不動産営業の種類について

不動産営業の種類について

不動産営業は物件を売ったり貸したりすることで利益を得る仕事です。

一件あたりの案件が高額なことが多いという特徴から、自分の実力次第で高収入を得ることができる魅力もあります。

ただ、ひと口に不動産営業といっても仕事の内容は商材ごとにさまざまです。

現在、不動産営業に就きたい、転職したいなどと考えている方も多いかと思いますが、

「実際はどのような仕事内容なのか?」

「興味はあるけど、自分は向いているのか?」

と感じている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はそのような方に向けて、不動産営業のさまざまな種類の特徴と必要になるスキルについてご紹介していきます。

不動産営業の3つの種類

不動産営業の仕事内容は多岐にわたりますが、

  • 賃貸仲介
  • 売買仲介
  • 不動産販売

この3種類に分けることができます。

では、それぞれの概要について解説していきましょう。

不動産賃貸仲介営業

不動産賃貸仲介の営業では基本的に仲介手数料を得る目的に賃貸物件を紹介する仕事です。

家を借りたいユーザー(お客さま)と家を貸したいオーナー(大家)や不動産管理会社との間に入る橋渡し的な存在となります。

具体的なお話をすると

  • ユーザーからの問い合わせや相談の要望に応じ、希望する家賃・間取り・駅からの距離などの条件に合う物件を探す。
  • 条件に合った物件の空室状況を確認するためにオーナーや不動産管理会社に問い合わせる。
  • 空いていることが確認できたら内見を行う。
  • ユーザーとオーナー、不動産管理会社のあいだの条件を調整する。

そして、オーナーとユーザーのあいだで合意が成立したら契約から引き渡しまでを担当します。

契約の際には与信審査書類の準備、契約書や重要事項説明書の作成などの業務があり個人情報を扱う機会が多いことが特徴としてあります。

また、スムーズな対応能力が問われ手際よくかつ慎重に手続きを進める能力が求められます。

不動産売買仲介営業

売買仲介営業は、基本的に個人が保有している物件を仲介する場合と企業が保有している物件を仲介する場合の二つに分かれます。

主な流れとしては、不動産物件を売りたい人を探し、査定依頼が来たら想定の売値を計算して売り主に提示します。

その売値を売り主が承諾をしたら媒介契約を結び、売り主から売却を任された不動産物件の購入者を探します。

そして、購入希望者が見つかると売り主と買い主の双方の要望に合わせたかたちで契約をつなげるといった一連の業務です。

また、不動産の購入には銀行の融資や税金問題などが関わるため、不動産そのものの知識はもちろん、専門的な知識が幅広く求められる特徴があります。

個人を相手にした仲介と企業を相手にした仲介では、大まかな流れは変わりません。

ただし企業物件の場合は、一棟マンションやオフィスビルなど大口取引として、取り扱う不動産の価格が億単位になることも珍しくありません。

また、さまざまな関係者が取引に絡むということがあります。

そのため、対人力や調整力、柔軟な考えや発想力、複雑なプロセスを計画的に処理する対応力などが求められます。

不動産販売営業

不動産販売営業はデベロッパーとも呼ばれ、土地や建物を媒体としてビジネスを行う事業です。

分譲戸建て、分譲マンション、投資用マンションなどをメインに販売する仕事となります。

仲介と異なる点としては不動産販売営業ではプロジェクト全体の予算や進捗を管轄し、予定されている期間内に販売対象住戸を全て売り切る責任を負います。

その仕事内容は多岐にわたり、

  • マンションのコンセプトの決定
  • 販売戦略の立案
  • 広告戦略の立案
  • お客さま対応の責任者としての業務

などを行います。

販売戦略ではマーケティングリサーチ会社と、広告戦略では広告代理店や管理会社などと連携し、広範囲にわたる知識を活用しながら営業活動を進めていきます。

また、接客時にはマンションの仕様や構造に関してお客さまに説明しますし、購入の際には税金に関する知識も必要とするなど、さまざまな高い専門知識が要求されます。

そのため、販売営業では住宅関係に関する資格として宅地建物取引士を早期に取得しないと昇進に影響してくるような企業もあります。

不動産販売業界と不動産仲介業界

不動産営業といっても、売買を取り扱うか仲介を取り扱うかによって大きく仕事内容や求められることが変わってきます。

不動産営業で働く際には、デベロッパーなどの不動産売買の営業をしたいのか、不動産仲介の営業をしたいのか、を選択しなければなりません。

不動産販売業界であれば物件の販売金額が高額なため、一案件売れればその分のインセンティブが高く高水準の給与体系で魅力的といえます。

しかし、不動産業界で必須となる宅地建物取引士の資格はもちろん、販売戦略や広告戦略を身につける必要があるなど幅広い知識を習得しなければならないので、未経験者には少しハードルが高いでしょう。

一方、不動産仲介会社では不動産販売業界と比較すると一案件ごとのお金は少額という特性があります。

そのため、不動産売買仲介営業の場合は営業成績によって年収が大きく異なり、給与体系は営業成績次第となります。

ただ、未経験でも採用されるケースが多く転職がしやすい業界であるといえるでしょう。

このように、不動産販売業界と不動産仲介業界ではそれぞれに異なるメリットがあるため、働く上で自分が重視するポイントを考えた上で選んでいくことが大切です。

不動産賃貸・売買の営業 向いている人はどんな人?

不動産業界の営業になりたくても、自分の適性が分からず転職に踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。

そこで、どのような人が不動産営業に向いているかについてご紹介していきたいと思います。

地域密着でひとりひとりのお客さまの対応をしたい人は不動産仲介営業がおすすめ

賃貸や売買の仲介は、基本的にはカウンターセールス中心となり、ひとりひとりのお客さまの要望に応え対応をしていく仕事です。

地域に特化した不動産が多く、地元のプロとしてアドバイスをしてお部屋探しの手伝いをする役割となります。

もちろん来店されるお客さまだけではなく、物件貸主のオーナーとも密にコミュニケーションを取って紹介して良かったと思えるような営業活動を行っていきます。

このことからお客さまと物件をマッチングさせていく仕事となるため、ただ営業業務をしたいというだけではなく、ひとりひとりに最適な提案をしたいというコミュニケーションを大事に取りたい人に不動産仲介は向いていると言えるでしょう。

実力勝負の仕事で活躍したい方は不動産販売営業がおすすめ

不動産販売業の営業では、モデルルームでの営業と電話での営業の二つの種類があります。

物件を購入してもらうには、どちらの営業方法もとても大変な業務です。そのため、粘り強さやポジティブ精神が求められます。

営業成績が上がれば上がるだけ学歴や年齢に関係なく高収入を得ることができます。

そのため、不動産販売営業は実力勝負の世界で向上していきたいという方に向いている仕事といえるでしょう。

上記でお伝えしたように、不動産業界では「営業」とひと口にいっても業態によって待遇や厳しさが大きく異なります。

不動産業界で活躍を目指したいと思われている方は、どのようなスタイルで働くのが自分にとってマッチするのかを考えた上で働くフィールドを選択するようにしましょう。

あなたのキャリアをつくる授業が2000本見放題!

CTA-IMAGE

WAKE UP(ウェイクアップ)は明日から役立つビジネススキルがすぐに学べる、社会人のためのオンライン学習サービス。

  • スキルアップして、仕事ができる人になりたい
  • 同僚に差をつけてキャリアアップしたい
  • ビジネス本よりもコスパ良く効率よくレベルアップしたい

そんなすべてのビジネスパーソンを、応援します。


今なら30日間無料でお試しいただけます

営業職の仕事カテゴリの最新記事