総務・法務・経理とは?キャリアプランと必要なスキル

総務・法務・経理とは?キャリアプランと必要なスキル

総務や法務そして経理は事務職として採用されることが多い職種です。そして事務職は働き方が多様化していく中で、人気の職種の一つと言えます。

事務職の場合は、その日与えられた業務をしっかりとこなすことで、定時に帰れる可能性は高くなります。

それによって、仕事と生活のオン・オフを、自由に調整ができるということが人気な理由のひとつです。

今回は事務職に焦点をあて、事務職として働く魅力やキャリアプラン、そしてこれから事務職としてキャリアアップしていくために必要なスキルをご紹介していきます。

事務職の仕事で感じることができる魅力と需要

事務職の仕事で感じることができる魅力と需要

事務職の仕事の魅力は、「その日に与えられたタスクをしっかりとこなせば定時に帰れる」ということにあると思います。

営業職の場合は、いくら努力して営業したとしても売上があがらなければ評価を得ることが難しくなります。それに対して事務職の場合は、与えられた業務量をしっかりとこなしていけば評価を得ることができます。

そしてもう1つの魅力は、業務の効率化を自分の裁量で行いやすい、ということです。

総合職の場合は、社内での決まったフローやお客様の都合など、周囲の影響で業務の進行状況は大きく変わります。

社内でのルールや規則があることは事務職でも同様ですが、自分なりの作業の進め方や使用するツールの工夫によって、効率化できる範囲が総合職よりも大きい傾向があるのです。

事務職は、会社にとって縁の下の力もちのような存在です。

広報や営業などのように外部の人と直接的に接点を持つことは少なく、企画職や開発職のように仕事を通して社会にサービスを発表することはありません。そのため地味なイメージを持たれやすい仕事ですが、すべての職種は事務職なしに成り立ちません。

そのため企業からの需要は多くありますが、それと同時に希望する人も多いため、他人との差別化が必要になってきています。

専門的な知識や資格を持っている経験や、具体的にどう改善したのかをアピールする能力をもつ必要があります。

事務職としてのキャリアプラン

事務職は、総合職と一般職どちらも採用される可能性がある職種です。

そのためどちらで採用されるのかによって、大きくキャリアプランが変わってきます。

総合職採用での事務職だった場合は、将来事務系の管理職になる可能性があります。そのため様々な職域を経験する必要があります。

事務職の中には、経理業務、法務業務、そして総務業務など多岐にわたる職域があるのです。大企業ではそれぞれが課としてわかれていますが、中小零細企業などではすべてが1つになって組織ができている場合もあります。

そのため管理職になるには、特定分野のスペシャリストよりも全体の業務フローや特徴を理解しているゼネラリストである必要がでてきます。

一般職採用の場合は、先ほどあげた業務の中で1つまたは少数を担当することが多くなります。

その際は資格取得などを行い、業務のスペシャリストとしてキャリアプランを考えていくことがおすすめです。

一般職の特徴として、定型化された作業が多いということもありますが、個人としての強みを持つために有効な手段になります。

具体的な例としては、経理担当を任された際は簿記に関する資格を持っておくと優遇されたり、給与に反映されたりする会社もあります。

事務職として働かれている方のキャリアプランとしては、基本的には社内で昇格を目指すというものがおすすめです。

一定の資格などをもって、独立や転職というキャリア設計もできますが、会社ごとでルールが異なったり、様々な会社内での経験がキャリアの強い味方になったりするからです。

それでは事務職の方がどのようなスキルをもつことで、社内でのキャリアアップにつなげていけるのかをご紹介していきます。

事務職として活躍するスキル

事務職として活躍するスキル

事務職の職域は先ほどお伝えしたように幅広いものです。そのため各専門的知識も必要になってきますが、ここではどの職域にも共通する大事なスキルをお伝えしていきます。

1、スケジューリング・タスク管理能力

事務職の仕事というのは、自分で作る前に他人から渡されることが多くあります。

そしてそれをしっかりとこなすことが何よりも大切なことです。業務の中には、たまにしか起きないような作業というのも存在します。

例えば年に1度の発注業務や月に1度の経費精算なども忘れないようにしなければいけません。

そのためには、まずはスケジュール管理をしっかりとできる必要があります。業務の中には1日ずれただけでも大問題に発生してしまうことさえあり、一緒に働いている同僚からの信頼も失ってしまう危険性もあります。

2、コミュニケーション力

事務職として働いていく中で、1人では解決できない問題も起きてきます。

その際は、職域が異なる別の事務担当と話す場合があったり、現場で働く営業への内容確認なども発生したりします。その際にコミュニケーションが苦手だと業務効率が悪くなってしまいます。

3、問題解決力

業務の中で明らかに効率が悪い際は、自分から率先して解決しなければいけません。

企業のなかで働いていると、いままでのルールや慣習などにのっとり仕事を進める場合も多くなります。

しかし起きているトラブルを冷静に分析し、どこが原因で効率が悪くなるのか、そしてそこを代替できる方法がないのかを模索していきます。

そして最新ツールの活用や、作業方法の変更などを行うことで改善できる場合は、提案していく必要があります。

これは通常の事務職として求められる「与えられる仕事をこなす」というものではなく、「自ら業務を作る」ということです。

事務職の場合は“やらされている”という意識になってしまいがちで、ストレスもたまることが多いかもしれません。

その時にこういった別のスキルや業務に取り組むことで、事務職の面白さを再認識できたり、リラックスしたりできるかもしれません。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

キャリアアップカテゴリの最新記事