産をしてなお諦めない事です。不動産王で有名ですが、資産は父親から受け継いだので七光と思われがちです。

カジノ、ホテルと相次いで倒産しましたが、その後カジノに再チャレンジして成功しています。トランプタワーは有名です。

自分が一度失敗している分野に再挑戦するのはとても勇気のいる事だと思います。

とうとう第45代アメリカ合衆国大統領にまで上りつめました。

身近な例をあげましょう。ほんの少しの努力をして1日1,000円稼いだとしましょう。仕事外の副収入です。アルバイトの時給に毛が生えた金額です。

月に3万円お小遣いが増えたら嬉しいですよね。年間36万5000円。1カ月の給与分が余分に入れば旅行にも行けます。

金額としては小さい話です。実際そのお金があったら嬉しいのに皆その努力をしません。正確に言うと、少しだけやってみてすぐにやめてしまいます。

仕事で頑張ったほうがもっと収入が見込める。忙しくて続かなかった。自分には向いてなかった。いろいろ言い訳を並べてすぐにやめてしまいます。

続けた人だけがその経験から何かを学びお金を稼ぎ出します。

一度習得したスキル・成功のロジックはその人の宝です。企業が高学歴の人材を採りたがる理由のひとつはここにあります。

自分なりの対処方法・解決方法を知っているし、解決できているからです。

株で成功して儲けた話を聞くと、株に手を出してビギナーズラックで少し儲けた後は損をする。

ほとんどの人がここでやめます。本当に株で稼いでいる人に共通して言える事は「今でも続けている」と胸を張って言える事です。いくらあったら満足しますか?

今の年収が400万円だったとして倍の800万円になったとしても不満を持っている事がほとんどです。

満足できない理由は2つあります。

1つ目は収入が上がったら使ってしまうからです。

まず引っ越しをします。家賃が高い条件のいい物件に引っ越して満足感を得ます。

洋服・外食・車・持ち家とどんどん使います。気がつけば借金のほうが多くなってしまいます。一度上げてしまった生活水準を落とす事ができません。

宝くじの高額当選者のほとんどが破産してしまうのは運用方法を知らずに生活水準を上げてしまうからです。

世界の大富豪・オハマの賢人と知られるウォーレン・バフェット氏は資産9兆円とも言われています。しかし生活は質素で自宅は60年前のままだそうです。

両者の考え方の違いは大きな違いです。自分にとって何が大切なのか分かっているかどうかです。

2つ目の理由はお金の「使い道」がないからです。

無駄遣いしているつもりはなくても、年相応の買い物を何となくしてしまいます。

子供の頃、自転車が欲しくてたまりませんでした。

みんな持っていたし、自転車があればもっと遠くまで行ける気がしました。親にお願いしても買ってもらえません。

自転車を使った遊びの仲間にも入れてもらえなくなってしまいます。

お小遣いでは買えない事は分かっているけれど、それでも貯めて、勉強もいつも以上に頑張り、親の言う事を守り、1年かけて買ってもらった自転車。

金額の問題ではなく、どちらの満足度が高いでしょうか?

いくらあったら満足するかは、今となってはわからない事です。

年収1千万円になった時になって初めて実感するのです。自転車では遠くには行けません。それは自転車に乗れるようになった時に分かる事です。

お金持ちとは自分の目標を達成した人たちです。

お金持ちになるためにまずやるべき事

自分の時給を考える

自分の価値はいくらなのか? 時給で考えます。

アルバイトの場合時給は800円程度。派遣社員などで2,000円程度です。

サラリーマンのほとんどは2,000円から5,000円の間にいます。役職が上がって部長クラスになってもこのレンジの中に収まってます。

それ以上の時給をもらうためにはスペシャリストになる必要があります。

例えば自分の顧客を持っている弁護士になると1万円。

世界最高峰マッキンゼーのコンサルタントになると8万円です。

つまり、世界の仕事にはアルバイト800円から8万円まで100倍の時給の差がある訳です。

この理論は藤原和博さんの引用です。

ダイエットしたい人は毎日体重計に乗るべきです。

具体的なダイエットをしているかどうか別にてもチェックすべきです。

何もしていなくても体重計に乗るだけである程度効果もあるそうです。それは認識が変わるからです。

自分の年収は把握していても、年間総労働時間と時給を把握している人は少ないと思います。

時給を意識しだすと時間に対してシビアになってきます。

昇給を狙っているならば、時給に対する仕事量を自分の能力以上に高める努力をして、上司にアピールし続ける事が大切です。

現在の仕事の延長による昇給ではなく、プラスアルファの能力を身につけようとしている人も多いでしょう。

例えば、「英語スキルをもっと上げたい」とか何か「資格にチャレンジ」したいとか。

その向上心は今の仕事に役立つ事を見越しているとしても、時間が掛かりそうです。

自分の仕事を早く・質を落とさず終わらせて、自分の勉強時間を確保しなければなりません。そのためにも時給の意識が大切になってきます。

時給はあなたが「世界から評価されている値段」としてシンプルな基準となります。

お金を貯める方法を考える

自分の価値が客観的に分かると何とかしてお金を生み出せないものか考え始めます。持っているお金を増やすには「節約」か「投資」です。

節約も大切な事ですが稼いでるお金以上には貯まる事はありません。

投資をしようとしてもまわりに反対されます。

投資に関してマイナスイメージを持っている日本人が多いのは先祖代々つづく教育のせいだと思われます。

質素倹約・お金は貯金するものと親から教えられて育てられてきました。

学校でお金について教えてもらった事はないですし、ましてや投資については「やってはいけない事」すなわち「悪」としてのイメージがすり込まれています。

どうしたらお金を貯める事ができるのか。

結論からいうと「資産」からポケットに入る収入をつくる事です。

そのために投資をするのです。投資にマイナスイメージがあるのは知識がないからです。「財務三表」を学ぶ必要があります。

財務三表は「貸借対照表(BS)」「損益計算書 (PL)」「キャッシュフロー計算書(CS)」の3つです。

簡単にいうと

「貸借対照表(BS)」は体力がどれくらいあるのか。

「損益計算書 (PL)」はいくら稼いだのか。

「キャッシュフロー計算書(CS)」はどう使ったのか。

この知識があれば、上場企業のお金の流れが理解でき、より社会の事が見えてくるようになります。さらに個人資産管理にも役に立ちます。

しかし、3つの表の関係性を理解するには勉強が必要ですし、読み取るには訓練が不可欠です。

まずは給与をいくら受け取り、何に使ったのか、そして家などの財産が資産なのか負債なのかを記載してみましょう。

勘定項目をどうしたらいいのか悩むより、お小遣い帳の延長と思って続ける事が大切です。慣れていったら考えればいい事です。

自分のお金の流れが分かれば、ポケットにお金を入れるために具体的にどうすればいいのか考える事ができるのです。

ライフプランを考える

自分の価値すなわち時給が分かり、お金の流れが見えるようになると貯められる気がしてきます。

ここで必要になるのば「ライフプラン」です。

人生は長いです。10年単位のプランを持って自分と大切な人の一生を守り、舵取りして主観的に行動すべきです。

短期は1年、中期で5年、長期すなわち一生で自分がどうなりたいのか、はたまたなりたくないのかを書き出します。決める事とは何かをやめる事です。自分の人生に必要のないものは容赦なく切り捨てましょう。切り捨てる勇気を持った人だけが成功できます。

中期プランは長期プランへのマイルストーンとして、もう少し具体性のある内容にします。短期プランは実際に手を動かす内容です。

誰かに見せるプランではないので、思ったままに書いてください。書き終わったら、綺麗な字で清書をして保存します。

1年後に見直すためです。計画通りに事が進む事はまずありません。方向修正しても構いません。方向修正したとしても、根本的にはさほど変わらないと思います。

何のためにお金が必要なのか目標と計画を持たないと途中でやめてしまったり、お金を稼いでもつまらない人生になってしまいます。

期間を暫定的に1年・5年と区切りましたが、個人のプランによって変わってくると思います。

とにかく続ける事を第一優先として期間を設定してみましょう。

投資信託で1億円をつくるには

中桐啓貴氏著書「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」の中に投資対象で月々5万円、40年間で1億貯める方法が紹介されています。

月5万ならば、頑張れば捻出できる額です。子供の教育費などつらい時期もあります。複利を重ねて地道に貯めていくのです。

投資信託を選ぶ際には目論見書をチェックする事になります。

目論見書には「交付目論見書」と「請求目論見書」の2種類があります。交付目論見書は商品を買う際の説明書のような書類です。必ず付いていますが、基本的な内容しか記載されていません。

本当に買いたい商品すなわちファンドは「請求目論見書」をチェックする必要があります。その名前の通り、請求しないと手に入りません。

目論見書を読むためには財務三表の知識が必要になります。

投資信託は4,000本ものファンドがありますが、その中でいいファンドは3%程しかないと言われています。

銀行やファイナンシャルプランナが薦める商品の中いいファンドは絶対に入っていません。

なぜなら、彼らが薦める商品は自分たちが儲かる商品であって、あなたが儲かる商品ではないからです。

自分で見極めるしかないのです。

投資信託を勧める理由は株やFX・為替に比べて精神的にゆとりができるからです。

一定期間でチェック・再検討を怠らなければ、プロのファイナンシャル・マネジャーに任せておけるので、自分の時間を違う事に使う事が可能です。その代わり手数料を払うのです。

この本には具体的なファンドの銘柄や運用時の注意も記載されていますが、注目したいのは「40年間投資を続けるための考え方」が紹介されている点です。

映画「マルサの女」からの引用です。

ある金持ちにマルサが質問をします。

「どうしたらこんなにお金持ちになれるのか」

お金持ちはコップの例え話を始めます。

「洞窟に閉じ込められて天井から1滴ずつ水が落ちてくる。喉はカラカラ。その水をコップで受け止める。

我慢してコップが半分になった時、ほとんどの人は全部飲んでしまう。コップの中身が空っぽ。賢い人はいっぱいになるまで待つが全部飲んでしまってやはり空っぽになる。

金持ちはコップから溢れ出る水を舐めて喉を潤す。だからコップの中はいつも水がいっぱいだ」

老後に1億あったらいいですよね。そのためには正しいファンドを見極める目と状況を判断する知識、そして続けるための強い精神力が必要です。

20年後の世界

10年後には役50%の職種がこの世の中からなくなるとオックスフォード大学は発表しています。

主な理由はAI・ロボットが革新的に発達する「シンギュラリティ」と呼ばれる現象です。

シンギュラリティは「技術的特異点」と訳されますが、コンピュータが人間を超えるとターニングポイントと言えます。

軽作業はほとんどコンピュータかロボットが肩代わりするでしょう。

人件費を払うより安く、しかも正確で間違えません。接客や物流・経理・会計など特にデータを扱う職業が挙げられています。

AIが自分でプログラムを修正できるようになるとプログラマは不要になります。

あなたが今頑張っている職業はもうなくなるかもしれないのです。

60歳で定年退職は難しくなるかもしれません。

寿命は更に伸びて100歳まで生きる事が当たり前になると75歳くらいまで働く必要が出てきます。

しかも職はAIが奪ってしまうので、できる人とできない人が明確に分かれ貧富の差が拡大するかもしれません。

このような未来の中でも生き残るライフプランが必要となってきます。

未来を生き残るためにするべきこと

1つの業種を極めただけでは生き残れる可能性は低くなってきます。

お金について考えると仕事は重要な要素になってきます。自分に対する投資をして生き残る術・強みを身につけなければ、待っているのは暗い未来です。

知識・情報を蓄える訳ですが自分で学ぶには限界があります。

特に情報を得るのに最も効率的で有効な手段は他人から教えてもらう事・他人と話す事です。

話した人がその道に詳しければ、1回食事に行くだけで本を何冊も読んだ以上の知識とヒントが得られると思います。

堀江貴文氏は出所してから夕食は友人・知人と食事するように心がけているそうです。

多忙な彼は本を読む時間すらありません。お酒を酌み交わしながら商売について話すと自分では考えつかなかったやり方や世界に遭遇するのが面白いそうです。

とはいっても、自分の周りにそれほどの知識人はいないでしょう。会社の飲み会に行っている時間があったら、勉強会に参加してみてはどうでしょうか?

勉強会がつまらない結果であっても、そこに参加してくる人々はあなたと同じ向上心を持っている可能性が高いです。勇気を出だして声をかければ、その日の夕食は有意義なものなるのではないでしょうか?

この作業の繰り返しはあなたに大きな価値を与えてくれます。

会社以外のコミュニティも増え、自分の意見を上下関係なしに話す事ができます。そこからビジネスにつながる可能性も大いにあります。

そのコミュニティに自分が何かを提供し続けなければ、たちまち除外される可能性もありますので、居続けたいのならば、強みを磨きをかけなければなりません。

この人間関係の希薄さが会社とは最も異なる点と言えます。何かを得たいのならば、与え続ける努力が必要です。

まとめ

お金を長期的に持ち続ける事はこんなにもつらいものなのかと思ってしまいます。

まるで一生受験勉強のようです。しかし、会社に雇われているだけではなく、自分の意志で行動して取りに行ったお金儲けは楽しいはずです。

主体的に行動してこそ「楽しい人生」を満喫できるのではないでしょうか?

お金の心配ばかりする人生よりもそれをコントロールする人生にすれば、苦しみも多いですが喜びはそれ以上得られるでしょう。

今の世の中手段はいくらでもあります。ネットが発展したおかげで世界の壁は確実に低くなりました。

少額のお金ならば、コンピュータさえあれば自宅で稼げます。

10年後、日本は先進国ではなくなるかもしれません。

中国にはすでに抜かれましたが、今後インドにも確実に抜かれるでしょう。インドと中国の人口を合わせると26億人。

世界の3人に1人はインド人か中国人です。そんな国が中産階級に上がってくると日本は太刀打ちできなくなるでしょう。

そんな世の中でも生き残れる価値を見いだしたいものです。

せめて自分の大切な人を守れるくらいは。

成功している人はすでに「対価」払った人、そうでない人は対価を払っている人。

自分が何に対して対価を払うべきか人生を賭して考えた時、お金は価値を測る目安になると思います。

お金を持つために最も重要な事、それは健康で長生きする事です。

お金持ちはそうでない人に比べて平均寿命が長いという統計データもあります。韓国のデータでは最大15年も長生きだそうです(2015年11月11日、韓国・亜洲経済)。

50歳の平均年収は600万円として5年長生きすれば3,000万円生涯収入が増える事になります。

この計算を現実にするためには、60歳になっても70歳になっても50歳並みの価値を持っている事が条件です。年金暮らしでは成り立ちません。

長生きするためには食事に気を使う事です。オーガニックは高いかもしれませんが、積極的に取る事です。

運動も欠かせません。あなたの努力が実を結び「さあ、これから」という時に健康体でなければ何も成就できません。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

社会人の常識カテゴリの最新記事