【第18話】久しぶりのデートと、仕事人間ハヤシ

【第18話】久しぶりのデートと、仕事人間ハヤシ

【第19話】アオキ物産の華!女性営業のスタイルとは

実際の就活や仕事に使える知識やスキルをストーリーで学ぼう!

【WAKE UPストーリー】毎週金曜日更新中

今どきの新社会人、林良介が紆余曲折を経て成長していく様子を描いた、就活生~新社会人のための連載型コンテンツ。

登場人物紹介(※クリックで拡大)

 

今日は久しぶりに綾子とデートだ。

付き合っているのに何だか緊張しながら誘い、即OKの返事が来たのはほんの数日前のこと。

毎日仕事で忙しかったが、綾子と連絡を取り合うことだけは、忘れなかった。

数日前から会うのを楽しみにしていた俺は、待ち合わせより15分も早く着いてしまった。

まだ来ないだろうな、と思っていると、綾子もすぐに待ち合わせ場所に現れた。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]綾子、早いね![/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]何か今日楽しみで、つい早く来ちゃった![/speech_bubble]

 

同じように綾子もこの日を楽しみにしてくれていたことがうれしい。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]どうする? 今日は綾子、服見たいって言ってたよね[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]うん、服は見たいけど、とりあえず、ご飯食べない? おなか空いちゃった[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]この辺で美味しい店あったかな[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]私、前から気になってたイタリアンがあるの。そこ行こう![/speech_bubble]

 

どちらかというと優柔不断な俺と違い綾子はしたいことをいつもはっきりと言ってくれる。

今日は綾子のしたいことをしよう、と決めていた俺は、綾子の言葉にうなずき一緒に店に向かった。

表通りから少し裏に入ると、入り組んだ路地に洒落た外観の店がひっそりと佇んでいた。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]ここ、ここ! なか入ろう! いつもは混んでるけど、まだ午前中だし今日は多分大丈夫だと思うから[/speech_bubble]

 

俺は促されるまま、店に入った。

なかに入ると綾子の予想通り店内は空いていて、窓際の角、店全体を見渡せるテーブルに案内される。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]何食べる? やっぱりパスタ? でもピザも食べたいなあ[/speech_bubble]

 

俺はメニューを見ながら、ふとチーズリゾットが目に入り、『グリルむらもと』に荒川さんと一緒に営業に行って、米の契約を取った事を思い出した。

ここの米もいいものを使っているのだろうか。

どこから仕入れているのだろうか。

綾子との久々のデートだというのに、すぐに仕事のことを考えてしまう。

店員を呼び、綾子はナポリタンを、俺はチーズリゾットを注文した。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]仕事はどう? 営業頑張ってる?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]ああ。色んな人から刺激受けてるよ。みんなそれぞれ営業スタイルが違ってさ。同じ大学だった浅井って知ってる? そいつが今IT業界で営業やってるんだけど、武田に紹介してもらってね。浅井がまたガッツのあるやつでさあ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]営業って色んな種類があるみたいだね! この前ネットの証券営業の記事読んだよ[/speech_bubble]

 

そんな話をしていると料理が運ばれてきて、ナポリタンとチーズリゾットを見て、美味しそう!とはしゃいでいた。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]どんな営業なの? 証券営業ってすごい興味ある[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]うーんとね[/speech_bubble]

 

綾子はパスタを飲み込み、話し出した。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]新規開拓のために飛び込み営業したり、電話で株を買ったりするお客様の相手をしたりするみたい。

やっぱお客さんの獲得が1番難しいらしいね。

あと、リテール営業?っていうのがあって、それは小口の取引がメインの営業なんだって。

新人の人とかはとくに、まず顧客に話を聞いてもらうことから始まるって書いてあったよ。

まともに聞いてもらえなくて、門前払いになることも多いらしいし、新人営業にとってはかなりの試練みたい[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]売ってるものが違うだけで、どこの営業も大変なんだな……。

顧客を作る大変さも一緒。浅井も言ってたけど、営業の仕事はやっぱ信頼関係を築くことが大切らしくてさ。

思えば、今まで関わった営業の人たちってみんな、自分の仕事を誇りに思っていて、しかもちゃんと顧客と信頼関係が築けてるんだよなあ。

それが難しくてさ。だって、考えてみてよ。

いきなり知らない人のところに営業の話持ちかけて信頼関係築けって言われても難しくない?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]そうだねえ。いきなりはちょっと難しいよね[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]でしょ? でも俺の周りの先輩たちは、それをやってのけるんだ。すごいと思わない?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]思う……[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]それにさ、みんな自社製品についてすごく詳しくてさ……[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]リョウ、さっきから仕事の話しかしてないよね[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]うっ……[/speech_bubble]

 

確かに。

久しぶりのデートなのに。

今日は綾子を楽しませようと思ってデートに誘ったのに。

いつの間にか自分の、しかも仕事の話しかしていなかった。綾子だって、自分のことも話したいだろうに。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]ごめん。つい、綾子が証券営業の話してくれたから、自分の仕事と重なっちゃったんだ。

最近、どうやったら自分なりの営業スタイルを確立できるかずっと考えてるんだよね。

綾子の話、全然聞いてあげられなくてごめん。怒った?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]……[/speech_bubble]

 

なかなか返事をしない綾子。

忘れもしない、去年突然別れを切り出されたことが記憶によみがえる。

ふと、綾子がぱっと顔を上げて、にこっと笑った。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]全然怒ってないよ!

今、怒ったと思って焦ったでしょ~[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]え、いや、あれ? 怒ってないの?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]あのね、こんなことでいちいち怒ってたら、リョウの彼女は務まらないからね![/speech_bubble]

 

よかった……。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]綾子は最近どうだった?

LINEで幼なじみが結婚するって言ってたね[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]そうなの!

ついに結婚するんだって! 1回別れてまた最近付き合いだしたと思ったら結婚って。急でびっくりしたよ。

その友達に綾子は彼氏と結婚しないの?って聞かれちゃった。だから今はお互いに忙しいから結婚はしないかなって言っといた[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]へえ。そんな事があったんだ[/speech_bubble]

 

俺はドキッとした。結婚というワードに。

綾子は本当のところどう思っているのだろうか。だけど、その話の続きは何だか怖くて聞けなかった。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]そういえば、話は変わるけど、実家で飼ってる犬がさ~[/speech_bubble]

 

綾子も話題を変えてくれたので、内心ほっとしている自分がいた。

その後は、綾子の買い物に付き合った。

綾子が色違いのワンピースをどちらにするか悩んでいるのをアドバイスして、それに合う靴選びにも一緒になって悩んだ。

綾子は一通りの買い物を済ませ、満足気な顔をしていた。

こういうデートも悪くない。

帰り際、方向の違う電車に乗って帰るため、駅で解散することになった。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]それにしても[/speech_bubble]

 

帰り際、綾子は言った。

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]仕事の話してるリョウは活き活きしてたね。なんだか以前のリョウと全く違ってた。仕事に目標ができて、本当に良かったね![/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”hayashi_02.png” name=”林”]今が頑張りどころだからな。そう言ってもらえると嬉しいよ。綾子も楽しそうに買い物してたしさ。なんだか今日は癒やされた1日だったよ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”ayako.png” name=”綾子”]それなら、良かった![/speech_bubble]

 

綾子は今日一番の笑顔を俺に向ける。それを見て俺は、もっと綾子の事を大切にしなければいけないと思った。

また、これで一層仕事が頑張れそうだ。綾子のためにも自分のためにもとにかく、がむしゃらにやってみよう。そう思えた。

別れ際、いつまでも振り返りながら手を振る綾子を愛おしく思った夜だった。

 

次回へつづく

https://mag.wa-ke-up.jp/wake-up-story-19-my-way/

連載カテゴリの最新記事